FC2ブログ

大匙屋

健康第一のはずが・・・

2019冬アニメ グリムノーツ The Animation  


■グリムノーツ #09 (2019) コンテ:今掛勇/演出:石踊宏

砂漠の街・王宮前。レイナ一行の前に現れた黒幕ロキとからむダレ場から、魔法で王の間へ、一瞬の鮮やかな遷移。
回り込み+遷移 とは、リチャード・ウィリアムズか!と思ったりしたもんです。久々の今掛コンテ




その巨星リチャード・ウィリアムズが8月16日、86歳で亡くなった。
https://deadline.com/2019/08/richard-williams-dies-who-framed-roger-rabbit-1202670528/

8862019008019_19042AoBb.jpg

リチャード・ウィリアムズに関連した記事を過去に書いてますんで興味のある方はどうぞ
リチャード・ウィリアムズ「クリスマスキャロル」(字幕)1971
リチャード・ウィリアムズ 映画タイトルシーケンス集




グリムノーツ The Animation http://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/

8862019008019_190420276.jpg8862019008019_190420279.jpg

全ての人が「運命の書」によって生き方を定められた世界で、呪いのような白紙の運命を背負わされた孤独な少年エクスは、世界の破壊者「カオステラー」の陰謀を阻止すべく並行世界を渡り歩くレイナ一行と出会い、彼らとともに冒険の旅に出発する。

というような話でした。
キャラクターの可愛さやデザインの良さが大きな特徴、レイナたち主要メンバーの個性もバランスよく日常パートは魅力的で楽しいです。

バトルシーンがちょっと退屈か。皆で変身するまではいいとして、武器・戦法に見所なく、いろんなキャラクターを繰り出すのも印象が散漫になる。せっかくアリスやジャンヌといった魅力的なキャラクターを大活躍させられる設定なのだから、もう少し的を絞って活かすべきだったかもしれない。

それと「運命の書」に生き方を決められる世界、というのが本当に人々にとって幸せなのかわからない。ロキの言い分に一定の論理を感じてしまう時点で、世界を守ってるレイナたちって一体何をやってるの?っていう気分になってしまいますね。
あと「ここに調律を開始せし」という口上の違和感が最後まで払拭できなかった。ダメ出し多いな。

スポンサーサイト



category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/646-5c3c4f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)