大匙屋

健康第一

2007-08 冬アニメ序盤数話(5)破天荒遊戯  

破天荒遊戯 http://hatenkouyugi.com/  

原作は「コミックZERO-SUM」連載中のコミック
単行本は累計100万部売ってるらしいんで、それなりのヒット作ですね。
原作者の遠藤海成さんは女性の方で
今回のアニメでも衣装デザイン(毎回変わる!)や脚本に参加らしい。

監督は「バトシーラー」「天地無用」の高本宣弘
脚本が「GR」の今川泰宏
キャラデ・総作監は「フタコイ」の小林利充

小林利充さんはあまり知られていないかもしれないけどサンライズ出身
80年代富野作品で作監をずっと手がけていた方です。
作画はアホみたいに上手いです。
僕はZガンダムの小林回は北爪回より好きだったりします。

そんなわけで今川泰宏、小林利充と聞けばそれだけで僕は視聴決定なんですが


「破天荒遊戯」
今川脚本だし最初は古代中国が舞台の拳法バトルアクションかと思ったくらいで
なんかタイトルがあんま良くねぇなあと思いつつ・・・


暗い。これは病的なまでに暗い。

物語のベースは近代北欧風ファンタジーですが
何に影響されてここまで陰湿な物語になっちまったんだろう。
ひたすらに画面を覆いつくす厭世観と刹那主義。

主役3人の会話劇としてはテンポも軽快で妙味に溢れますが
エピソードは凄惨で救済のない物語が続きます。
この演出の落差が人気の秘訣なのかしらとも思うけど
ここまで連続で人や子供を死なせる物語は、僕にはちょっと楽しめないです。
普通の感覚ではない気がする。

「ぼくらの」も子供が次々と死んでいく話でしたが、
少なくとも無意味であることの意味を考えさせられる作劇になっていた点で
見る側には救いがあった。

「破天荒遊戯」の場合、死なせ方がなんだか傾向的というか
「こんなんじゃ死んだほうがマシだろ?そう思うだろ?」と言わんばかりの
悲惨な設定で、それは確かに合理的で後腐れもない話だし、
主人公たちにも直接責任はないし、誰も困ることはないんだけど
彼らが「まいっか」という顔で次の旅に出発する切り替えの早さに
嫌悪感を感じてしまう。

現実にはそんなもんかもしれない。
でもエンターテインメントでそれをやる必要があるのだろうか。
子供を死なせないエンドもあるはずなのにそれをやらないのは
物語上死なせる必要があるからですよね。
それが見えてこないんですよ。
実はどっこい生きてました、という破天荒な展開にしたら
なにが壊れるというんだろう?

主人公は立ち寄る町で積極的に人に関わっていくけれど
決して深くは関わらない。
仲間同士でさえ、他人の事情には干渉しない。
「何があっても自己責任」という一種の割り切りの潔さが
現代的でスマートなライフスタイルなのかもしれないけど
ただ身軽でいるための自己弁護のようにも感じてしまいます。

「クソつまらない人生を楽しくする」と言っているけど
じゃあ楽しい人生ってのは、ただ退屈しないだけの人生のことなのかな。
「遊戯」という言葉がしっくりきてしまって、なんだかやりきれない。

それにしてもシゴフミといい、こういう作品が出てくるのって、
いまの時代の空気なんですかね。




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/94-0922db2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)