大匙屋

健康第一

光市母子殺害事件について僕が思うこと  

僕は現行の死刑制度自体は文明社会のあり方からいずれ廃止に向かうと思っているが
死刑制度廃止論者ではない。
日本にはかつて切腹や仇討ちといった報復哲学があり、命をもって償うという
「潔さ」を美徳とする国民感情が伝統的にあるから、死刑制度そのものを廃止に
するのにはまだまだ永い年月と議論を要すると思う。


光市母子殺害事件
'99年4月14日午後2時半頃、当時18歳の少年が山口県光市の社宅アパートに排水検査
を装って押し入り、女性を引き倒し暴行を加えようとしたが、激しい抵抗を受けたため
女性を殺害した上で強姦。泣きやまない娘を床にたたきつけ首にひもを巻きつけ絞殺。
女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋に放置し、財布を盗んで逃走。
少年は事件から4日後の4月18日に逮捕された。


高裁までの被告人側は「少年の犯行だから死刑にはならないだろう」と思っていたし
実際に無期懲役の判決も出ていた。
ところが最高裁は弁論を開くことを決定。
最高裁が弁論を開くということは、二審判決を変更する場合が多い。
二審判決の変更とは、死刑を意味する。そこで少年側は大慌て。
オウム裁判で松本智津夫被告の一審の主任弁護人を務めた死刑反対論者の急先鋒
安田好弘弁護士に依頼し20余名からなる大弁護団を結成したのが2006年の春。

被害者の夫である本村洋氏は現在「全国犯罪被害者の会」の中心的存在であり
犯罪被害者等基本法の成立に尽力した、安田弁護士から見ればまさに敵側の人物。
2000年の「改正刑事訴訟法」施行により、法廷で遺族の意見陳述が認められたことから
司法の現場では現在「死刑判決」そのものが増加傾向にある。
従来なら判例的に無期懲役が言い渡される訴訟でも死刑となるケースが出てきており、
マスメディアや国民の注目度が格別に高いこの光市母子殺害事件裁判では、
死刑制度廃止派は何がなんでも死刑判決を出すわけにはいかないのだ。
これでは被害者は到底浮かばれない。



この高裁差し戻し審がこのほどようやく始まった。
差し戻し審は、上級審の判断に拘束されるため、死刑判決の出る公算が大きい。


「弥生さんは、騒がれたため口をふさいだら誤って首を押さえ続け窒息死させた。
夕夏ちゃんは、泣きやまないので首にひもをまいて、蝶々結びにしたら、
死んでしまった」などと傷害致死罪を主張。強姦目的についても「被害者に
中学1年の時に自殺した母親を重ね、甘える思いで抱きついた」などと否定(毎日)

弁護側は殺意を徹底して否定し、傷害致死として死刑回避を主張する方針


首を押さえ続けたら窒息して死ぬなんて子供でも知っている。
首に紐をまいて結んだら乳幼児にとって危険なことぐらい誰でもわかる。
そこに殺意がなかったと弁護側はいうが
行動の結果として被害者の生死に加害者の関心が無かったというだけで
積極的に殺害しているのと何も変わらない。
殺す気がなかったのではなく大人しくなれば死のうが生きてようがどうでも
よかったのだ。自己中心的で短絡的な行動であり、酌量の余地など何処にもない。


マスコミはこぞって報道し、国民は「こんな糞みたいな奴死刑でいいじゃん」と
投げやりな感想しか持たず、判決ではその「国民感情」に「配慮」と言われ
国民感情に配慮して死刑判決が出ると今度は人権擁護派が騒ぎ出す。
何かがおかしい。
じゃあマスコミが一切報道しなければ死刑判決は出ず無期懲役になるのであり
遺族が涙ながらに口頭弁論に立たなければ裁判は判例どおりに結審し
事件と関係のない赤の他人が注目するか否かで事件の真相が変わると言うのだろうか。
こんな世の中が本当に正しい法治国家の姿なのだろうか。

弁護側は事件の真相云々よりもとにかく「死刑回避」しさえすれば実質勝利。
検察側は死刑判決が出るまで戦い続け、結審すれば終了。
マスコミと国民は死刑確定となれば事件終了。そして別の話題に移行。
本当にそれでこの事件が終了し、被害者遺族が満足するというのか。

死刑制度自体が犯罪抑止力になっているかどうかなんて
正直僕にはわからない。
少なくとも、この光市母子殺害事件に関して言えば
今の調子で裁判が終わっても事件そのものは何一つ解決しない気がする。
僕は死刑制度廃止論者というわけではない。
だから被害者遺族代表である本村洋氏が死刑判決を強く望むのであれば
僕も彼の意見に同調もするけれど

こういった事件が本当に実質的に終わりを迎えるとしたら
それはこれから先、たとえどんなに永い時間がかかっても
加害者自らが起した過ちを正しく理解し、心から後悔した時ではないのかと思う。
事件当事者でない人間は、弁護人、検事、司法関係者は無論
マスコミや国民にいたるまで
特定の主義主張のために真相を捻じ曲げることなく
どういう理由でこのような痛ましい事件が起こったのかを詳らかにし、
どのようにすればこういう事件が起こらない社会を構築できるのか、
そのために今起きている事件の加害者、被害者をどのような司法的結論に
導いていくことが正しいのか、
そういうことのために知恵を出し合うことこそが健全な社会のあり方であるはずだ。

加害者が心から後悔する時が将来に渡って本当に来るとは限らないから
多くの人は極刑を望むわけだが、それが絶対に来ないとは誰にも言い切れない。
「加害者を死刑にしてくれ」と主張する権利が本当にあるとしたら
それは被害者本人と加害者本人だけではないのか。
こう考えるのは僕の薄甘いロマンチシズムなのだろうか?

「こんな奴死刑でいいよ。死刑にしろよ」と言い募るのは簡単なのだが
本当に遺族に対して必要なケアというのは、報復感情を満たしてやることではなく
社会全体が「その事件があったことを忘れないこと」ではないかと思う。
なぜその事件が起きたのか、考える。考えてもわからないけど、考え続ける。
加害者でも被害者遺族でもない他人が、理不尽な目に合わされた被害者を哀れに思うとき、
本当に出来ることとはそれだけのような気がする。
そしてそれだけのことを、やろうとする人はあまり多くない。

凶悪犯罪者が死刑になって、ざまあみろと観客気分で面白がってるうちは
世の中からこういう痛ましい事件は一向になくならないのではないのか。


スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 1   cm: 5

コメント

こんな奴死刑でいいじゃん、と言ってる人は自分が彼を死刑執行できる自信を持って言っているのでしょうかね。フランスのある裁判官はあまりにもひどい殺人者に死刑の投票をしたそうですが、執行場面を経験した後では予想とちがって「戦争でいろいろ残酷な場面に遭遇した時にもあれほどやましい気持ちになったことはない」と言っています。何カ月も夜毎死刑の思い出にうなされたそうです。私もどんな酷い殺人者であっても、彼を絞殺するのは絶対にイヤです。自分がイヤでたまらないことを人にやらせるのはたまらないことですよね。と私は思うのですが…。

URL | 真知子 #-
2007/05/25 23:17 | edit

こんにちは
このエントリは興奮しながら一気に書いたのか、
なにをどう批判したいのか自分でもよくわからない
典型的にダメな文章になってますね。


光市母子殺害事件に関しては
一審、二審と無期の判決だったわけですが
判例からいってまあ妥当と言うしかない判決なんだけど
原告の熱意によって死刑判決になりそうなところまで
来ています。
文中にも書いたように、僕はそれはそれで構わないし
遺族の方々が少しでも救われるのならそれでいいという気持ちもあります。

だけど、それなら二審まで何故無期の判決が出たのか、
なぜ無期の判決が妥当とされたのか。
そういうことを丁寧に伝えるのがマスコミの使命であるはずで
それについて何が問題で、何故無期でなく死刑でなければ
ならないのかを説明する責任が検察にあり、
なぜ死刑でなく無期でなければならないかを
説明する責任は弁護側にあります。
そして我々は、我々にとってこの事件に本当はどういう判決が妥当で
それによりどういう社会が我々にもたらされるのかを
真摯に考える必要がある。

はずなんだけど
なんか真面目にこの事件や裁判と向き合ってる人がいなくないか?
そんな気がするわけです。


被告は外道の極み、死んだほうがましな人間なのかもしれないけど
まだ若い。
本当に絶対にやり直しはきかないんだろうか?
僕にはどうしてもそこがちょっとだけひっかかります。


URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2007/05/27 18:53 | edit

真知子さんのコメントとCeeoさんの返信をならべて読むと、何となく最初のテキストでCeeoさんが書きたかったことの問題点がわかる気がします。
先日、友人からのメールで「犯罪被害者支援のボランティアを始めた。今度講演会があるからこないか?」というのがありましたので、行ってみました。
某大学のコーラスサークルのアトラクションの後で、息子さんを二人組の大学生に蹴殺(という言葉があるかわかりませんが)されたというご婦人の話がありました。
その方のお話の内容は省略しますが、結論をまとめますと、「極刑を求めるのは簡単。だけど、被害者家族が求めるのは、なぜ、息子が死ななければならなかったのか、その真実なのです」ということなのではないかと思いました。
更正と再犯。その可能性はどちらも未知数です。
ですがもし仮に、再犯があったときには「あのとき絞めてしまった方がよかったのではないか」という意見ではなくて心情が圧倒的多数になるでしょう。
そのどちらにおいても完璧な責任は取れない。その狭間で検察と弁護側が綱引きをしているのが裁判ならば、どこかで誰かが線引きをしなければならないということ、その機能を裁判所がしているということを考えなければならないのだということを、本件では感じました。
個人的には、「絞めてしまった方がいい」と思っています。立場をはっきりさせないと、無責任な感じがしますのであえていいますが。
それは、犯罪の凶悪性に由来しますが、そのなかで「生後11ヶ月」の娘さんを殺害しているという一点において、極刑もやむを得ないだろうなあ、という感想を禁じ得ません。
『赤ん坊を殺すなんて、鬼畜のすること』というヒューマニズムの問題でいうのではありません。暴力の性質の問題なのです。我々は、生後11ヶ月の「赤ちゃん」を目の前にしたときに、「どれくらいなら死んで、それくらいなら怪我ですむ」ということの見当をつけることができるでしょうか?たぶん無理です。ほとんどの場合、かなりの負荷がかかれば、赤ちゃんは死ぬ、という認識を持っていると思います。つまり、「確実に殺せる相手を、確実に殺してしまった」という論理が成り立ちます。
ちょっと理屈っぽくいうと、結果は
A=B
だけれど、
当初の目的発生の時点では
A≠BあるいはA≒B
だった、というのと、はじめから
A=B
というのではやはり、結論が変わってくるのではないかと思うのです。
それが、裁判の用語の中では「殺人」か「傷害致死」かという争点になってくるのですが。

差し戻し審ですから、Ceeoさんのおっしゃる通り、死刑判決でしょう。そのことについては、確かに真剣に考え続ける必要があります。いろんな立場から「何故そうなったのか?」ということをみんなで広く考えるべきです。
そして、ここに、こういった書き込みをしたからといって、なにも自分が免罪符をもらえたわけではないということも、自分の心のどこかにとどめておかなければならないと思うのです。

今、パチンコ屋では、「必殺仕事人3」がヒットしています。ヒットの理由はパチンコ台のシナリオの面白さが第1ですが、
「こんなご時世、真剣に向き合いたくない『悪いやつ』を主水に葬ってもらいたい」
という潜在意識も働いているような気がします。証拠は出せませんが・・・。

通りがかりが、長くなりました。
失礼しました。


URL | Q-works #-
2007/06/03 01:45 | edit

こんばんは

一審で無期の判決が出たとき、本村氏は会見で
「死刑でなければ無罪にして欲しい。そうすれば出所した時、私がこの手で
彼を殺します」とまで発言していました。

この発言は同情も批判も浴びたわけだけれど
僕が本村氏の友人なら殴ってでも彼を止めるでしょうし
絶対に人を殺させたりはしません。
例え相手が妻子の仇敵であっても。
ただ、そこまで深い悲しみと怒りに包まれてしまった彼の心情を、どうにか理解
しようと努力します。
到底他人には理解できないかことなのかもしれないけど、努力はしたい。


本村氏は現在ではもう、ある種の運動家になってしまっています。
本件の被告が死なないかぎり彼は彼の戦いを続けるでしょうし
あるいは死刑になっても彼の戦いは続くのかもしれない。
どうして周囲はそこまで彼を孤独にしてしまったのか。
何故彼に同情するばかりで、誰も彼を救おうとしなかったのか。

「こんなひどい犯罪者は死刑でいい」と簡単にいう人は本当に多い。
でもそういった他人の発言に本村氏自身は一切の誠実さを感じないと思う。
感じていたら、彼は運動家になんてなっているはずがないんです。

凶悪犯は裁判にかけて吊るしてしまえばいいと思っている。
死刑制度があれば凶悪犯罪はなくなると思っている。
犯罪被害者は会見で涙を誘ってくれればいいと思っている。
なんかもう、みんなでそこにドラマと、クライマックスと、カタルシスを
求めてる一種の裁判ショーみたいになってます。

面白がんなと。
あんたらの家族が殺されて、あんたらが本村氏になるかもしれないんだと。

>被害者家族が求めるのは、なぜ、息子が死ななければならなかったのか、その真実
まさにこれなんですね。

どうすれば身内の理不尽な死を受け入れて、現実と向き合えるのか。
不幸な事件を乗り越えて、今までのように暮らすにはどうすればいいのか。
それを教えて欲しい。

そう聞かれたときに、裁判ショーを楽しんでるいまの僕らは
誠実に答えることができるんだろうか。と思いますね。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2007/06/04 22:34 | edit

おそらく、死刑判決になりそうな今、彼は反省してるだろう。しかし、二審で無期が出た後の彼の手紙を見ると、反省は無かったな。仮定の話だけど、再犯の可能性大だったと思う。

URL | ぺぺ #0XRdnfMc
2007/06/27 12:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/47-9f7179ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安田好弘

安田好弘安田 好弘(やすだ よしひろ、1947年12月4日 - )は兵庫県生まれの弁護士。第二東京弁護士会所属。経歴* 1975年 一橋大学法学部卒* 1977年 司法試験合格* 1980年 司法修習修了主な担当事件1980年8月の「新宿西口バス放火事件」、「山梨幼児誘拐殺

みずきのblog | 2007/06/07 04:03