大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013秋アニメ 勇しぶ。  

■勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 http://yu-sibu.com/

魔王がほかの誰かに倒されてしまい、勇者になるという目標に挫折した主人公。
戦争が終わり平和になった世界で、得られるはずだった名誉と栄光を取り逃がし、
釈然としないまま仕方なく家電量販店に就職して数年。
ある日その店に、かつて滅んだ魔王の「娘」が新人従業員として入ってくる。

という話でした


7242014008031_220380340.jpg


ストーリー的に見るべきものは別になかったように思います。
新人の成長と見守る先輩を淡々と描き、デートのようなことをしたり、ライバル店がオープンしたり。
たまに女の子のおっぱいが揺れるだけで、主人公が何か大失敗をするとか、
店が絶望的な窮地に至ることもないので、前半は非常にたいくつです。

終盤の盛り上げに入るまえに、主人公が従業員としてプロ意識に目覚めるところや
何らかの成功体験を与えて、「電気屋の店員」としていったん彼を完成させるべきだったと思う。
それがないので、「勇者になれなかった俺」が魔物と戦う中途半端な話に落ち着いてる気がする。

勇者になれなかったけど戦闘能力の高い戦士が魔物と戦うのは、とても普通なのです。
れっきとした電気屋の店員が魔物と戦う話になるなら、それは面白くなるはずだったんだけど。


7242014008029_090340470.jpg7242014008029_090350050.jpg


それと終盤の段取りとして、ラウルが勇者への夢を捨てきれていない、という事実を
事前にフィノに呑ませておく必要があったと思う。

「自分が魔王になりさえすればラウルの夢が叶う」という条件があれば
フィノが暗黒面に陥落する流れは自然に成立したはず。
でも現状だと、混乱するフィノの内部に葛藤が生じるスキはない。
これがオールエーの「暴走」と相まって、非常に無理な進行に見えました。


7242014008028_210440540.jpg7242014008028_210450240.jpg


話はつまらないけど、作画は非常に丁寧でした。
この睫毛にグラデーションを掛ける処理は初めて見た気がする。
結構な手間だろうに、凝ってますね。


#01



あとはまあ、竹内哲也さんですね。
この、最後の首がグリグリ動いてるような、こういうのをやりたいんだろうと思う。

ベタ打ちみたいな2コマ作画って、落ち着かない絵に見えて僕はあまり気持ちいいと思わないんですが
こうして企画が通ってるわけだし、竹内さんのフォロアーだって事実として大勢いらっしゃるし
当然ポピュラリティを得ておられるということなわけだから、そこを否定する気は毛頭ないです。
それを承知の上でなお「そんなに良いかなあ」という気分が拭えない。
多分でも、こういう作画もまだ完成形ではないんだろうなという感じはしてる。





これとかもそうなんですけど、ブラーを多用されてますよね。乳揺れにまでブラー入ってる。
こうもブラーが入るということは、竹内さんは2コマでも「遅い」と
感じてらっしゃるんだと思うんですよ。

でもそれは「じゃあフルアニメにすりゃいいのか」という話ではなくて
たぶん24fpsっていうアニメのフレームレートの限界の話なんじゃないかと。
それこそ江面久さんが言われてるような60fpsとかにならないと
竹内さんが求めてる気持ちよさには到達しないんじゃないかな。

そういう意味において「まだ完成形ではないのだろう」という感じが僕にはします。
まあ僕が思うだけかもしれないですけど。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/438-417bfe55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。