大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013秋アニメ アウトブレイク・カンパニー  

■アウトブレイク・カンパニー http://www.tbs.co.jp/anime/obc/

就職先が、ファンタジーな異世界に日本の漫画やアニメを喧伝・普及させる公益法人だった。
エルフや女王様にモテたり仕事は楽しくやりがいもあるが、一方でドス黒い陰謀も見え隠れして・・・

というような話でした


7252014009009_150050550.jpg


榊一郎の原作ということで、脚本やストーリーよりも
キャラクターの魅力を推していく作りです。

作画は高水準で安定している一方で、物語には波乱万丈といった起伏は用意されていません。
導入部において主人公が意図しない形で異世界話に参加するためか
「この仕事を通じて何をどう達成したい」といった夢や目標を語ることがなく
物語にどういうゴールが相応しいのかということも、今ひとつ見えてきません。


7252014009009_200480470.jpg7252014009015_210490370.jpg


主人公は因習的な身分制度に批判的な一方で野放図なセクハラ的言動を省みることはない
善良なオタク、対人スキルもそれなりに保持するが空気は読まない快楽主義者。

現代文明とファンタジー世界を事件性なしにリンクさせる特殊設定なためか
脚本は03話までにこの主人公に主人公らしい見せ場を用意することができず――
突然おきるテロ事件で、状況打開の絵図もないまま唐突に敵に向かって自説をたれる主人公は
身内をむやみに重大な危険に晒しており、大胆不敵というより無謀で浅薄に見えます。
おそらくこの主人公では、情緒的に不安定すぎて03話までに客をつかめない


7252014009015_210450540.jpg7252014009015_210440230.jpg


お姫様とメイドのダブルヒロイン制なんだけど
この活発なお姫様に魅力が足りないために、基本が控えめなメイドの魅力も活きていない。
お姫様がヒロインとして至らないせいで、メイドのほうにもお姫様と張り合う動機が与えられない。
メイドのヒロインとしての地位は磐石で、無理な色仕掛け等に出る必要に迫られもせず、
結果として三角関係がこじれたりすることもない。人間関係が動かない。

「お姫様キャラ」が示さなければならない条件は「傲慢」「聡明」「好奇心旺盛」などのほかに
「胆力」というものがあると思う。
下衆なチンピラに脅された程度ではびくともしない剛毅さと肝っ玉の太さ、気位の高さ。

03話のテロ事件は、それを表現する千載一遇の機会だったと思うが
どうも監督/演出はうら若い姫の「か弱さや健気さ」ばかりを強く推そうとしてるように見える。
お姫様は<守られる存在>に押し込められてしまい、要介護キャラと化してしまう。

デレ顔や嫉妬顔など各種の表情パターンにも恵まれておらず
ふだんは城の奥にいて会うにも手続きが必要だったりで
視聴にあたり「ペトラルカがいつ出てくるのか楽しみ」というわくわくする状態にならない。
残念ながら、ダブルヒロイン物として成功してるとは言いがたいです。

ていうかぶっちゃけると、この監督には
少なくともキャラクターの魅力で推していく作品を作るのは今後も無理だと思う・・・
なんかこう、キャラクターのほうをあまり見ていない。人に対して関心がないのだという気がする。
根拠は、02話で部屋に飛び込んでくるペトラルカに対して、椅子から立ち上がりもしない主人公とか。


7252014009015_060020410.jpg


あとはなんだろ、07話
「だんな様のお荷物を玄関に置いておきます」といって立ち去るミュセル。
このときの視線の固定されたおぼつかなさと、「ヘッヘッヘー」は良かった。声優のアドリブかな。


7252014009015_210550114.jpg


コンビニを出て角を曲がる主人公の作画
あと部屋でのミュセルの座礼→立ち上がりとか
まあどちらも、思わずgifを作るほどではないけど良かった。


あとは――
室内の光の演出で印象的なところ多数。
それと三回ドカン。何回かあったけど、良かったのは03話終盤。


この作品に関してはそれくらいです。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/441-687f0ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。