FC2ブログ

大匙屋

健康第一のはずが・・・

約束のネバーランド#07ティルト  

■約束のネバーランド (2019) https://neverland-anime.com/

#07 (コンテ:神戸守/演出: 山中祥平)



夜シスターの部屋を訪ねる2人。gif画像は明度をかなり上げてあります。実際には画面はもっと暗い。
神戸守監督なので各話に色々仕掛けてくるわけですが、不気味さにおいて出色の3Dティルト、エマとノーマンを焦点に置いた望遠というよりZ方向のダッチアングルと考えるべきかも。まあとにかく、珍しいアイデアだと思います。状況というより環境的なおぞましさ(クローネの部屋の前)を狙った不安定感の演出と思いますが何か元ネタがあるのでしょうか。




身長差を活かした傾角(インクリネーション)。シーン全体、というよりシスタークローネをめぐるエピソード全てに言えることですが子供たちとの身長差が非常に大きい、そのことを活かしたレイアウトが随所にあってそのへんは神戸監督さすがの力量を感じます

8772019003023_200270460.jpg
8772019003023_200270320.jpg



同スロー



同スロー



シスター主観視点によるエマノーマンの作画ティルト。この一連のカットの異様さ(褒め言葉)も際立っていると思いました。(これは連続していない複数カットを抽出・結合したgifなので演出的効果については本編映像を参照いただいて、ここでは作画だけ見てください。)

そう最初は撮影さんの多段SLかと思ったけど、ノーマンの髪の影や動画の若干のガタりなど、よくよく見ると作画でやっているんですね。顔や髪、耳や後ろ髪など微妙なところまで動かすスピードを変えたり、あと周辺のボケ味など撮影さんの尽力も見て取れます。ちょっと見たことがないような気持ち悪いカット(あくまでもここでは誉め言葉)になってますよね。

正直怖い、自分たちの選択が正しいのかどうかも自信がない、けれども選んでしまった以上は何か情報を得るためにも気圧されるわけにはいかない、だから2人は不退転の決意で決して目を逸らさないわけだけれど、その態度で逆に痛くもない腹を探られてしまうっていう。振る舞いや目線が台詞以上に物語を語ってしまうシーンだけに、こういう特殊で特別な表現が活きます。

スポンサーサイト



category: アニメ

tb: 0   cm: 2

コメント

なんか、実写映画みたいなカメラアングルが多くて面白いです

URL |  #-
2019/03/24 18:03 | edit

「エルフェンリート」「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」「すべてがFになる」等、神戸守監督作品ぜひご覧ください

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2019/03/24 19:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/635-9f48a2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)