大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

18禁OVA Implicity I  

8482017009024_020580480.jpg
Implicity I
http://www.mediabank.co.jp/mediabank/product?page=product&model=QNB-M040

メディアバンクのレーベル「Queen Bee」から2017年9月22日に発売になりました。原作は東山翔「Implicity」(茜新社刊)より「episode0 Emmy and Lynn」「episode1 Youni and Ko」の2エピソード収録。僕は東山信者なので一応購入はしたものの実のところレビューする気まではなかったんですが、ここ数日の検索圧力、手ぶらで帰すのも申し訳なく思い、少しだけ。


8482017009024_020580450.jpg


ガチロリ凌辱物の原作をOVA化するその度胸を高く評価する反面、レーベルがインモーション専門のQueen Beeと聞いて少し複雑な気持ちになったりしました。ご承知の通りかのレーベルは原作サイドから提供を受けた原稿データをトレス・セル分けしフラッシュアニメのようなモーションをつけていくスキームで、キャラデザイン・作監は不在。タイミングは演出さんがつけるんでしょうけど、コンテも原作のコマ割りをほぼ踏襲=原作コマの大小等を考慮しないためL/Oにもどこか不自然さが残るなど、アニメーターにとって入魂の仕事ができる企画かというと多少の疑問が残ります。


8482017009023_190500300.jpg8482017009023_190500390.jpg8482017009023_190450340.jpg8482017009023_200000470.jpg


実際に視聴した限りでは――つるぺたで乳揺れがないのは実にこのレーベル向き。一方で微妙な髪の揺れや、体位によって押され圧迫される幼い体躯の揺れる表現など非常に丁寧に作られていて、東山特有のはかなげな少女たちのたたずまい再現には感心しつつ、絵面としては原作のもつ精緻な描きこみ、唇のみずみずしさや柔らかさ、未成熟な肌の弾力等どう考えても高すぎるハードルを考慮するにしても、それらを徹底的にトレスしてなお原作を越えられない歯痒さやもどかしさが募り、予想の範囲ではあったものの、僕の場合は困惑するばかりでした。

8482017009024_020580410.jpg8482017009024_020580420.jpg


ヨウニイのコートは「そうか、ピンクなのか」と思いました。これは可愛いかった。色指定全体的に落ち着きがあって綺麗です。カマイユ配色。仕上はst九魔、安定しています。


8482017009023_200050550.jpg8482017009023_2000508350.jpg


凌辱シーンはうっすらフォグ掛かって湿気と熱を感じさせる
薬物使用シーンと「10歳」といったキーワードはカットされています。さすがに倫理規定に引っ掛かるのでしょう。


物語は、経済格差のある近未来社会が舞台のSFで、性行為をめぐる様々な新技術が確立されている。底辺層で年端もいかない少年少女のカップルが売春をして生計を立てている。彼らははきだめの生活を捨て上層へ上がるチャンスを偶然に得るが、そこへ上層からDQN集団がやってきて女の子を快楽地獄に叩き落とす。ただただ胸糞悪くて見てられんという感想もあって当然かと思います。

美術でも映画でも文学マンガでも何でもそうですが、体験する前後で世界の見方が変わる、目が覚めるようなショックを受ける、心かき乱されて居ても立ってもいられなくなる、それらすべてがアートの醍醐味です。体験者の中で何か(人生or世界)がリセットされるということ。胸糞悪いという感覚もそれに含まれると僕は思うんですよ。だってこれはただの絵なのだから。

稀代の才能を持ちながら基本ぬるいイチャラブを描いていたサブカルクソ野郎だった東山翔が、例の件とかがあって一時干されたのち劇的に復活、作家として完全に一皮むけたのがこの「Implicity」。原作は紛れもなく傑作(となる予定)。一方アニメは、驚きはないにせよ、できうる範囲で非常に丁寧に作られている、とだけ。OVAシリーズは全三巻の予定とのこと。本格的に話が動き出すのはドール関連が出てくる次巻からですね。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 2

コメント

ImplicityのOVA出てたんですね。この記事で知りました。買います。
「稀代の才能を持ちながら基本ぬるいイチャラブを描いていたサブカルクソ野郎」という評価はまったく同感ですがw またぬるいイチャラブも見たいもんです。

LOは最近新人の発掘がうまくいってないですね。
茜新社のはAmazonで取り扱いがないからか、ロリ系新人もほかの出版社を選ぶんですよね。中村葛湯とか。
大塚麗夏みたいなおもしろそうなのも一般行っちゃうし。
LOで踏ん張ってる東山翔を応援するしかありません。

例の件も、いまならちょっと問題になるぐらいで絶版とかにはならなそうですね。
新海監督のアレもけっきょく一部が騒いだだけで終わりそうだし。
トレパクに対する見方もここ数年で変わってきた気がする。
まぁ絵描きなら自分で構図起こせよと思うけど、つづき読みたかったなぁ。
東山信者の一人としてうれしくなって書き込んでしまいました。

URL |  #-
2017/09/24 08:52 | edit

Re:

ありがとうございます。中村葛湯は今年のトピックのひとつだなあ、僕も
LO頑張ってほしいけど、絵柄や路線が似た作品が多いのも新人がこない理由じゃないですかね
プリズム、いつかリブートしてほしいですね~

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2017/09/24 15:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/596-f7e2308d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。