大匙屋

健康第一

CLANNAD #18 アイラインマッチ  

アイラインマッチを使った演出の良例を思い出したので紹介


8392017006007_070210540.jpg
■CLANNAD #18 (2007)

Aパートのハーレムコメディから一転、Bパートで病欠から復帰したナギサが正妻力を発揮し朋也を連れ去り退場&全ヒロインが討死。作中の言葉で言えば「可能性」がつぶされた。


8392017006007_070220180.jpg
8392017006007_070220290.jpg8392017006007_070220360.jpg


こうなるとわかっていた、と自嘲気味に笑う双子姉・藤林 杏(ふじばやし きょう)に対して謝罪する妹・椋(りょう)。「お姉ちゃんごめんね、今まで、本当に」
椋(りょう)も応援してくれる姉の思いを理解し、形勢不利でも頑張っていた。


8392017006007_07021bc01b.gif


呆然とする杏。杏には、妹がなぜ自分に謝るのかがわからない。
急な後頭部なめの引きでイマジナリー・ライン越え。
つなぎの違和感はおそらく意図されたもの。目線は引き続き椋へ


8392017006007_07021bc02.gif


カメラを切り返さず、杏のリアクションを先に見せる演出。杏はいつも強気で、人前で取り乱すような子ではないわけです。視聴者は何が起きたのかわからないまま、杏の目線と崩れていく表情に引きつけられる。


8392017006007_07021bc03.gif


ここで切り返しショット。杏の目線の先にあったのは声を殺し悲泣する妹。

椋は恋に破れても尚、姉を悲しませまいと気遣う。
一方で杏は自分が妹を傷心に追い込んだと気づいて泣き出した、というのがここでわかる。さらに憶測ですが杏は椋に「ごめんね」と謝られたことで、自分自身も朋也に恋をしていた、同時に失恋したことを理解したと


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/587-4e6cb55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)