大匙屋

健康第一

2016冬アニメ 灰と幻想のグリムガル  

■灰と幻想のグリムガル http://grimgar.com/




中世風の異世界に突如放り込まれたハルヒロたちは、そこで義勇兵見習として生きることを強いられる。
出遅れた余り者同士で組んだ素人パーティーで、未知の魔物相手に生死を賭けた狩猟生活。
特別な力も才能もなく、ただ手探りで日々を生き抜く彼らに、世界は容赦なく過酷な現実を突きつける。

というような話でした。


7912016004007_000460440.jpg7912016004007_000480080.jpg


タイトルから「愛と幻想のファシズム」を意識したものかなと思ったりしたんですが特に関係はなかった。
RPG的な異世界にトリップする作品は数あって同じ2016年冬期にもこのすばがあったりしますが
このすばが萌えギャグ異世界とするならグリムガルはヤンキーシリアス異世界。

勇者やヒーローでもなければ強運の持ち主でもない普通の少年たちが
野趣あふれる環境で砂を噛み泥をすするように必死で生き抜いていく、
生きるためには食わねばならず、狩りをして戦利品を売り、生計を立てなければならない。
同期が要領よく出世していくのを横目に、自分たちは最弱のゴブリン1匹狩るのもままならない。

戦いには仲間との協力や相互理解、自制心とコミュ力が必要で、集団を率いるには統率力が必要で、
そんなの全然向いてないし面倒なのに、生きていくためには自分が引き受けるしかない、
他にやろうとする奴が一人もいないから!
そうして立場を変えてみると、今まで気づかなかった他人の一面やパーティの弱点が見え、
それを補うことで集団が機能し始め、行き詰まりが解消されて世界が一気に開けていく。
このクビキを逃れるような開放感のある中盤が、このシリーズの最大の魅力であると思います。


7912016002024_020350210.jpg7912016002024_020350070.jpg7912016004005_220030080.jpg7912016004005_220410390.jpg7912016002024_0203502320.jpg7912016004006_000570560.jpg


近年では珍しい、名劇の美術ボードそのままのようなラフなあたりと淡いパステルの色調。
ある時は郷愁の記号であったり、また作中の過酷な現実に対する中和剤であったり。
時折キャラクターの塗りが浮いちゃうんですけど、でも悪くない。魅力的です。


7912016004007_01041bc09.gif


一見トラディショナルな美術に見えて
ダムロウなどでは要所でパース変化してて、3Dでやってたりする。


7912016004007_01041bc02.gif
7912016004007_01041bc10.gif7912016004007_01041bc10b.gif
7912016004007_01041bc11.gif





7912016004007_01041bc04.gif7912016004007_01041bc12.gif


木漏れ日マスクのゆらぎ。(マスクっていうかノイズ?)
これはこの作品からの新機軸かな。僕は正直もうちょいだと感じる。すみません。





7912016002024_020330030.jpg7912016004005_210370110.jpg7912016004005_210230450.jpg7912016002024_020380400.jpg


わりとフェティシュな表現が随所にあってレイアウトも強引なんで半分くらいは監督のご趣味でしょうね。
そういえば完成版OPには筋肉美への執着を感じる。





#09
7912016004007_010400160.jpg7912016004007_010410060.jpg
7912016004007_010400350.jpg


09話、ランタとユメの意外な一面を同時に見せる印象的なシーン
岩肌に落ちる影が惜しいなあ


#09
7912016004007_010370420.jpg7912016004007_010370550.jpg


09話、シホル
ここは#04アバンを受けるシーンなのだけど、シホルは何も語らない。
ただ同じ場所の風景と、ゆったりとした間があって、それですべて解決する。

先にシホルがハルヒロに改まった挨拶をして笑顔を見せるので、
黙して語らないシホルがハルヒロを遠ざけているようには見えないわけです。上手いと思います。
陳腐な言い方をすれば、シホルは区切りがついたというか、ここで完成した。




#08
7912016004007_010190340.jpg
7912016004007_010160450.jpg
7912016004007_010170200.jpg

「ハルに言われて苦しかったけどイヤじゃなかった」

ここはメリイがハルヒロの気遣いに彼なりの不器用な優しさを見るシーンなんですが
なんか力なく微笑んでるように見える。これはこれでいいんですかね?

僕は「イヤじゃなかった」というのは「イヤだった」という意味だと思うんですよ。
「お前が悪い奴じゃないのはわかるけど、そこには踏み込んでくるなよ」
というのがメリイの本音だと僕は思うんだけど、違うのかな・・・

自分が背負ってるものは他人には到底理解できないとメリイは考えてるはずなんですよ。
たとえハルヒロたちが、多少似たような境遇にあるとしても。
ハルヒロの正直さは伝わるから、イヤじゃなかったと言ってあげるのがメリイの気遣いで、
けれど彼女はそう言ってあげるだけで精一杯なので、ここでは微笑まないんじゃないかな。
メリイという人はそこまで強くないんじゃないかな。――と、僕は思うんだけど。





#12 最終話について



7912016004007_010410092.jpg


デッドスポットをチート討伐するのは、最後で急に世界観を壊したなあと思う。

百回に1回のまぐれでいいから、パーティプレイで倒したほうが
このシリーズだけなら綺麗に終われただろう。
デッドスポットの最期にメリイを立ち合わせないのも、違うんじゃ?という気がする。

そんなに難しくないと思うんですよ。スパイダーで崖下に転落させないで、
その場で戦えばいいだけなんだから。

まあ作者さんがこういう選択をしたのだから、元々こういう話だったのだ、ということでしかない。
でも、この先もしも続編があってこの世界が続いていくとしても、
「いざとなればミラクルパワーを発揮するヒーロー1人を含む凡人パーティの話」になってしまう。
それはこの作品にとって正しいことなのか、少し心配になりますね。


7912016002024_0203502321.jpg






7912016004007_01041bc03.gif
7912016004007_01041bc01.gif

マジックキャスト、エフェクト



7912016004007_01041bc32.gif


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/532-ddb9bf8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)