大匙屋

健康第一

2016夏アニメ クオリディア・コード  

■クオリディア・コード http://qualidea.jp/
★ほしひとつ




人類を半滅させた謎の生命体「アンノウン」襲来から30年、冷凍睡眠から目覚めた子供たちはアンノウンに対抗しうる力=「セカイ」と呼ばれる超能力を獲得していた。東京湾沿岸の3拠点を中心に集められた子供たちによる拠点防衛&人類反抗作戦が開始される。戦争と、ランク付けによる厳しい競争にさらされる子供たちの前で、この世界に隠された真実が明らかになっていく。


というような話でした。能力をわざわざ「セカイ」と呼称する音感センスが悪手な気がします。

原作は当代人気ラノベ作家3人による合作とのこと。舞台となる東京、千葉、神奈川の3拠点がそれぞれに担当分けされており、各拠点別に中心となる担当キャラクターがいて、その肉付け/描き分け、各個性の際立ち方は他作品に類を見ないほど鮮やかなもので、それが作品全体の大きな魅力になっていますね。面白い試みだと思います。幹事役が優れてるんでしょうかね。

といっても個性と個性が激しくぶつかり合うわけではなく、華のある東京陣営が早期に機能不全に陥るので、地味目な千葉陣営に出番が増え、結果バランスが取れて見えるという面はある。


8062016009027_020200150.jpg8062016009029_160140540.jpg

石川由依という声優がうまくなったというか、妙にこなれたというか
このカナリアというデレ役がやれるなら今どきの娘役は何でもやれそうな感じはします。
ディアネイラ様なんかの、ちょっと不器用な演技をしていた初期のほうが謎の品格があって僕は好きでした。

余談ですが序盤~終盤に至るまでカナリアは壱弥の実姉だと僕は思い込んでいて「近親愛か~踏み込むなあ」と勝手に感心していました。なんで苗字が違うんだろうとか思っていました。


8062016009030_040370010.jpg

作画ちょっと有名になっちゃったけど、まああまり言うてやるなというか。
制作スタッフは悔しいでしょうね。あちこちで間に合ってなかったし、コンテ演出含め、あそこまでいくと言及してもしょうがない。ただ総集編などにせず毎回放送に漕ぎつけたのは誠実で良かったと僕は思いますよ。良い作品だっただけに、本当に残念ですけど。


8062016009030_040370012.jpg8062016009030_040370046.jpg

クライマックスが王道的な07話と居直るような急展開を見せる08話、この後半の求心力と終盤に向かう静かな盛り上がりは嫌いじゃないです。この作品では大人が大人として注意深く振る舞う。世代間にはいつも断絶があって、その描出は冷静で抑制的です。大人は子供の話を聞かない、そんな大人に子供は頼ろうとしない。
というところで以下ネタバレに踏み込みます





#11 #12
8062016010001_060580220.jpg
8062016010001_070150140.jpg

人類側の勝利で一応まとまっているんですけど、これって何もかもアイリの描いた絵図の通りですよね。したがって山場には悲壮感もヒロイズムもない。よくできましたという調子で舞姫が頭を撫でられて終わり。

要するにこれはよくある大人が子供に尻ぬぐいをさせる物語ではない。
「大人が作ってしまったどうにもならない不幸な状況」を子供たちが未知の可能性で打破する、という話ではない。大人が大人として落とし前をつける、当然の責任を取るという話です。

僕はそれはあまりに普通のことじゃないのか?娯楽として成立するのか?という気持ちなんだけども、実際に人気作家が3人集まってこういう結末ができあがるということは、「ちゃんと責任を取る大人」というものがいま現実から乖離している、理想形になってるということだと思うんですよ。

僕は大人の一人としてその事実に忸怩たるものを感じるというか軽く絶望するわけだけれど、最後に粘り腰で頑張ってみせるグトクの姿など見てもどうやらこの作品は、大人に対して本来の責任を取る大人の姿を示せと繰り返し訴えてるように見えてきます。


8062016010001_070330210.jpg


なのでグトクが最後にアオイを保護するのは、これはこれでやっぱり正しいんですよ。そう簡単に頭が切り替わらないアオイというのは他の子供たちに比べて浮いていて、でもそういう子供ってのはやっぱり必ずいるはずで、そこを放置して自己満足で死なずにちゃんと保護してあげるのもまた大人としての責任なわけです。

急いで大人になる必要はない、焦って理解する必要もない。
親殺しの成長物語ではないこの作品は終始こういう姿勢が貫かれていて、言い訳や弁明もないし、必要以上の説明も為されない。ある意味突き放すような、大人の語り口。ジュブナイルとは本来このスタンスで構わないわけで、視聴者年齢によって印象もまた大きく左右される、こういう作品は最近無かったなと僕は感じます。今回をつけたのはその一点が理由です。


8062016010001_070250580.jpg


まあ問題点を挙げるとするなら、アオイと明日葉の間には別に因縁は無かったなというところですかね。
「あなたが嫌いでした」というほど二人は作中で関与していなかったように見える。だから最後にこの二人が戦うことにドラマ的な必然性は感じない。見せ場になっていないし、興味をそそられない。


8062016010001_070340260.jpg8062016010001_070340380.jpg

ゆえに、「管理局が崩れる」という話を兄から聞いて、下で伸びているアオイを救出にいかないのはさすがに明日葉が冷淡じゃないかなと思ってしまう。地下で凍ってる数万の子供たちを救出する時間はあったわけで。
これ解決は難しいけど、アオイと明日葉を戦わせるんなら、アオイはもっとブチ切れさせるべきで、KOするんじゃなくてそのへんから飛び降りさせるとか、明日葉が何をどうしてもアオイを助けられない、そんな状況にまで置く必要があったと思う。




というわけでお久しぶりです。またぼちぼち更新していきます。よろしくね。




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/549-f7a5c204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)