FC2ブログ

大匙屋

聞かせてもらうぞこの世界の謎を

An Island (2017年)  


■An Island (2017年)

2021年、明けましておめでとうございます。
新年ということで、素敵な日の出シーンが拝めるショート作品をご紹介。

9142021001001_090390460.jpg

ロリー・バーン( RORY BYRNE)監督と「CODA」(2013年)のスタッフによる12分の短編作品。アイルランド映画協会と国営放送が資金提供するショートアニメ制作プログラムによるもの。
ある男(剛田武に似ている)がアイルランドの海に浮かぶ孤島の岩山にアタックする話。

筋書きはシンプルだけれど、いわゆるビジョンクエスト的構造を持っています。高山を登って制覇に近づくにつれ男は死の予感に包まれていき、シュールなモンタージュシーケンスを経て、最終的に天命を知るような象徴的ラストを迎えます。

9142021001001_090450290.jpg
9142021001001_090460010.jpg

ビジョンクエストというのは・・・インディアンの長老が若者に課す通過儀礼、サバイバル試練といったものです。若者はそれを乗り越えて人生と向き合い、時には神の啓示に至り、部族内で一人前の男として認められる。最近だと鱗滝老人が炭治郎に巨大な丸岩を斬らせてましたよね。ああいうのがビジョンクエスト。

この作品では特に、数々の見事な動物アニメーションを担当したアニータ・ゴーハン(Anita Gaughan)の仕事に注目してほしい。彼女はアイルランドの世界的有名スタジオ・カトゥーンサルーン所属で若手の主力アニメーター。最近作「ウルフウォーカー」(トム・ムーア監督)も順次日本公開中です。

9142021001001_090440530.jpg
9142021001001_090420530.jpg
9142021001001_090490130.jpg


ロリー・バーン監督は次のステップとして長編アニメーション映画の制作を明言しています。アイルランドのアニメーション業界、なかなか熱いことになってきてますね。楽しみです。

ふと思ったんですがこの下↓の、島で最初に主人公を迎えるのが大破したボートで、「もたらされる死の予感」といった演出、高畑勲っぽいな~というか、あんまりこういう示唆的な演出するアニメ監督さん海外にいないような気がする

9142021001001_090420100.jpg

スポンサーサイト



category: アニメ

tb: 0   cm: 2

コメント

あけましておめでとうございます
素敵な作品のご紹介ありがとうございます

>島で最初に主人公を迎えるのが大破したボートで、「もたらされる死の予感」といった演出、高畑勲っぽいな~

2分20秒ぐらいのカットでサギみたいな鳥が獲物をつかまえてるとこで
後ろの主人公を捕食してるような構図を取ってるので、そういうの狙ってそうですよね

ヤックルだかシシ神様みたいな動物を正面からズームで撮るカットや、岩山をのぼっていくカットなどのせいか
自分は微妙に宮崎っぽさも感じたりしました

URL |  #-
2021/01/01 17:25 | edit

Re:

アリガトウゴザイマス!!自分が日本人だらそう感じるだけかなと思ったりもしたんですが、やっぱ同じように感じてくれる方もおられるようで安心デス

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2021/01/02 04:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/686-73a0f9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)