FC2ブログ

大匙屋

健康第一

すすめ、カロリーナ。ホイップカット  


■すすめ、カロリーナ。 http://www.otsuka.co.jp/cmt/calo-lina/

8592018006018_05032bc02.gif
8592018006018_05032bc01.gif

ホイップ・パン (Whip Pan)
ホイップとは鞭 (ムチ)のことです。ムチを打つようにカメラを高速で振って、不鮮明でぼやけた像を拾って時間や距離の経過を表現するのがホイップパン。以前、スウィッシュパンというのを紹介しましたが、同じものですね。
このホイップパンをつなぎに使用した場面遷移(トランジション)のカットを「ホイップカット」と呼んだりします。

演出テクニックとしてとくべつ新しいものではありません。例えば有名なのは↓のモンローの映画


■お熱いのがお好き (1959) ビリー・ワイルダー監督

非常にめまぐるしく、また情熱的でもあり映画を見ている人を緩急で飽きさせない演出ですよね。
他にはわりと最近・・・でもないですが2007年のエドガー・ライト監督「ホットファズ」の冒頭を見てみましょう


■ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン! (2007) OP

サイモン・ペグ扮するエリート警察官の優秀さをスピーディに紹介する冒頭シークエンス
ホイップパンやリヴィルフレームにバットを振るようなSEが入ってるのがいいですね。
この小気味よいテンポの演出は映画やCMなどでかなりパクられているのでわりとよく見かけると思いますよ



8592018006018_050320250.jpg

「すすめ、カロリーナ」に話を戻しますが先日発表された本編これ良くできてるなあと思いました。
ポーランドから来日して女流棋士になったカロリーナ・ステチェンスカさんを主役にしたショートアニメ。監督は同じくポーランド人のマテウシュ・ウルバノヴィチさん、この方はコミックスウェーブフィルム所属なのかな。新海さんのお弟子さんで本職は美監さん


8592018006018_05032bc03.gif


上の飛行機のホイップカットから連続するドリーショットですが、これもちょっと面白いです。
ドリー横移動するカメラがフォローしてる人物が途中からZ軸にはけていく、これ映画ではデプスドリー(depth dolly)と言ったりするんですが行き交う人並みとフォーカスする人物のコントラストで奥行感を作るっていうテクニック、あまり日本人のコンテマンはこういう演出をしない。コンテはマテウシュ監督が切ってると思いますが外国出身の方ならではの感性かもしれない。本編、マッチの使い方もすごくいい


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/614-40e72949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)