FC2ブログ

大匙屋

聞かせてもらうぞこの世界の謎を

バスティルMV Survivin'  


UKインディーポップバンドバスティル (BASTILLE)の新曲MV。先日10月06日に公開された。

監督は7月末に発表された前作「WHAT YOU GONNA DO???」に続くレザ・ドラタバディ(Reza Dolatabadi)
ロンドンを拠点に活動するイラン人監督でありアニメーター。

Reza_Dolatabadi_Photo_77229.jpg
https://www.pressparty.com/pg/newsdesk/RepublicRecords/view/228957/


新曲「サバイバル」のアニメーションは、Rezaがアメリカの現実主義者エドワード・ホッパーを愛し、バスティルのフロントマンDan Smithがシュールレアリスムの映画監督フェデリコ・フェリーニに憧れていたことが反映されています。ドラタバディのストリート写真への情熱もまたインスピレーションを与え、想像力に富んだ雰囲気のあるショートフィルムを制作し、曲に込められた感情を優しく浮かび上がらせています。



9072020010010_200010221.jpg
エドワード・ホッパー愛というのはこういう感じか

9072020010010_200010222.jpg
フェデリコ・フェリーニへの憧れというのは具体的にどれかわからないけど、主人公がふとした瞬間から異空間的な場所へと迷い込み、遍歴・彷徨する感じのことを言ってるのかもしれない。

9072020010010_200010224.jpg
9072020010010_200010223.jpg

まぁホッパーとかフェリーニとか出してくるのは一種の文化的スノビズムかなと思う。日本人の僕らが見て思うのはカラーリングとか陰影とか照明とか、あと欧州の連中が普段あまり使わない類のビジュアルエフェクトや撮処理が「なんか新海っぽいな」みたいな感じじゃないかな。オフィシャルに言及されてないから何とも言えないけど。


それにしてもまたもやイラン人アニメ監督。数日前にも某配信にお邪魔してちょっと話したKiana Naghshinehもそうだったし、今現在まで続く海外の賞獲りアニメのポリティカルネタ世界的隆盛も2008年のマルジャン・サトラピ監督「ペルセポリス」に端を発するものだ。イラン人すげえ。

むかしKeyの折戸伸治さんが高瀬一矢さんと北海道の「I’ve」を評して、<<青春時代に雪深い地域で冬場閉じこもりを余儀なくされると創作エネルギーが途轍もなく溜まっていき独特の感性が育ったんじゃないか>>といった意味のことを語っていたんだけど、イラン出身のクリエイターも母国のああいった抑圧的な政体とそこから抜け出し海外に出た人らの創作意欲も案外同じような醸された状態なのかもしれないと思ったりする。特にエビデンスはないので僕が思うだけ。


レザ・ドラタバディ(Reza Dolatabadi)の学生時代の卒業制作ムービーをどうぞ。2008年作品「Khoda」

スポンサーサイト



category: アニメ

tb: 0   cm: 4

コメント

いきなりI'veの話が出て面食らったのですが、高瀬さん自身もそういう話何度もしてますね。ひたすら長くつらい冬と雪解けの解放感が音楽性に直結していると……だからアバとかU2とかビョークとか北国から出てくる音楽に共感するという。

URL | アニオタ #-
2020/10/11 00:30 | edit

おおなるほど。そういや奇遇ですがReza Dolatabadi氏は
そのU2のツアーのビジュアルも手掛けてるみたいです
www.youtube.com/watch?v=ya1D3pbu8kg

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2020/10/11 05:52 | edit

カートゥーンぽい方向性かと思いきやこちらも結構ハイエンドな映像になっててすごいですね。
音楽についての記事興味深く拝見してます。大匙さんのアニソンの編曲についての記事は自分も読みたいですね。

URL | アニオタ #-
2020/10/11 22:54 | edit

Re:

語りたいネタが見つかったら是非書きたいいんですが
もうオッサンで感性も枯れてますし難しい
若いレビュアーの切り口にはまったく敵わないです

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2020/10/12 17:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/677-516ac728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)