大匙屋

健康第一

2013秋アニメ 蒼き鋼のアルペジオ  

■蒼き鋼のアルペジオ http://aokihagane.com/

7062014003012_210230590.jpg


謎の種族「霧の艦隊」の出現により、地球のすべての海から人類が駆逐された時代。
士官訓練生・千早群像(チハヤ・グンゾウ)の前に「霧」の潜水艦「イ401」とその分身「イオナ」が現れた。
二人は仲間たちと力を合わせ、滅びに瀕した人類を救い、新しい世界を切り拓くための戦いを始める。

というような話でした


7062014003013_020200100.jpg


大きな特徴として、作画においてフルCGアニメを謳っています。

まあしかし、これはCGという定義に所謂デジタル原画も含まれてる感じで
アクションのみならず日常芝居を含め多くの部分をCGモデルで動かしているものの
これは視聴者にとってはフルCGというよりハイブリッド作画ですよね。
原画マンがレイアウト用紙と鉛筆を使ってないだけで。


7062014003014_070400500.jpg7062014003014_080080550.jpg
7062014003014_020470160.jpg


このあたりがわかりやすいかと思いますが、まあどう見ても手描きやなあと。
ポイントは眉毛ですかね。人の手じゃないと引けない線というか、よほどのセンスがないと、
ツールでは表現できない、出せないカーブというものがまだある感じ。

ただモデルを使って動かしてる部分も相当に進歩してる感じはあるんで
一部にまだパペット臭い、いかにもぎこちない動きはあるものの、
ごく近い将来、手描きだCGだといった指摘自体が無意味になるのでしょう。
無意味になるというか、見分けがつかなくなっていくと思う。


#10
7062014003013_220190180.jpg


タカオとヒュウガとの概念伝達空間での対話
このあとタカオが群像とイオナを救うわけですが
「それが艦長の、千早群像の望みなら」という、このときのタカオの顔はすごいです。
喪失感と満足感が入り混じったような、とても微妙な表情。
ここの表情をCGでやってるのがすごい。ここは感心しました。

タカオの顔はバタ臭いためか、余計にCG映えしますね。

#10は演出面でもいろいろ面白くて、コンテ演出は平井義通さん
Aパートでのこの二人のデッキでの会話シーンにタカオの凝った動き方があったり
群像の死に際でフカンのイオナ振り返りの芝居なども無情感出てて良かった。
ただ、401発見時のタカオの泣かせ方はちょっと直球過ぎる気もしたけど。


#11,#09



作画についてもう少し

海の表現はベタ波ばかりであまり面白くないですが、艦首波は良かった。波斬りが良い感じ。
最近艦これの影響でマニアが増えてしまい、彼らはバウ形状や艦首波形までチェックしそうで
作るほうはホント大変と思う。

富野や宮崎はオタクがアニメを作ることをバカにしますが
今は特定分野に精通した才能や知識を持ち寄らないとアニメって作れないんですよね。
なんでこんなことになってしまったのか。

そういえばEDの演出はどことなく富野アニメを彷彿とさせます





あと回り込みやクレーンショット多用も楽しかった
まあこれは好みの問題ですけど、僕はカメラを動かすカットのほうが好きなんで

メンタルモデルの女の子を起点に艦の巨大感、大きさを表現する必要が多々あり、
それでこういうカットが必然的に増えるんでしょうけど
取り合わせが異質すぎるせいか、メカの重厚さや敵役としての迫力、凶悪さといった面は
今ひとつ感じられないのが残念
かといって、どうすればいいのかは僕にはわからない・・・


あとはストーリーについてですが――


7062014003014_080180090.jpg


#09、401囮作戦はいいけど、乗員を全員タカオに乗せる意味はあまりなかった。
レーダー係の子がいればフルバースト後の双子の攻撃は防御できたかもしれん

タカオが勝ち誇るけど、金剛のターゲットはあくまで群像とイオナなんで
振動弾頭なんかどうでもいいんですよね。


7062014003013_060500380.jpg


#07、ハルナ・キリシマがマキエを連れて霧に戻らない理由が足りないな、と思った。
振動弾頭は実戦で使用されるべきだったと思う。
振動弾頭のサンプルが失われることによって、マキエの渡米と安全確保が最重要になる。
現状だと戦場でマキエを連れまわすための合理的な理由がない。


7062014003013_060360442.jpg


あとは金剛ですね。
ミサイル八艘飛びも面白かったし良かったけど、
金剛に関してはあくまで戦術的に倒さないと、彼女を越えたことにならないんじゃないかな。

群像が硫黄島で金剛への直接のアプローチに失敗したままなので
「人類から学ぶことは何もない」金剛とイオナの友情ストーリーとして完結させちゃうのは
話の持っていき方に少し違和感があった。
というより、これだと群像いらないじゃんと思ってしまった。生き延びた意味がない。



大火力で押してくる脳筋を戦術的に翻弄する話は日本人の好みにぴったりなんですよ。
これは基本的にいつの時代にも需要がある。
本作はそれにAIが人格を獲得するピノキオ話を絡めてる感じ。

僕はそのシンプルさがこの物語の魅力だと思う。
続きがあるなら、世界各地を転戦してく話とか見てみたいです。

あとサンジゲン、マジすげえ。これはガチ。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/411-2eb20a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)