大匙屋

健康第一

(2015) 冴えない彼女の育てかた #05Bの加藤恵  

■冴えない彼女の育てかた http://www.saenai.tv/


7462015004005_150020001b.gif
#05 B

ショッピングモールでのデートシーンですが
焦点距離ごとにレイヤーを切り分け、各階層でボケ味を微妙に変えてあるんですね。
TVシリーズのアニメでここまでやってるのは記憶にないんだけど、前にもあったかなー


7462015004005_150020140.jpg


これは奥行き感を意識した撮影のリアル志向というより
意図するポイントに観客の視点を誘う演出的仕掛けであると思う。
真ん中の二人、2コマ作画なんですよね。この1カットになぜそこまでするのかと思うけど。
被写界深度を管理して視点を誘導する演出は02話時点でかなり目立っていて

#02
7462015004005_150430520.jpg7462015004005_150460110.jpg


焦点をズラしつつ、周辺にはノイズを過剰にばらまき、
明確な演出的意図をもって加藤めぐみの存在感を減殺しようとしてる。

#02
7462015004005_190490090.jpg7462015004005_190490240.jpg


このトモヤ君のうしろにいる客の後頭部などもノイズのひとつですね
こういうものを配置することで、わざとシーンの印象を散漫にさせてる。
「印象が薄い加藤恵」を表現するギミックであるわけです。

それにしても会話の主体のひとりを黙殺させる演出ってかなり無茶だと思うんですが
強引なレイアウトと撮影さんの頑張りもあって、わりと何とかしちゃってます。

撮影ではシリーズを通してパンフォーカスを意図的に回避してるというか
序盤からボケ味を徹底して管理する絵作りをしていて
それが05話Bパートのデートシーンで生きてくる

#05
7462015004005_070560080.jpg7462015004005_070590050.jpg
7462015004005_080010280.jpg7462015004005_080010480.jpg


02話と打って変わって、05Bでは徹底的に加藤恵をフォーカスする。
ここも周囲がいい感じにボケているので、人物がぐっと引き立ちます。

ここで僕らが気づくべきなのは、主観視点で加藤恵を見た時に
「加藤恵はかならずトモヤ君を見ている」という点です。


7462015004005_070520230.jpg
7462015004005_080060090.jpg
7462015004005_070570480.jpg
7462015004005_070590580.jpg
7462015004005_080000120.jpg


トモヤ君がオタクらしくショッピングモールの攻略に夢中なときも
加藤恵の視線は常にトモヤ君に向かっている
彼女はデート中、ほぼ常時にわたりトモヤ君だけを見てるわけです。

トモヤは加藤恵とのアウェイ戦=デートについて事前に金髪に相談したりしてるわけですが、
加藤恵はトモヤがプロットで煮詰まっているのを見ていて、
とにかく彼が自分とのデートを楽しんでくれることを考えてる。

直接の言及はないにせよ、このBパートには加藤恵の人柄や配慮、気遣いなど
彼女の魅力があふれている、そこへ撮影によって視点誘導してると

#06
7462015004005_200370490.jpg
7462015004005_200380250.jpg


そして06話Cパートで金髪の指摘に図星を突かれ、加藤恵が初めて「ムっとした表情」を見せる。
彼女にとってこれは「現実ではあり得ない表情」(#05)なので、
つまりは彼女自身がコントロールできない感情の初めての発露であり――

加藤恵は実際のところトモヤをどう思ってるのか、
表情変化にとぼしい普段からはわかりにくいのですが、
少なくともこの日、トモヤとのデートを加藤恵自身も心底から楽しんでいて、
かつトモヤに途中で去られたことに、彼女は内心で傷つき深く失望していた、
その事実がここで顕わになるわけです。


まあ結論を言うと冴えカノはすごいです。とくに撮影がすごい。
ただのテンプレ萌えアニメでは全然ないです。
この作品に関してはもうちょっと語りたいネタがあるんだけど、また次の機会に




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/474-5b0daf74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)