大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

志乃武丹英の新刊と装丁  

志乃武丹英の新刊が出まして。


91+yxXx3hiL.jpg


やはりちょっと支障があるみたいなんで画像一部修正で。
リアルで周囲の人にはほぼ理解してもらえないんで
多分ココで書いても伝わらないだろうと思うんですが
僕はエロマンガの「装丁」を見るのが大好きでしてね。

出版各社にはそれぞれにお抱えのデザイナーがいて、単行本の装丁や
ロゴデザインを担当されてます。三和出版であれば井上剛志さんであったり、
茜新社であれば宮村和生さんのように中心的なデザイナーがいて、
それぞれ独自に工夫をされてると。

そんな中で富士美出版、こちらも老舗ではありますが
装丁家・デザイナーの名前をあえて公表してないとこもあるわけです。
この富士美コミックスの中で、数年前から異彩を放ってるデザイナーが一人いるんですよ。
名前わからないんですけどね。でもデザインで毎回この人だとわかる。
以前、富士美出版さんにこのデザイナーについて問い合わせてみたことがあるんですが

「個人でお仕事を受けていただいてる方なので、
個人情報保護の点からお教えすることは困難です。」

とのことで、やっぱり教えてはいただけなかった。まあ普通そうですよね。

「この方は弊社の単行本を毎月1冊はデザインされてます。
引き続きご愛顧頂けますと幸いです。」


81URGbh05.jpg91+yxXx3hiL.jpg
志乃武丹英「義妹禁断衝動」富士美出版 (2014/11/25)

で、この方が志乃武丹英作品の装丁をここ数年ずっと担当されてて
これがイイんですよ。良くないですか、このロゴ。
あんまり理解してもらえないんですけど、僕は好きなんだなあ。


81URGbh04.jpg81ReThJzoPL.jpg
義妹絶対領域 (2011/4/25)


81URGbh02.jpg71zHg2KnFAL.jpg
義妹熱愛領域 (2012/5/25)


81URGbh03.jpg81FmeLwb5pL.jpg
義妹処女幻想 (2013/10/26)

ギリギリ読めない、でもなんか「攻めてる」感じがビシビシ伝わってくる



DTPソフトというものにこの10年で起きた変遷、
ページメーカー→クオーク→アドビインデザインという流行の変化があった、
でインデザインが主流化したとき(2008年ごろ)にデザイナーの若返りというか世代交代があって
そのあたりで現在のエロマンガ装丁もひとつの完成を見たと思うんですが、
このデザイナーも多分そのころに出てきたような気がしてます。

まあ本当は「なんか少しでも情報欲しいな」という話なんですけどね。




以下同じデザイナーと思われるデザインのいくつか,
すべて富士美コミックス


81URGbh13.jpg
GW-00416.jpg
あさぎ龍「初めて恋をした」 (2009/7/25)


81URGbh12.jpg
815-2tNM8BL.jpg
幾夜大黒堂「夢見るお嬢様と僕らの愛情」 (2010/8/25)



81URGbh08.jpg
81URGbh-6PL.jpg
睦月「誘惑スイートタイム」 (2012/3/24)


81URGbh07.jpg
81SYVpeKlBL.jpg
そよき「ぢゅぶぢゅぶないる」 (2011/8/25)


81URGbh06.jpg
81GRBkUHyzL.jpg
アーセナル「でびるちぇりーぱい」 (2012/10/25)


81URGbh11.jpg
810kUkTIptL.jpg
たまごろー「サンキューベリービッチ」 (2014/2/25)


スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/457-060b46cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。