大匙屋

健康第一

2013秋アニメ ストライク・ザ・ブラッド  

■ストライク・ザ・ブラッド http://strike-the-blood.com/

7282014009028_020480489.jpg


「第四シンソ」と呼ばれる最強の吸血鬼になった高校生コジョーが
「シシオ機関」から派遣されてきた監視役で槍の使い手・美少女JCとともに
降りかかる困難に立ち向かい戦い続ける痛快娯楽作品。でした

珍作アスラクラインの作者ということで、物語はこまかい整合性よりも
ノリと様式美を重視した王道的厨二物の作りです。ハーレム要素もあり。


7282014010001_100380301.jpg


女性陣は一部デザインに深刻なキャラかぶりがあるものの
おおむね可愛らしく描けている
作画はカメラが引いた絵になると急に乱れたりするけど、
アップの絵では上手に誤魔化せてる。別にこれでいいと思う。
制作にはやはり余裕はなかったようで、おもにワンパック回の作画が少しきつい


7282014010001_020300300.jpg7282014009030_050260250.jpg


美術に関しても微妙に粗さが目立つが、
おそらくレイアウト作業が押したせいなのだと思う。

GREENは同シーズンにアウトブレイクカンパニーとガンダムBFを回しており
制作期間が重複していたか定かではないけど、多少のしわ寄せはあったかもしれない。
ていうか、同シーズンは池之上由紀が仕切ったアウトブレイクカンパニーの美術が良すぎた。

このストブラは渡辺三千恵という美監が仕切ってるんだけど
この方は僕が「三千恵ブルー」と勝手に呼んでいる青色の使い手


7282014009028_020480490.jpg7282014010005_090130530.jpg
7282014010006_030560060.jpg7282014009028_050330462.jpg


とにかく青が綺麗なんだ、この美監の作品は。興味のある方は過去作品をチェックするといい。
この作品は肌や洋服、髪色に「血の赤」がどんな光源下でも映えるよう色彩設計されていて
結果的にプロップや背景色は青系統が増えるわけだけど、
そこに美監として渡辺三千恵をつれてきたのは正しい選択だったと思う。


7282014010006_030340220.jpg7282014010006_030360050.jpg


作画に関しては、これはもう普通に描くのがきつかっただろうと思う。
武器類は基本的に手描き、エフェクトも多くて人物も多い
アクションシーンには目を見張ることは少ないし不満点もあるけど
そもそも予算、時間、マンパワー全部余裕ないのは見てればわかる

#21



これとか描くの大変そう

#18



良かったのはここのエフェクトとか
他にもいくつかあったけど、ど忘れ

#17
7282014010001_100380300.jpg


ここは日笠が悲鳴を上げつつバトラーの蛇に食われる、
大変ショッキングなシーンであるはずなのだが作画のせいで笑いが込み上げてくる
右側がこれに続くカットなんだけど、僕も目を覆いたい気分だった
この時のセリフが「誰か助けて!」だったんだけど
僕も誰か助けてやって欲しいと思った。作画的に

#08
7282014010006_030360190.jpg


CGメカのセルルックな仕上がりはかなり良かったと思う。
ほぼ作画と遜色ない、見分けがつかないレベルだった気がする


#07
7282014010006_020060550.jpg


ストーリーはまあ、この作品の場合あまり重要じゃないんだけど
ガルドシュとかいうテロリスト、白昼の学校に殴り込んで女生徒拉致したり凄かったけど
そもそもリスク冒して拉致する必要なかった。
島民全部人質なんだし、全部オンラインでアサギに指示すればいい話だった

#12
7282014010006_020500070.jpg


あとカノン父の事後処理。
第四シンソが復活したら世界混乱するから娘を魔改造したと。
こういうことを理性で判断してる点がよくわからなかった。

もっともらしい理由をつけて
「あんたの気持ちはわからんでもない」みたいな話のまとめ方は不快です。
「世界>娘」という優先順位な時点で人の道は踏み外してると思うんですよ。
そんな彼に職業人として生きる道を与えるのも理解できない。
これは救済にもなってなければ懲罰にもなってない。

多分これがこの作家の想像力の限界なんだと思うんだけど
父親が娘を改造するって、「娘を心底愛していたから」以外の理由は成立しないですよ。

#16
7282014010006_030150330.jpg

ユウマ母。この母ちゃんの話は良かったです。
ユウマは母を裏切ったので排除された。
ロリ先生を探しだして抹殺とか、この人には容易だったはずだけどそれはしない。
急にヒメラギを拉致してよくわからない幻影を見せるのも全部そうだけど
この母ちゃんの計画は、わざわざ第四シンソのいる場所でなくても
竜脈のある場所でならどこでも、より安全確実に実行可能だったはず。
つまりこの母ちゃんは、世界を滅ぼすより何よりも<誰かに共感されたかった>わけです。
そこが素晴らしいと思った。


そんなところです。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/445-9e9fb561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)