大匙屋

健康第一

2017冬アニメ 龍の歯医者  

82610_070120260.jpg
■龍の歯医者 http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/

古の契約により巨龍が国家を守護し人が龍の世話をする異世界。新米「龍の歯医者」として充実した日々を送っていた野ノ子(ののこ)は、ある日龍に選ばれヨミガエリとして復活した敵国の少年を拾う。凶兆とされる現象だが、先輩・悟堂は蘇った少年ベルを新たな歯医者として育てるよう野乃子に命じる。

というような話でした。
ひじょうに独創的な設定の物語で、「人が死んだら龍の歯を通っていく」等よく意味が分からず消化不良な部分もあるのですが、労働者たちは明朗で生命力にあふれ、作画も美術も美しく凝っていて魅力的な作品でありました。ジジババの出てこないジブリ風近代ファンタジーといった趣でしょうか。引き気味のカメラが比較的多い。エンディングで流れてくるキラ星のような有名アニメーターの数々と、多人数に及ぶCGスタッフのクレジットから、それなりの短期間で人海戦術によって達成された力業であることが想像できます。


8262017003010_060570260.jpg8262017003010_060590029.jpg8262017003010_060590026.jpg8262017003010_070000550.jpg




作画、良いところいっぱいありましたけど僕はここが好きだったかな
手指、ナイフの残像と、次カットで右から入って来る刃先。難解なカット割りだけどかっこいい。

8262017003010_190340480.jpg
8262017003010_190340550.jpg

8262017003010_190370313.jpg8262017003010_190370316.jpg

あとこの拳銃とか指とか





最重要シーンは後編、龍の歯回収の翌日ベルが同行を拒否するシーン。

8262017003010_060570300.jpg
8262017003010_060580410.jpg

ここはベル君が野乃子に甘えるシーンですね。僕は傷ついてるんだから優しくしてよ。あわよくば一緒にばっくれようよ。
拒否されるのもわかってるから蹴りを警戒するんだけど、スルーされてさらに傷つく。可愛い。僕は萌え死ぬかと思いました。

心の底から何かを求めて、そして与えられた、勝ち取ったという経験がないベル君には、野乃子たちがただ無為に死を待っている人たちに見えてしまう。


8262017003010_070030360.jpg8262017003010_070040150.jpg


ベル君には、なぜ野乃子がそこまで無茶をするのか理解できない。ここでは死なないと知っているから何でもできるのか?実はそういうことではない、というのがベル君にもわかってくる。そこで死のうが死ぬまいが、野乃子はいつもこんな調子で無茶をやるわけです。たとえ理不尽な宿命を背負わされているとしても、彼女は常に全力で生きている。愚かな主人の命令で沼に飛び込まされた馬と同じ。その姿を、生命力に満ち溢れた、気高く美しいものとベル君は記憶している。
ベル君は自分がなぜ龍に選ばれたのかはまったくわからないけれど、野乃子を見ているうちに、自分の人生を自分の手で意味のあるものにしたいと考えるようになった。

つまりこの作品が言っているのはこういうこと


8262017003010_190370319.jpg


つまり龍の歯医者とはジョージ秋山先生





8262017003010_070320420.jpg

ブランコ。数々の謎が解明されず納得がいかんという意見は至極もっとも。
しかしまあ、解明されようがされまいが、結局この男を倒さないと話が終わらない。宇宙人が攻めてきたら、とりあえず先に倒してしまわないと地球が危ない。なぜ攻めてきたのか、どうやって宇宙を飛んできたのかなど探っている場合ではないかもしれない。
事後に解釈の余地が残っていれば続編に色気も出せるわけで、僕はまあどっちでもいいかなと思ってます。


8262017003010_070210000.jpg


より重要なのはここです。ベル君は最後の最後まで目を背けなかった。自分の選択の結果を冷静に見届けた。ベル君の勝利です。どんな超能力を持っていようと、謎を秘めていようと、結局のところブランコはベル君に負けた。勝敗が決した以上、敗者のことなんかどうでもいいんですよ。歯医者だけに。





8262017003010_070100020.jpg8262017003010_070130280.jpg8262017003010_070130120.jpg8262017003010_070180260.jpg

402020
602020
C04040
802020
200000
A04040
202020
400020
202040
400000
000000
204040


終盤のカラコレは良いなあと思って見ていました。これは元ネタっていうか何からインスピレーションを受けて作られてるのか興味があるなあ。ちょっと思いつかないけど
例えばこれかな? 関係ないか。

8262017003010_070410482.jpg




8262017003010_070320450.jpg

虫歯菌ドバーのシーンはアニメ作る人なら誰しもやりたがるアポカリプス(*1)なんだけど、ここで流れる楽曲は荘厳な声楽曲で前のシーンから同じ曲をかぶせっ放しなのが意外でした。あれはあれで良い曲だけど、心なしか音量も抑え気味だった。音響は庵野さんが担当されてる、ならば虫歯菌ドバーの瞬間、バッハのトッカータとかを使って派手な演出をしそうなものです。庵野秀明ですから。
そうしなかったということは――あのアポカリプスをCGで、絵の力だけで観客を説得してみせろと彼は言いたかったのかもしれない。あるいは、庵野秀明も歳を取ったということなのかもしれない。



(*1)後日追記:「カタストロフ」と書こうとして「アポカリプス」と書いてしまったらしい。そのままにしておく。

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2017冬アニメ 小林さんちのメイドラゴン  

8252017003005_160310290.jpg
小林さんちのメイドラゴン http://maidragon.jp/

この作品で最初に目を引いたのは主役トールの髪ハイライトがキミドリ色である点です。
オレンジ髪はアニメには割とよくある、しかしそのハイライトは同じ色相で明度だけ上げるか近似色でまとめるケースが大半です。使ったとしても黄色くらいで、キミドリまでずらしてしまうケースは稀です。過去には高坂桐乃くらいだと思う。
淡いオレンジや黄色でもよいはずなのに、なぜトールのハイライトはキミドリになったのか?この色指定には意図があるはずです。

chara_thor_pc.png
8252017003006_210120001.png
8252017003006_210120003.png
8252017003006_210120005.png

キャプチャー画像だとシーンによって色変えがあるので公式サイトの画像から抽出した色情報。といっても正確な設定は当然ながら公式資料を見ない限りわからない。この画像では毛先のグラデーションは省略されてるようですね。
ハイライトに使用されてる#FCFDA1は色相が60度、RGBでの値は、Redが「252」Greenが「253」Blueが「161」。純色の黄色より若干青みがかった、薄いキミドリといったところでしょうか。
オレンジ色の補色(心理補色残像)のために、継時対比によって余計にキミドリに見えてしまう、という事もあり得るかもしれない。


8252017003006_210120002.png

瞳の部分には明度が下がってよりキミドリがかった黄色が使用されてる

8252017003006_21012000.png


ハイライトも瞳もただの普通の黄色に見えるぞ、という方には微妙な話になってしまって申し訳ないです。
ちなみに純色の黄色はこれ

8252017003006_210120067.png8252017003006_210120065.png


8252017001030_210220280.jpg8252017001030_220030250.jpg



chara_kobayashi_pc.png
8252017003006_210120069.png
8252017003006_210120068.png

ヒロイン格である小林のハイライトは髪から色相が5度ほどズレて明度が上がっているが、ほぼ同系統の色といえる。オレンジとキミドリで別色指定されているトールとはアプローチが違う。常識的一般人で地味キャラな小林と破天荒な異世界ドラゴンとでは差別化が図られるのは当然としても、この差はなんだろう。

8252017003006_210120072.png 8252017003006_210120070.png




まあ正確なところは監督か色指定さんの証言がない限り明らかにはならないわけですが、ある程度想像で考えることはできます。
「日常物アニメ」は厨二物やバトル物の類とは違って背景/美術に明暗のコントラストをあまり使わず、色彩豊かで淡い色使いを多用し穏和で温かい雰囲気を作りますね。
でも明暗のコントラストを使わない画面はぼんやりとしてどこか印象の薄いものになってしまう。そこで便利なのがティール&オレンジ、色彩によるコントラストです。この作品にも頻繁に登場します。


8252017001030_210240100.jpg8252017001030_210400570.jpg8252017002010_200120460.jpg8252017002010_190580460.jpg


ここでトールのオレンジの髪色が一番「映えない」シーンは、オレンジ色の背景・美術のシーンです。
照明を徹底的に使い分けてキャラの色変えも頻繁にするタイプの作品ではないので、オレンジや茶色の背景・プロップに重なってもトールの髪の色が溶け込まず画面にメリハリがつくように、髪ハイライトがオレンジとは別系統の、類似色の黄より青みがかったキミドリ色に指定されてるのではないですかね。


8252017003006_190590050.jpg8252017003006_200050370.jpg







コントラストといえば、第02話のカンナとトールの歩廊シーン一連はじつに美しかった

8252017003006_190430290.jpg8252017003006_190440090.jpg8252017003006_190420450.jpg


あと07話のこのカットも

8252017003006_190450390.jpg


category: アニメ

tb: 0   cm: 4

パン+アングルショット  

カメラ位置が固定されるため、回り込みに比べて冷静で客観的な映像に仕上がる傾向があります。
アングルショットは映画の用語です。アオリやフカンのことです。パン+アオリ・フカンというのは要するにフォローパンや付けパンのことかと思う方もいらっしゃるでしょうが物体や人物を追いかけないパンもあるので何か他に総合的な名称ないでしょうかね。


8262017002028_03019bc03.gif
■幼女戦記 (2017) #04

人物間の身長差を強調する、アイレベルに近いアオリパン。目線と、書架の横線が効いている。幼女戦記はデグレチャフと周囲の身長ギャップをうまく活かしたレイアウトが随所にあってそれも見どころですね。


8262017002028_03019bc04.gif
■幼女戦記 (2017) #05

アオリのパンはやはりこういう飛行物体のフォローが定番


8262017002028_03019bc05.gif
■結城友奈は勇者である (2014) #05




8262017002028_03019bc02.gif
■デス・ビリヤード (2013)

フカンのパンはアオリパンに比べ見かける機会がとても少ないように思います。何かが地面を移動する絵は、物体が空を駆ける絵よりレイアウトも美術も高負担で迫力のある絵作りは大変だけど、やはりその分大きな見応えがあります。何か知ってたらゼヒ教えてください。


8262017002028_03019bc06.gif
■花とアリス殺人事件 (2015)

この作品はとても興味深かったです。カットの切り方やつなぎ方などが実写映画寄りで、こんなに違うのだなあと感じることしきり。



■映画けいおん! (2011)  
[→参考画像(拾)]


関連記事
http://sajiya.blog89.fc2.com/blog-entry-479.html

category: アニメ

tb: 0   cm: 0