大匙屋

健康第一

2013秋アニメ マギ The Kingdom of Magic  

■マギ The Kingdom of Magic http://www.project-magi.com/

7372014012022_020500370.jpg


すべての魔法使いの頂点に君臨し、同時代に3人しか存在しない大魔道士「マギ」
そこへ4人目のマギとして現れた謎の少年と、彼によって「王」に選ばれたひとりの若者を中心とする
中世アジア風の魔法&冒険ファンタジー。の、第二シーズン

原作は王道的な少年マンガで単行本は1700万部も売ってる大ヒット作
アニメは2012年秋のTBS系、日5(全25話)を一期とし、
ビデオ売り上げは各巻5~6千枚といったところでした。
原作の売上や人気、潜在力から言えば、数字的に物足りないアニメ化なのかもしれない


#10/#14
7372014012022_230020570.jpg7372014012024_070580130.jpg


作画はまあ、う~~~ん、どうなんやろなコレはという感じで
この2枚もそうなんだけど、何かがヘンなんですよ。細かい話ですが

序中盤の一部アクションと、終盤のスペクタル部分とエフェクトには見応えがあったものの、
大半はまあ、シンドそう、というか本当にこの程度しか描けないのかなあというか
まあ当然いろいろ事情もあるんでしょうけど。少なくとも絶賛はしづらい

#09
7372014012025_030010509.gif


ここは小島崇史さんですね。オバケといったほうがいいのか、長剣の動きが印象的
強い光と密着引きモブのボカシ、背動の対比で空間に奥行きが生まれてる感じ
ノーマルの柱がちょっとペラペラで浮いてますが


7372014012025_030010480.jpg7372014012025_020550270.jpg


ステージ上の人物のアウトラインの周囲(主に上半身)に
ディフュージョンフィルターのようなものが掛かってるのが見えるでしょうか。
この強い光源の表現は「はじめの一歩」なんかで見た記憶はあるのですが
どうやってるのかはちょっと分からなかった。覆い焼きとか、いろいろ技法があるらしいんだけど。

#24
7372014012025_030010524a.gif


これは24話の巨人ですね。さすがの京田コンテ
よろけのタイミングとか、関節と筋肉の動き、作画もいい。


7372014012025_020040140.jpg


外周のカベと地面の市街地でうまいこと巨大感を作ってる
イイですよねここ。ちょっとエバンゲってる。倒れ芝居もいいんだこれ

他にも

7372014012025_030010524b.gif7372014012025_030010524c.gif


#24はわりと総力戦だったような感じ
面白い構図やゾクゾクするようなタイミングの妙がいっぱいあった。
25にいたる海上戦は魔砲戦になるんで、ちょっと単調

#25
7372014012025_030010525.gif


25のコレはなあ・・・
せっかく頑張ってケムリ描いて人物描き込んで・・・でも海面CGが全部台無しにしてる。
全員で極大魔法打ち込んで、ものすごい大爆発起こしておいて、このベタ波はないよ。
なんでこれでOKが出るんだろう




7372014012023_070500180.jpg


ストーリーに関しては、原作はファンの心を掴んでるわけだし
アニメは2期ということもあるし、未完でもあるしで僕が語っても仕方ないんですが
1点だけ

#05
7372014012024_070040070.jpg7372014012024_070040170.jpg


海賊島ですね。
せっかくチビッコ海賊なんだから、侵入者撃退トラップをたくさん仕掛けるべきだろと。
楽しそうな子供たちにあの手この手で翻弄されるアリババたち、
そういうのは子供が一番得意とする分野なはずだから、やらないわけがない。
ああいう場所を与えられたら、子供たちは夢中になって遊び倒すと思う。

どうも原作者は女性作家さんだからか、秘密基地ごっこみたいな話には
あまり興味がなかったのかもしれない。
この作家にとってのチビッコ海賊は、必死の形相で刃物を突きつけてくる連中なのね。

アクティアの港町が大変辛気くさくて、海賊島も辛気くさくて、
アクティアに戻ってもやっぱり悲惨で、登場人物が楽しそうにしてる場面が
この章にはほとんどない。僕はもったいなかったと思いますね。


#21
7372014012023_210060380.jpg


レームとの戦争が止まった後、コウ帝国がやってきて、学長先生が闇落ちする
このときに学長先生が
「5位の王が魔道士を使い倒すのと、自分が部下を死なせてるのと、同じではないか?」
みたいな自省をする、このくだりは非常に良かったと思います。

マギの世界には倫理的宗教がないので
集団の指導者を戒めるための戒律が存在しない。
学長が自己批判に踏み込めるのは実は画期的なことなのかもしれない。

誰もが悪人であり善人でもある、
ふだん穏健そうなシェヘラザード様が本当は非常に好戦的であったり
腹黒そうな錬紅炎が学者肌であったりと、どの人物も一筋縄でいかないところが
この作品のおおきな魅力のひとつなのでしょう。

#22
7372014012025_0300105b82.jpg


エン兄
ここはセリフがあまり良くない。わかりにくい。


#09
7372014012024_180580590.jpg


チョコチョコ入るデフォルメとギャグ
僕はせっかくの緊張感が途切れるのであまり好まないんですが
これもファンには愛されてる部分なんだろうな。



今後の展開は――

シンドバットとも激突しない、シェヘラザード様とも激突しない
錬紅炎とも激突しないで
何となく馴れ合ってしまう展開なら最悪なんですが、
でも結局そうなってしまうのだろう。

登場人物いっぱい出てくるけど、立場や属性が違うだけで基本的な性格や思考能力は皆同じ、
どの台詞をどのキャラに言わせてもそんなに違和感ない
おそらく最後は錬玉母に知恵ダイブして本音をさぐり
ソロモン&白龍への謝罪とか言わせて成仏させて終わる
そういう話になるんだと思う




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/459-dc9fa7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)