大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アニメにおけるマッチカットの実例  

前回、マッチカットは人によって定義がバラバラと書きました。

僕はマッチカットの定義を

 
  本来ならつながらないはずの2つのカットを
  視覚的、聴覚的、あるいは比喩的な類似性によってつなぐこと


と説明したんですが――

実はこれ、アニメのカットのつなぎ方としては「わりと普通にやること」なんですよ。
マッチカットという言葉やその定義があまり重視されないのは、
いちいち厳密に定義する必要がないくらい、すでに技法が浸透してるから。
なにしろヒッチコックの映画から、すでに50年経ってますからね。


たとえばこういうの

■フォトカノ 第05話 (2013)




円形のモチーフが、オーバーラップして月や太陽に変わる。あるいは逆も可。
こういう演出って、いろんな作品でさんざん見てる気がしませんか。
ごく普通にありますよね。

僕ら視聴者が「マッチカット」という技法を知識として知っておくことで
こういった演出が流れの中で良いものか、そうでないものか判断できるはずです。
見ていて「これは綺麗だ」と直感的に思えれば、それはOK。
逆に何とも感じないようであれば、それはただの陳腐な
セオリーどおりの、教科書どおりの演出ってわけです。



で、マッチカットのようなつなぎ方はごく普通にあるものとして
あえてマッチカットという言葉を出す必要がある場合とはどういうものか。

これはもう、「演出的にものすごくイケている」場合なんですよ。
「このマッチカットは凄い」的な。以下でそういうのを紹介したい
なるべく多くの人が見たことのある有名作品を中心に引用してみます


■新世紀エヴァンゲリオン 第06話 (1995)

6962014001019_000570560_.jpg


ヤシマ作戦の回です。
ミサトが提案する作戦の概要をゲンドウに説明し、承認を得る


6962014001019_000570060_.jpg


ゲ「反対する理由はない。やりたまえ。葛城一尉」


6962014001019_000570200_.jpg


ミサト「はい」

このクローズアップ、段階的にここまで寄っていく前フリがあって
「はい」の返事のあと、カメラが一気にぐーっと引く


6962014001019_000570330_.jpg


すると、いつのまにか場面は司令室からエスカレーターに転換していて、
横にリツコがいる。
この時間をジャンプする感覚、つなぎの鮮やかさはちょっとした快感です。



■魔法少女まどか☆マギカ 第12話 (2011)

6962014001019_000510170_.jpg


演奏者として復帰した恭介のオーディション会場
客席には数名の審査員の他、まどかとさやかの姿がある


6962014001019_000450540_.jpg6962014001019_000490390_.jpg


審査員の一人が恭介の演奏に強い関心を示すカット
これが合格フラグですね。
「きっとこのオーディションは上手くいくんだな」といったん視聴者に印象づけます
(→これを認知バイアスという。後で視聴者を驚かせるために、演出が先に罠を張ってる)


6962014001019_000470120_.jpg


そして演奏が終了した瞬間――


6962014001019_000470290_.jpg


場面はオーディションの合格を通り越して
大観衆のコンサートホールへと転換している。
正装して喝采を浴びる恭介。一気に時が加速し、
恭介の成功=さやかの望みがすでに叶っていたことを
視聴者は知るわけです。

これもマッチカットの代表的実例



■ちはやふる2 OP (2013)




遮断機の動作をシンクロさせつつ
まったく別の組み合わせによる2ショットを順番に見せていく
一見ワンシーンに見えるトリッキーなクロス・カッティング
見事です。



■タッチ 17巻 (1986)

6962014001019_000570592_.jpg


最後に番外でマンガを。

合宿の料理番、メガネ君が皿を落とす、その皿が破壊される音が響く代わりに
次のコマでは野球部の練習場に響く打球音が示され
空高く舞い上がっていく白球が明示される

これもマッチカットの応用ですね。
あだち充はこういう部分あまり触れられないけど
クレショフ効果とか映画的手法を取り入れるのが
昔からやたら上手い人だった


僕は「場面が転換した瞬間にある種のカタルシスがある」のが
マッチカットの本当の醍醐味だろうと思ってます。


こんなところです。
何かの参考になれば


スポンサーサイト

category: 3回ドカン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/397-b0b89d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。