大匙屋

健康第一

2016夏アニメ B-PROJECT~鼓動*アンビシャス  

■B-PROJECT~鼓動*アンビシャス http://bpro-anime.com/



なかなか浮上のきっかけをつかめずにいたアイドルグループ「Bプロジェクト」のメンバーたちは自らの存在意義に疑念を持ち始めていたが、新人A&R・澄空つばさと出会い、奮闘する彼女に支えられつつ、幾多の困難やアクシデントを乗り越えて成功への階段を駆け上っていく。

というような話でした。
芸能界もの、男性アイドルものであり同時にお仕事モノでもある作品は過去にもありますが、「A&R」という一般に聞きなれない職能にスポットを当てたところがユニークな部分です。


8102016010016_190190004.jpg8102016010019_190370040.jpg


作品を見る限り「A&R」というのは芸能事務所ではなくレコード会社に所属し、楽曲制作やプロモーション、現場の雑用まで幅広い業務をこなす融通性のある職業のようです。プロデューサーのように少し上の立場からアイドルを導くのではなく、対等の関係で一緒に汗をかく随伴者・パートナーといったところでしょうか。

#01
8102016010016_190190010.jpg8102016010019_200000120.jpg8102016010019_200000370.jpg


この「対等な関係」の表現について、01話などで顕著ですが、顔見世にあたる序盤においてはつばさの緊張や恐怖を表現するためか、アオリを中心としたアングルショットが多用されるんですが――


8102016010019_210060120.jpg
8102016010019_210070320.jpg
8102016010019_210070410.jpg


序盤に続くレコーディングシーン、作業の難航とつばさの気づきあたりから目高(アイレベル)のアングル中心に移行し


8102016010019_210100120.jpg8102016010019_210100020.jpg8102016010019_210110110.jpg


作業が終了したあと、つばさの有用性が認められ、レイアウトもフラットなポジションに落ち着く。
作品の独自性であるA&Rとアイドルの独特の関係を強調するためと思われますが、これ以降この作品は俯瞰やアオリよりも横からのショット、目高や水平な構図を多用します。これは様々なアイドル活動やライブシーンなどでも同様で、視聴者は「つばさの目の高さから眺めるBプロ」を中心に見ていくことになります。

カメラワークも女性アイドル物ならはつらつとした躍動感を求められたりするわけですが、男性アイドル物の場合だとキャラクターによって耽美的であったり落ち着いた大人のイメージ、動き回るのもいいけど止めで美麗な絵をじっくり見たいという需要が視聴者側に普通にある。しかし動かなければ動かないで手抜きに見えてしまったりでサジ加減は難しい

#04
8102016010016_19019bc02.gif8102016010016_19019bc03.gif


これなど止め絵のパンですが雨粒の多層SLで高速度撮影みたいに仕上げてる、面白いアイデアですよね。
省力的だけど手抜きには見えないところが上手い


8102016010021_040530070.jpg
8102016010016_19019bc05.gif


やたらと線が多い。作画は緻密というわけではないのに衣装設定などで複雑なパーツが多く、その上で同時に画面内にひしめく人数とその負担を考慮すると相当がんばってる感じがします。
ただシリーズ後半になるとさすがに一部息切れしてる印象は残りますね。これはムリもない


#04
8102016010016_19019bc04.gif8102016010016_19019bc04b.gif

#04
8102016010016_19019bc06.gif


この作画いいなと思って拾った絵が04話に集中してることに後から気づいた。と管理人が申しております


#03
8102016010016_19019bc01.gif


ああこれはナウシカの地下室・・・





8102016010020_210520340.jpg


ストーリーはいわゆる「超展開」や「クソ落ち」の連続です。実況で突っ込みながら見ていくのに最適。
男性アイドル物は端正な美形集団ゆえにギャップを作りやすくギャグにもしやすい。見た目はいなせな若い衆でも中身はキッズアイドルのように純真無垢でシンプル、この作品の場合さらに性急で危なっかしさがあり、これが庇護欲を刺激する。なぜそうなる、といった現実離れの展開も読めない進行として娯楽の一助となり、自然と目を奪う。特に機能はしてないけど妙に物憂い設定を持ち込みたがるのも面白いです。

色々と未解決な問題がありながら、まあいいか楽しかったし、という謎の爽快感があって不思議な作品です。アイドルたちが必要以上につばさにベタベタしないところが好印象です。
売上げも好調のようで、投げた部分があるのは今後の展開として良い方向に働くのかもしれない。もし二期があるのなら平然と元の位置に戻ってる夜叉丸さんが見たい。
この作品に関してはこんなところで。







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/553-badebc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)