大匙屋

健康第一

2016年12月 近況  

更新できないし近況を書こうかと思ったけど
僕の近況を読んでも誰も得しないのでアート記事にしようかと思ったけど
そこで裏をかいて近況を書こう


8162016012021_210220005.jpg
■うれしょん 第01巻/かずみ義幸・著 日本文芸社刊

コレ面白かった。感極まると失禁してしまう系美少女の話。かずみ義幸=松本ドリル研究所氏の表名。
一応全年齢向けだけどフェチ漫画です。「おしっことか飲尿プレイはちょっと・・・」と思う真っ当な性癖の方が3人いたとして、そのうち2人くらいは読後転向する可能性がある、謎のパワーを持った作品。


8162016012021_210230001.jpg


主人公トーヤのクラスに転校してきた美少女ちはる。
その可愛さに色めき立つクラスメイトたち。もちろんトーヤも例外ではない。ここまでは普通。
学生カバンがなんか懐かしい


8162016012021_210230002.jpg

8162016012021_210230003.jpg

8162016012021_210230004.jpg


隣席で自己紹介したトーヤの顔を見て、いきなり失禁するちはる。
やおら騒然となる教室。この展開はまたぞろ共感性羞恥的な展開と思いきや


8162016012021_210240002.jpg

正面切ってフォローにいくトーヤ。同じクラスの夏鈴(トーヤの彼女)に指示してちはるを保健室に連れて行かせ、始業式の日だったのでクラスメイトたちを講堂に移動させて後始末をトーヤが一人で引き受ける。
これはそもそもが尿フェチであったトーヤにとって好都合な展開でありポジティブな行動だったのだけど、周囲の評価は上がり、ちはるにも同情が集まる。


8162016012021_210240005.jpg

主人公は良いところを見せ、誰も恥をかかない。これ大事
失禁とは逆説的浄化でありカタルシスなので、周囲に誤解や思い違いなどのストレス源があるほうが話を回しやすい


8162016012021_210240006.jpg

保健室でちはると顔を合わせたトーヤは彼女が幼稚園時代の幼馴染だったことを思い出す。


8162016012021_210240007.jpg


まあベテラン作家さんなんで今更ですが、決めゴマのキレが素晴らしいです。話の進み方は早くはないしナレーション突っ込みも蛇足だなと思ったりするんですが、不浄感が先行しがちな尿マンガでこうも可愛く描けている作品は稀です。この手のものはどうも無理だと思う方にこそ読んでみていただきたい。





近況を書くんだった

8162016012021_210220002.jpg

ヘモグロビンA1cが5月の入院の時は一時15近くまで上がってヤバかったんですが奇跡のV字回復?で5.8まで下がりました。運動と食事療法が続いております、気は抜けませんが今は幸い仕事にも復帰でき、人並の生活ができております。
みんな糖質の取り過ぎには気をつけよう!
こういう近況はガチ過ぎて引かれますかね





8162016012021_210220009.jpg

前のクルマ、15年乗ったんですが走行中に車軸が折れて廃車になった。新しくシエンタを買いました。
遠方の何もないようなさびれた町に出掛けて行って古物店や古本屋をめぐるのが大好きなんですよ。燃費の良い車はありがたいです。
近況っぽいことを書いて満足。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/559-74d68b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)