大匙屋

健康第一

2013夏アニメ 有頂天家族  

■有頂天家族 http://www.uchoten-anime.com/
ひとつ

京都市を舞台に、タヌキ、天狗、人間の三勢力が入り乱れ繰り広げるファンタジー活劇。
呑気でほのぼのとした日常の一方で駆け引きや騙し合い、時に謀略をめぐらせつつ
それぞれの存在意義、そして家族のあり方が問われていく。

というような話でした


#05
6982014001023_000240200.jpg


作画はこざっぱりとしてて綺麗ですがとにかくレイアウトが素晴しいです
↑の絵とか、ため息が出る。挙げてくとキリがないんでやめときますが
こんな絵が随所にあってそれはもう見ていて楽しかった


井上俊之が#03に参加してますが(時計台のとこ)。
いやもちろんクソ上手いけど、井上俊之だからね。
フリーザを期待したら今回はコルド大王がきた感じ
アレはみんなそう思うんじゃないかな


作画といえば#06のベンチのシーンが象徴的だったんだけど

#06
6982014001024_200180261.jpg


フィックスで長回しで、こりゃ何か来るなと思って見てるじゃないですか。
すると何も来ないんですよ。たまにポンと寄るだけ。
作画的に、何かしたくてこうしてるんじゃないの?と思うんだけど何もない。
よくわからないですね。何がしたいのか。



6982014001024_200220090.jpg6982014001022_200350120.jpg
6982014001023_000430300.jpg


OP。これロシア・アバンギャルドですかね。
条坊を幾何学的に表現するのはとてもよくわかるけど
銀座や横浜とかならともかく、京都には近代芸術のイメージはないな。
このへん京都出身の人に聞いてみたいけど、今どうなってるんですかね。
あるいは、この引用に深い意味はないのかな。





6982014001024_200200120.jpg


お話の内容ですが
まあやっぱり弁天が難解だなと思うわけです。

でもこれに関してはミステリアスであること自体が美人の恒久的価値であるし
わからんままでも構わないだろうとも思います。


物語において謎として残されたのが「魔王杉」と「寿老人」で
このうち寿老人に接近することが弁天の主目的であったと考えると
全体の辻褄は合う。

たとえば#10で総一郎を罠に落とすわけですが
あそこで視聴者は弁天のことがわからなくなると思うんですよ。
しかし彼女にとって、金曜クラブに入ること、寿老人に近づくことが
最優先事項であったとすれば理解できなくもない。

#01
6982014001023_190550020.jpg

「あなたは先生の気持ちがちっともわかってないのね」


「魔王杉」以降、赤玉先生は老人化が進んだ。
扇も奥座敷も簡単に手放しちゃう。先生本人は天狗であり続けることにすら執着ない。
矢三郎は先生の逼塞に負い目を感じる。

けっきょく弁天は矢三郎が可愛くて仕方ないので、先生から離れたんだと思うんですよ。
弁天がいなければ先生は甘える相手を失い、老骨に鞭打って虚勢を張り続けるしかない。
もし天狗であることをやめると、矢三郎まで失うからです。



すこし整理すると

・弁天→矢三郎が「食べちゃいたいくらい好き」=「喜ぶ顔が見たい」
・矢三郎にとって大事なのは回る車輪を眺め続ける日常
=先生が偉大な天狗であり続けることが大事

「魔王杉の件」以降先生は腰を痛め老人化が進み天狗でいられなくなった

危機感を抱いた弁天は先生から離れ、先生の執着心を煽る

落ちぶれた先生のところにくるのは虫と矢三郎だけ

矢三郎の前で先生は傲岸不遜な天狗を演じ続ける

矢三郎幸せ

#13
6982014001024_020240270.jpg

「取り立てて、願うこともないですな」


こう考えていくと、取り立てて願うことも無いという状態は
現状にすこぶる満足しているということであり
矢三郎にとって満足のいく状況を作ってきたのが弁天だったりする。

その行動に一貫性があると考えるなら
先生が自信を回復した後、魔王杉の事件が
新たに重要度を増すとは考えにくい。


#12
6982014001024_200220091.jpg


となると解決されない問題は寿老人ということになる。
#05において、弁天が矢三郎に芸をさせるために連れて行った金曜クラブで
「寿老人、お会いしたかったわ」というセリフがありますね。

金曜クラブの他のメンバーは凡俗として描かれるので
意味的には、矢三郎を寿老人に引き会わせることが
弁天のひとつの目的であったことになる。
ここには次回作へと続く何かがあるんですよ。たぶん。

総一郎の命を奪った道義責任を除けば
弁天はいつも矢三郎と周囲の者の利益に沿う行動を取っている。
要するに弁天が難解なのは、この寿老人へ言及が決定的に不足しているせいでしょう。


6982014001024_200180260.jpg


月が女を照らし、彼女は月を手に入れたいと考えるが、男はそれを不可能と否定する。
月との間には絶望的な距離があって、決して縮まらない。
「悲しい」とつぶやく。

月の光が照らすように、弁天は矢三郎のために陰日向となってるわけだけど、
二人の距離はどんなに近くにいても縮まらない
むしろ遠ざかっていってるわけです。



#09



銭湯。この洗面器の中は手描きっぽいですね。
湯船に足を入れたら逃げていく柚子とか、凝ってて良かった。
まあ実際の柚子湯だと、柚子はかたまって浴槽の壁に張り付くんだけど




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/399-d1a8ad0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)