大匙屋

健康第一

2013秋アニメ ダイヤのA  

■ダイヤのA http://diaace.com/

7382015001015_200220130.jpg


投手としての素質をスカウトに認められ、地方から都内の強豪校に野球留学した少年。
素人同然だった彼は、先輩・仲間たちとの出会いやハードな練習によって徹底的に鍛えられ、
その才能を次第に開花させて、「絶対的なエース」を目指し日々成長を遂げていく。

というような話でした


7382015001014_030190003.gif7382015001014_030190004.gif


立中順平さんが全話アクション作監ということで、彼の仕事目的で見ました。

元請はマッドハウスとIGの共同制作ということになってますが
5クールを越え現在も放送中の長丁場なんで制作も複数のスタジオでローテしてて
中には不安定な回もありますが、おおむね作画は安定してます。
でも時折、なんてことない走りの作画などで妙なとこが目立つ気がします、
あと口の描き方が喪黒福造みたいです。


7382015001015_080590010.jpg7382015001015_190250350.jpg
7382015001015_220270470.jpg


こういうアブノーマル色を多用するあたりがマッドハウスらしい感じ、暗転も多い
逆にIGらしい緻密さはナリをひそめてる


#53
7382015001014_030190001.gif


油断するとこういうアホみたいな絵が飛び出してきて笑う
このカットで「抜けたー!左中間真っ二つ!」とかアナウンスが入る

#62
7382015001014_030190002.gif


こういう絵も。画面分割でわざわざ右側を隠すんで、アホさが余計に際立つ。
球が止まってるのに袖がパタパタしてるみたいな、こういう絵が何箇所かあった。
止めだけど、意味的には袖がパタパタしてていい場面もあるんで、区別が必要だけど

僕が子供の頃「釣りキチ三平」というアニメがありましてね。
まあその作品、作画は全体的に地味だったんだけど、そのOPの最後で三平くんが、
でかい魚を持ち上げてジャンプしてる絵があったんです。
ストップモーションで三平君は空中静止してるのに、
両手で持ち上げてる大きな魚がぴちぴち跳ねてるのね。
その絵を見て「なんだこれ変だろ」と僕は思ってたんだけど、昔のアニメはそういう、
よくわからない絵が多くあった。それを思い出した。

何を狙ってというか、どんな効果を期待してこういう絵を作ってるんでしょうね?


#44
7382015001014_050200530.jpg


モブコピペ
こういうのも、もう少しうまく作れるはず・・・と思うけど
まあ現場には余裕が無さ過ぎたのかもしれない



7382015001015_080170070.jpg7382015001015_080390560.jpg
7382015001015_080580030.jpg


提供スポンサーであるミズノ社のタイアップ
用品に関しては理解できるけど、このEDの背中ロゴは露骨過ぎると思う。
恥ずかしくないのかな、こういうの作ってる側は。どんだけ一企業に媚びるんだ。


7382015001014_030190570.jpg7382015001016_010200330.jpg
7382015001015_160090090.jpg


練習や試合などの描写は、やはり止め絵や撮影による処理が目立つものの、
止めても数秒持つほど上手い絵があちこちにある。
複雑さのないシンプルな展開の面白さも手伝って
違和感なく見られます。

僕はもっと凝ったカメラワークとか構図を期待したんだけど
まあ、そもそも題材が高校野球ですしね。メジャーリーグみたいなことはできようもない

シンプルな展開の面白さと書きましたが、作品の土台となる成長物語のほかに、
作品を彩る、個性あふれる相手選手たちとの数々の勝負というものがあります。
豪快な速球がミットに決まるときの地響きのような迫力や、弾き返すときの爽快な打球音、
負けられない思い、ぶつかり合う意地、そしてよどみのない、わかりやすい決着。
スポーツだからルールがあって、だからこそどんな無頼漢との戦いにも一定の秩序があり、
純粋に敵味方の力と技術の差、そして知恵の優劣が試される。
本作はさすがに人気少年漫画原作だけあって、そこはまったく外していない。


演出面では、回想で情緒的な仕込みをして盛り上げて盛り上げて
最後に冷や水をぶっ掛けるようなところが何回かあって
そこが面白いと思った、#46とかがそうですが


7382015001014_170020430.jpg


仲間が支えてくれる頑張れる!この一球にすべてを賭ける~みたいな盛り上げで
流れる音楽も悲壮感が込められてて、これはいけるみたいに思わせて


7382015001014_170020560.jpg


突然カキーンと打ち返される、みたいな
もうね、演出が暴力的。大好きですこういうの



#62
7382015001015_160080570.jpg
7382015001015_160090030.jpg


稲実戦については
沢村登板時のわくわくする感じ、臨場感がすばらしくて
そこは本当に良かったです。

ただ試合内容は「ああなんか強引に、無理に負けさせようとしてんなあ」というのが
経過から伝わってきて、見ていて少し萎えた

「現実って甘くないんだぜ」「絶対的エースがいないと勝てないんだぜ」みたいな
そういうのを伝えようとしてんのか。5クールも掛けて。
まあ原作付きなんで、そこは仕方ないんだけど

ただ非常に丁寧に、ちみつに積み上げられてるせっかくの作品なのに
試合では相手の執念に気圧されるとか、最後はけっきょく気持ちだ心の強さだみたいな
あいまいな精神論に持っていくのは、もうよせばいいのにと思う。
王道的というより、ありふれていて普通。
この経験を踏まえて登場人物がより大きく成長していくのはもちろんだとしても、
これに掛かけられた60数話はあまりに長過ぎると言わざるを得ない。



作画
アクション作画では50話のフィールディング練習が良かった

#50
7382015001014_030190005.gif
7382015001014_030190006.gif
7382015001014_030190008.gif
7382015001014_030190007.gif



#63
7382015001014_030190042.gif7382015001014_030190041.gif

3K中9
多数の懸案を抱えた、重い足取りといったところ
両足が平行すぎる

#11
7382015001014_030190440.jpg7382015001014_030190441.jpg


なんかおっぱい凄い


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/464-2412dad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)