大匙屋

健康第一

ガラスを抜ける、壁を抜ける  


■ACCA13区監察課 #01

T.B窓ガラス抜けのカメラワークは昔からわりと見るけど、このカットはちょっと面白いです。通常、窓枠や人物などのムーブ先にあるオブジェクトはbookやレイヤーなどでフレームの外側からインしてくる、でもこのカットではT.Bの途中で突然前景がフレーム内で像を結んでます。このgifだとわかりづらいですがよく見ると移動にともなって後景にボケ味が加わっており、ムーブに合わせて被写界深度そのものが移動してる。

8192017002006_140220bc02.gif

つまりガラスを抜けているだけでなく人体も通過してることになるのかな。すべてが上手くいっているわけではないにせよ、昭和世代には思いつかない、デジタル時代ならではの発想なのかもしれない。


8192017002006_140220bc03.gif
■009 RE:CYBORG (2012)

こういうのがオーソドクスな窓抜けですよね。望遠で、パンフォーカス。


窓抜け、壁抜けはムーブ先にいる人物の無防備な表情をあばく演出的効果を主に狙っていることが多いです。CG全盛となった現代では物理法則を無視する面白さは遺棄されてしまいます。(まあ、元々アニメにそれはあまり無いけど)

トリッキーな撮影という点で、映画史において有名なのはミケランジェロ・アントニオーニ監督の「さすらいの二人」(1975年)のラストシーンにおける鉄格子抜け。



これも今となっては何がすごいのか伝わりにくいですね。思えば寂しい話ではあります。


8192017002008_19012bc07.gif
■氷菓 #19 (2012)

これは壁抜けというか床抜け。縦スクロールの移動は珍しい。
この手の意表を突く表現はアニメでも可能という好例


8192017002008_19012bc06.gif
■機動戦士ガンダムUC #02 (2010)

これなどはガンダムはじめロボット物の定番演出。
ワンカットではないので厳密には壁抜けとは言えないか。


8192017002008_19012bc05.gif
■劇場版 SF新世紀レンズマン (1984)

こっちはワンカットですね。懐かしいなーこれ。アルフィーが主題歌歌ってましたね



8192017002008_19012bc04.gif
■新劇場版 頭文字D Legend1 -覚醒- (2014)

車内外、アングルのマッチでスピード感倍増。演出さんのセンスが冴えわたる。
非現実的なカメラムーブなのにタイミングがシームレスだと臨場感につながる



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/565-109eb97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)