大匙屋

健康第一

廃部・廃校回避のプロット  

逆境ナイン/島本和彦



帰属共同体の廃絶や存続問題に主眼を置く構成は
統一も規律もなく寄り集まった群衆に一定の秩序をもたらし、
多士済済の精鋭部隊たるべく成長をうながします。

これがまた、むかしからある構成なんですが最近また増えている。
今のところ、この類型でもっとも成功したのがラブライブ
ここ数年で思いつくままに挙げてみると


7592015008024_200540380.jpg7592015008024_200510470.jpg
■ラブライブ! (2013)
生徒数減による廃校が決定、これを阻止するためスクールアイドルとなって学校宣伝
これは終盤で当初目的を一方的に消失させ、「それでも私が歌う理由」の部分に
主人公を追い込んでいく構成が鮮やかだった。でも2期は蛇足。


7592015008025_000340350.jpg7592015008024_230540100.jpg
■ガールズ&パンツァー (2012)
実績ない学園艦をコスト削減のため統廃合、戦車道全国大会で優勝しなければ廃校。
実はこの作品の廃校設定は主人公の動機に直接関与してない特殊例。
主人公の流儀や過去の挫折、姉・実家との関係に決着ついておらず、僕は良作とは思ってない


7592015008025_010590190.jpg7592015008025_020040220.jpg
■TARI TARI (2012)
急に発表された廃校計画を機に、学園祭強行開催する主人公合唱部と、反目していた声楽部が和合
和合というか声楽部と教頭が完全にフリーライド


7592015008025_090070150.jpg7592015008025_090070170.jpg
■恋と選挙とチョコレート (2012)
次期生徒会長候補が実績のない部を廃部にすると表明、食品研究会が存続の危機に


7592015008025_000570350.jpg7592015008025_000590000.jpg
■イナズマイレブン (2008)
部員7人の弱小クラブ、部費が無駄だから廃部決定、しかし40年無敗の「帝国学園」に勝てたら存続
初回だけの各話プロット

7592015008025_020260550.jpg
■ROBOTICS;NOTES (2012)
ロボ部の高額な活動費要求に教頭が激怒。全国優勝できなければ廃部


7592015008025_090130590.jpg
■俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (2013)
風紀上好ましくないので廃部、各話プロット


7592015008025_100090120.jpg
■ハナヤマタ (2014)
正式な顧問が見つからないと規定により廃部


7592015008025_080590140.jpg7592015008025_080590230.jpg
■ガンダムビルドファイターズトライ (2015)
同じような部が2つあるのはおかしいので統合、バトルして勝てば存続


7592015008025_130150333.jpg
■食戟のソーマ (2015)
食戟(料理対決)で勝ったら丼部存続、負けたら廃部&退学、各話プロット




この「寄せ集め集団がうまくまとまる」感が非常に使い勝手が良いということなのでしょう。
とりどりの個性派キャラクター群が問題解決に向けて一丸となる、
うまくまとまるというより、イヤでもまとまる。まとまらざるを得ない。

で、今期においてもこうした構成の作品がすでに3点、さすがに多過ぎる
今さらラブライブやガルパンの商業的成功に範を取るわけでもないだろうけど
安易とは言わないまでも、ああ来たなという感じは毎回する。

つまり「来年から本気出す」といってる連中に今すぐ本気を出させる、
そういったシチュエーションを使いたい作品がたくさんあるわりに
登場人物に動機をもたらす新たなアイデアは生まれていないということ


7592015008025_120550350.jpg7592015008025_120540070.jpg
■Classroom☆Crisis (2015)
上司「コストに見合わない。部署ごと廃止」→「見てろ、ぎゃふんと言わせてやる」


7592015008025_130060440.jpg7592015008025_130100420.jpg
■空戦魔導士候補生の教官 (2015)
上司「ランキング戦全敗の落ちこぼれ小隊イラネ。チーム解散」→「見てろ、ぎゃふんと言わせてやる」


7592015008025_130130500.jpg7592015008025_130150320.jpg
■アイドルマスター シンデレラガールズ (2015)
上司「なんか気に食わないので全プロジェクト解散」→「見てろ、ぎゃふんと言わせてやる」


※デレマスは特に、常務のやり方の一体何が問題なのかがわかりにくい。
裏を返せば、彼女は仇敵にはなりきれていない







廃部・廃校回避のプロット、冒頭に「昔からある構成」と書いたけどいつ頃からあるのか?
僕の記憶する限りでは1970年の「赤き血のイレブン」の時すでに登場している


7592015008025_130150336.jpg
「赤き血のイレブン」 梶原一騎+園田光慶/ 少年画報社 1970年

松木監督率いる新生サッカー部に
PTA会長青田が解散を迫る


7592015008025_130150337b.jpg


同作品はアニメ化もされ人気を博しているが、アニメでは大幅な内容改変がなされ、
PTA会長ももう少し気のいいオヤジに変更されていた。
原作にある廃部プロットがアニメ版にもあったかどうか、記憶がはっきりしない。
下の画像はYouTubeにあった外語吹き替え版から


7592015008025_1301503361.jpg7592015008025_1301503362.jpg


いずれにせよ業績低迷などを理由に上が廃部を迫る、というプロットは
遅くとも45年前、梶原一騎の時代からすでにあって
今現在も続いている、ということはおわかりいただけると思う


もっとも、帰属共同体の廃絶・存続というテーマは
もとを正せば赤穂事件などに題材を得たであろうことは想像に難くない。


7592015008025_1301503369.jpg


愉楽を極めての落魄、そして雪辱といった流れが
日本人の美意識に強烈に作用するからこそ
繰り返しに耐える鉄板ネタとして受け継がれてきたのでしょう。
おそらくこれからも、この類型が消え去っていくことは無いと思う。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/494-e384d743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)