FC2ブログ

大匙屋

健康第一のはずが・・・

3回ドカン研究 (2019)その2  

8712019001011_19009016.jpg


■Gone in 60 Seconds (1974 )  邦題「バニシングin 60″」
伝説のスタントマンH・B・ハリッキーが製作、監督、脚本、主演、スタントをこなしたカーチェイス映画
その、クライマックスのジャンプシーン、横転したクルマのホイールベース(前後輪の間)をジャンプ台にして走り抜けるっていうかなり危険なスタント (まぁ今見ると絵的には地味)

8712019001011_19008009.jpg
8712019001011_19008030.jpg
8712019001011_19009010.jpg

ダブルアクションになってますね。しかも多重露光ストップモーションみたいなこともやっていて、音響にも凝っている。
これはつまり、この映画が公開された1974年当時、ダブルアクションが映画のクライマックスで一番盛り上がるスタントのシーンを担うに足る編集テクニックであると認識されていたってことになる。お客さんがまだ見飽きていない、洗練された、最先端の映像表現だったわけです。

そしてバニシング in 60” から2年後、1976年に公開された世界的大ヒットホラー「オーメン」

8712019001011_19009014.jpg

この映画のクライマックスにも、映画史上最も注目されたマルチアングルショットがありました。
ちょっと残酷なので閲覧注意なんですけれども。


■オーメン (1976) 監督リチャード・ドナー

1974~1976年ごろ、オーバーラップ編集、マルチテイク、・・・つまり「3回ドカン」が洋画の世界で「非常に使える先端的なテクニック」であったことがここでも証明されています。
この時期のこうしたハリウッド採用実績をもとに三回ドカンは映画・ドラマ・アニメにどんどん広がっていたのかなと考えて差し支えない気がしますね。ここに起源があるわけではないけど、このあたりが主要な感染源にはなっていそう。



8132016011030_040270bc09.gif
■やさぐれ姐御伝 総括リンチ/予告編 (1973) https://www.youtube.com/watch?v=0Va_85IoJMM


ではこの、3回振り返りは一体何なのでしょう? 一体何を参考にして作られたのか?
これはどうも日本映画特有の表現のような気がします。洋画でこれをやってるのを見た記憶がない。
この話、もう少しだけ続くんじゃ




スポンサーサイト



category: 3回ドカン

tb: 0   cm: 2

コメント

三月のパンタシアどう思いますか

URL |  #-
2019/01/19 07:10 | edit

Re:

> 三月のパンタシアどう思いますか
なぜ僕にそれを尋ねるのか全然わかりませんが、可愛らしくて素敵な音楽を作ってる方々と思いますよ。
コンセプトの違いはあるんだろうけど、ああいった雰囲気の音楽をやられる方は定期的に現れますよね。僕らの世代だと谷山浩子さんとかかなー。
先行者との違いをいかに出していけるかが今後の活動を左右するかもしれないですね。真面目に答えましたけど、よかったんでしょうか?

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2019/01/19 12:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/629-b5c9bde9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)