大匙屋

健康第一

2015秋アニメ K RETURN OF KINGS (2)  

■K RETURN OF KINGS http://k-project-come-back.jpn.com/

7792016001023_230510300.jpg

(2期) 2015年10月~
絶対者「黄金の王」死去を機に、彼の管理下にあった「ドレスデン石盤」を、緑のクランが奪取に動く。
この聖遺物のもつ強大な力を利用し、世界の秩序を崩壊させようとする「緑の王」。
これを阻止するため、隠遁していた「伊佐那 社(いさな やしろ)」が再び地上に降臨する。





前回のつづきです。ストーリーに関して。


7792016001025_190190010.jpg


今回のシリーズについては、まず緑のクランが他を圧倒するほど強い。
彼らは充分強いので、1期のキツネみたいにトリッキーな動きをする必要がありません。

必然的に、物語はシンプルでわかりやすいものになる。
どうやって緑のクランを倒して彼らの野望を阻止するか、という話に集約される。
負けたら深刻な事態になるので、戦いに臨む姿勢に真摯さ、真面目さが求められる、
ふざけた態度はとりにくい。

つまり、今回シロには大きな責任が背負わされ、あまりおちゃらけた態度が取れない。
このせいで、なんというか
「帰ってきたのはシロじゃなくてヴァイスマンなんだなあ」という印象になってしまいます。


7792016001026_050040210.jpg


わりとマジで僕らが一番見たかったのは楽しそうにじゃれあう白銀の3人であったと思う。
しかし真摯で真面目なシロと生真面目なクロが絡んでも、互いのキャラがあまり生かせない。
結果的にクロの存在感は前シリーズよりかなり後退しています。

シロと再会したことでクロの中にどういう変化や成長があって
今まで歯が立たなかった御杓神ユカリにどういう理由で勝てたのか、
という点はわかりにくかった。というより、ほとんど描けていなかったと思う。
戦いの最中なぜそこでターンするのか、とかどうでもいいことが気になった。





7792016001027_020050230.jpg


一方、伏見猿彦の物語はとても綺麗に決着がついていました。
1期から続いていた八田との因縁もうまく利用しつつ
なぜ五条スクナに勝てたのかという点も充分納得できる形になっていた。
最終バトル、作画と演出はちょっとあれでしたけど






7792016001026_050000240.jpg7792016001026_050000260.jpg


宗像礼司がイワさんに勝てた理由、これがよくわからなかった。
一週間くらい考えたけど僕にはわからない。

まず#08で宗像が破れた理由は
もともと不調に加えて刀折れた、宗像の理想論はイワさん相手に通じず、
力でねじ伏せられ刀折られ心も折られた、といったところだと思う。

#11
7792016001026_130440020.jpg7792016001026_130430220.jpg


11話のナガレとの会話からわかるんですが
イワさんは過去の惨事にずっと苦しんでる、全滅した自分のクランとか、死ななくていいはずだった人々とか

視点を変えると、イワさんの元クランズマンはイワさんを守れて本望だったのかもしれない。
でもその結果はイワさんを救わなかったわけです。イワさんはクランズマンを失って壊れた。

王同士ですから、その孤独も苦しみも理解はできるわけで、
宗像が最終バトルに善条だけを伴いセプター4を連れて行かなかったのは
万が一ダモクレスダウンが起きてセプター4が全滅でもした場合
今度は自分が第二のイワさんになってしまう、と考えたからだと思うんですよ。


7792016001026_140060250.jpg


宗像にしてみれば、もし自分が敗れて命を落しても、
セプター4が自分の理想を引き継いでくれるはずだった。

でも結局セプター4は自分たちで判断して現場にやってきた。
「これでは負けるわけにはいかなくなった」というのが大きいのかなと思いますが
それは宗像がイワさんに勝てる合理的な理由にはなってない気がする。

なぜ宗像は勝てたのだろう?
僕は今でもわからなくて、考え続けています。誰か教えてください。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/518-8cf7b30e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)