大匙屋

健康第一

2016冬アニメ 亜人  

■亜人 http://www.ajin.net/




高校生・永井圭は下校中の交通事故によって完全不死の新生物、国内三例目の「亜人」と認定された。
亜人は人間扱いされず、政府管理下で新薬開発や各種産業向けの実験動物として不当に冷遇される。
周囲全部が敵に周る中、永井圭は幼馴染・カイトの協力を得て、明日をも知れない逃避行を開始した。

というような話でした。


7932016002007_070340350.jpg


原作は300万部売っているというアフタヌーン系の人気コミック、これを元に劇場アニメ3部作が企画され、
第一部が昨年秋に公開、第二部・第三部完結篇がこの夏・秋に順次公開されるようです。
TVシリーズは再編集版で全13話(未完)、続きは劇場で、という感じですかね。
制作はポリゴンピクチュアズ、「シドニアの騎士」を作ったスタジオですね。


7932016002007_070340271.jpg
7932016002007_070340272.jpg7932016002007_070340273.jpg


全編CGアニメでビジュアルはコントラストが強く、シドニア同様ちょっとした不気味さのある内容が
うまく作風にマッチして相乗効果を発揮してる感じです。
劇場版の1作目にあたる第06話まではスピーディかつスリリングで見所満載です。
07話以降はアクションシーンや山場もあるものの展開がタメに入り、
11話のクライマックス直前まで微妙にダレている。

#06
7932016004012_140550070.jpg


06話、自分を助けに来た佐藤と、施設職員の処遇をめぐり対立する永井圭
ここが、この作品が強い独自性を発揮するシーン。

永井圭という人の行動規範だとか、判断基準がわからなくなって、
でも道義的には彼が正しく、ただ扱いに困るような感覚が湧き上がり、それを僕らは持て余す。
ここは「ああよくわからない、けど面白いね!」って思うんです。

永井圭という人物をシンプルに要約する材料を物語は最後まで提示しない。
まったく一筋縄でいかないところが永井圭の大きな魅力なわけだけど、
彼への理解が及ばない一番の理由は構成の不備のせいだと僕は思う。





この作品は登場人物同士の関係に変化がない。
だから永井圭を理解するヒントも発生しない。

永井圭は01話からずっと逃亡者で、途中で潜伏生活による進行の停滞のあと、
最終話でも前と似たような状況でひたすら逃亡するだけ。コミットしない。


7932016004013_040520230.jpg7932016004013_040100200.jpg


中野コウは永井圭に監禁されたあと何週間も動かない。
永井を説得できず、脱出もできない、状況を混乱させることもない完全な無能。
飛び降りは得意だけど


7932016004013_190100440.jpg


戸崎は「逃がすわけにはいかんよ」と言いつつ毎回永井圭を逃がし、中野コウを逃がし、
何をやらせても一度も成功しない全戦全敗。

とくに戸崎は、亜人を捕まえてもラボに放り込んで解剖するだけなので面白みがない。
胴体真っ二つにして永井圭を二人にしてみるとか、もっとムチャクチャをやるべき。
亜人を捕まえないと職務上の失点になる、彼はただそれだけ。亜人に対する執念が弱い。
上役の顔色におびえるサラリーマンでしかない。その上で無能なので、追跡者として怖さがない。


下村(戸崎の秘書)は存在が活きてない。いつも無能な上司のそばにいるが、
大臣室を盗聴する程度しか仕事がない。


7932016004012_070060310.jpg7932016002007_200170560.jpg


この作品は佐藤ばかりが精力的に動いている。
05話での彼の凄絶な戦いぶりは、大きなインパクトを残します。

ところで他の登場人物がたいした動きを見せないので、佐藤にたまるべきヘイトがたまらない。
彼は物語中の憎悪を一身に背負わないと輝かないですよ。やってることがぬるく見えてしまう。

冷酷非道で不気味な人だけど、どこか憎めない感じがあって、それだけではダメです。
誰かの希望を踏みにじり、大切な命を奪わないと。永井妹はちゃんと殺さないと。
そして僕たちを混乱させてくれないと。


7932016004013_190100420.jpg


IBMもせっかく面白い設定なのに、あまりにも使い勝手が悪いと思う。
各個に特異性もなく、出てきても進行に新鮮な驚きをもたらさない。
あとバトルみづらい。





今後の展開もなんとなく読めますよ。
戸崎は組織を出る~戸崎(+オグラ博士)と永井圭が合流、消防士を救出、
新しい亜人なんか出てきて、皆で佐藤に対抗する。
そういう展開にしか、なりようがないと思うんだけど。





#04
7932016002007_07034bc03.gif7932016002007_07034bc03b.gif

服パタパタ。右は部分拡大。部分によってブレ方が違う、丁寧に作ってある


#04
7932016002007_07034bc02.gif

妹、首据わらない感じ表現


#11
7932016002007_07034bc04.gif

行きかう人物と柱の影、コントラスト。エクスパンド・ドリー


#12
7932016002007_07034bc05.gif

殺しながら搬送。
この発想スゲーですね。麻酔銃を使わない理由は論理としては弱いと思うけど
こっちのほうが面白いし、戸崎の嗜虐性が出ててよいと思う。


#08
7932016002007_07034bc06.gif

中野君、飛び降り。飛び降りこそが彼の本質





#06
7932016004013_020340190.jpg7932016004013_020340340.jpg


06話の飛び降りは、つまらんコンテやなあと思うわけです。
ここクライマックスなのに、なんでもっと凄い飛び降りにしないの。


ただ向かい合って喋ってるだけとか、無意味な尺とか、退屈なカットがこの作品の随所にあった。
反面「こりゃすげえ」と思ったカットもあったけれど、数は少なかった。
やりたいことがあったとしても、何かと制約が多いんだろうな。


#08
7932016004013_050210130.jpg7932016004013_020450320.jpg


アジトから脱出
ここはIBMで大乱戦になるべきじゃないの? なんで銃で撃つの。
追撃班が、いちいち間を取って攻撃を待ってくれるのは何なの?やさしいの?
プレスコなんてやめちゃいなよ。機能してないよ。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 2

コメント

なんかシドニアの時よりも表現力が退化してたような感じが…
CGのフラットさが悪目立ちしてて、どうもみる気になれませんでした

URL |  #-
2016/04/14 11:21 | edit

Re:

中盤がちょっとだけ地味なのと、必要なイベントが用意されてない、事件を起こすのが遅い感じで
多分それは原作との兼ね合いで仕方ない部分なのかもしれないです
でも終盤は盛り上がって面白いですよ!

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2016/04/14 13:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/534-1b4804ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)