大匙屋

健康第一

2013秋アニメ フリージング ヴァイブレーション  

■フリージング ヴァイブレーション http://freezing.tv/

7332014011029_080090570.jpg


巨大モンスター「ノバ」と戦うため、人類の切り札として作り出される女性戦闘員「パンドラ」
その養成学校を舞台に、接触禁止の女王と呼ばれるサテライザー・エルブリジットが
支援者「リミッター」を担当する年下男子カズヤとコンビを組んで戦うバトルアクションアニメ。
の、第二期。

もっとも、パンドラとリミッターのコンビという設定は前期の時点ですでに活かされておらず
カズヤをはじめとする男子たちは、ほとんどの戦闘で単なる立会人/傍観者であることが多い。
リミッターの操る「フリージング」も、作品を総合的に言い表すタイトルとして相応しいか微妙。


7332014011027_080290222.jpg


もともと色んな作品からよさそうな設定だけ借りてきて節操なくまとめてる作品で
深く考えずにスタートして人気の出そうな方向に適宜修正していった結果こうなったという感じ。
別にそれはそれでいい、そんなのは普通のことで、そういった作品はごまんとある。

ただカズヤという主役級が、パンドラとリミッターの関係を象徴する「イレインバーセット」という
五感共有システムを、特異体質により無視して戦えるという話にしてしまったり、
さらに主目的のはずの怪物ノバとの戦闘よりもパンドラ同士のフリーバトルがメインになって、
リミッターもフリージングも存在価値をいちじるしく下げてしまいました。
けっきょくフリージングは「とっさの不意打ちバインド技」という扱い、
リミッターに至っては、必要なのかどうかさえわからないレベルでモブ化してる。


7332014011027_080290218.jpg

#11において
ノバに精神支配されたサテラの深層にカズヤがダイブして救出、これもよくある話ですが
この深層心理の世界にラナ・リンチェンが飛び込んで来て、もうメチャクチャやなと。
シフォン会長も動けない強力なフリージング展開中にラナが干渉できるはずがないんですよ。
実はラナもエイ痕を持ってました、みたいな話にどうせなるんでしょうけど。


借り物づくしの作品なんで、「聖痕は大切な人を守るための力である」的な、
一番ありがちな友愛の尊さ設定から逃れられない、その陳腐さを越えられないわけです。
あらゆる登場人物がそこに縛られる。

これが妙な方向に話が膨らんで、守る対象が守りようがない事態になってしまった結果、
今回サテラは主役の主体性を放棄し、シリーズのクライマックスを他人に丸投げ、
サテラは見てるだけというアホみたいな話になってしまったわけですが。

#09
7332014011028_200320340.jpg


エルブリジット家の査察を取り付けた時点でアミリアの蜂起は意味がないわけで、
実際アラスカに戻ったサテラもアミリアを止めようとします。が――


7332014011028_200430040.jpg

「では急ごう」

大原の研究室に殴りこもうとするアミリアを、なぜか急に応援する側に回るサテラ。
これ、カズヤとラナは「は?」という気分だったんじゃないかな。
意味がわからない。止めるんじゃなかったのかと


7332014011027_080290166.jpg7332014011027_080290167.jpg


大原が実験強行したのは命令があったのと、本命の別研究を続けたかったから。これはいいとして
マークスペンサーがジリ貧のEパンドラ計画に固執し、継続を強行しようとした理由が不明。
成果が皆無でも、外道に堕ちても、プロジェクト存続に人類規模のメリットがある、
その大儀を彼の口からきちんと語らせなくて本当によかったのか。

「誰かがが悪役を務めねば。それで多くの人が救われるなら」とか言ってたけど
目的と手段が逆転したのかもしれない。「俺が悪役を務めれば人類救われる」みたいな


7332014011029_080080270.jpg


会長が状況を見据えていながら、なおシュバリエとEパンドラ計画を支持した理由も不明。
この人、ただ一人事態の悪化を防ぐことができる立場にいたはず。
なんで最後まで木で鼻をくくる対応に終始してたのか。
エリザベスの行動を放置して見殺しにしたのは会長じゃないの?それは自己責任なの?
それでクライマックスに「私は仲間たちを守ると決めました」とか言ってるけど
つまり、最初は守る気なかったの?

というわけで、この会長にもありとあらゆるモヤモヤが残ったままです。

#06
7332014011027_080290110.jpg7332014011027_080290109.jpg7332014011027_080290111.jpg


良かったと思うのはルイス編
これはルイスが一方的に悪役なのはもちろんそうなのですが
サテラの「好きにすればいいじゃない」という投げやりな言葉でルイスが傷つき壊れていく、
このあたりの救いの無さが良くできてると思いました。

愛される理由が何もなく、けれどあふれ出てくるような愛情を、どう表現すればいいのか、
一体どうすれば相手の心に届くのかという
失礼ながら、この作品にはちょっと難しすぎる水準の命題なんだけど
限られた尺でわりと正面から取り組んでいて、純度が高く、そこだけは凄い。

片思いの相手と片思いのままセックスしてもあまり嬉しくないんだよな。
相手が自分を見てないことが、ひたすら悲しいだけで。


7332014011027_190010310.jpg7332014011027_190090200.jpg
7332014011027_190100290.jpg7332014011027_190110310.jpg


作画は、女の身体はよく描けてるなー上手いなーと思いながら見てました。
アクション演出はスロー多用気味だったり省力的であったけど、うまく迫力は出せていた。


7332014011027_210420470.jpg7332014011027_210430220.jpg


もともと登場人物がむやみに多いのと、分身技があって作画負担は高いと思うので
あまり凝ったアクションが見られなくても贅沢は言わない
それでも1期第12話をしのぐ死闘を終盤に一回くらい、と期待したけど適わなかった

それよりもバトル時にどいつもこいつも冷静で、技の見せ合いに終始し単調になりがち。
「あらどうかしら、みせてあげるわ」みたいなのばっかで、勝敗にムキになる者がいない。
どのバトルも当て馬式でもったいない。そこは本来盛り上がれるはずのところだから。

序盤とか特に、合宿気分でなごやかにやり過ぎだと思う。
終盤シュバリエ派とEパンドラ派に分かれるけど、ああいう展開でも理屈をこねるより
「ちょうどいい、こいつムカつくブっ倒す!」みたいなノリでいいはずなんですわ。
赤髪の、ロックサンヌ・エリプトンなどは典型的なそういうキャラだと思ったんですけどね。

ノバが攻めてきて地球は大変なんだけど、なぜかパンドラはパンドラ同士で戦ってる、
みんな自己中心的でプライド高く、序列をわからせてやるとばかりに相手を見下し食ってかかる、
お前らそんなことやってる場合じゃねえだろ、というのがこの作品の面白さの部分なんで、
女子同士の雰囲気はもっと殺伐としてるべきだし、マッチアップ前提のプロレス的アングルセットにも
力を入れるべきと思うけど、多分この作者はキャッキャウフフのほうが描きたいんだろう。

ああそれと、ロックサンヌといえば

#08
7332014011028_210300080.jpg

「この研究所おかしいよな?」
「ここにノバが現れたりしないよな?」
「この奥にフォトンジェネレーターがあって、核の一億倍だけど、もし壊されたら地球がヤバいよな?」
この08話、1シーンで怒涛の連続フラグ立て。凄かったです。ギャグかと思いました。


7332014011028_150070340.jpg7332014011028_200180310.jpg


あとはサテラか

巨乳・長髪・ロングスカートでシルエット綺麗に描くのは難しい、というか無理なんじゃないかと思う
プリーツのせいでよけいにぞろっとして腰高、戦闘姿勢だとバランス悪く見えてしまう。とくに後姿
これで得物がレイピアみたいな細剣なら要所で決まったポーズも取れるんだけど
武器もなんかあんなだし・・・
ってこれ前期にも書いた気がするな


7332014011028_150370350.jpg


まあ今回のシリーズはこのカットが見れたのでOKです
わざわざ遠い異国まで出向いて、せっかく各国の使い手が集まってるのに
身内と戦うってのもどうかと思いますが。




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/454-61ae4969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)