大匙屋

健康第一

アニメ視聴をつまらなくする傾向について  

ここ数日、恋愛ラボのことばっか考えてましてね

#09のメガネ救出の件でWEBの感想読んだりしてみて
「嘘ついて校則違反を揉み消すのはどうなの」
という指摘はやっぱりあるわけです

で、実体験として顧みると
そもそも教師って僕らにとって敵だったじゃね?
敵とまでいかなくても、彼らは決してわかりあえない向こう側にいる人たちであって
別に仲良くしたい人たちではなかったじゃね?

というようなことを考えるんですよ。

教師にウソついて騙したらそんなにダメか?みたいな


6912014001004_180580590.jpg6902014001004_180590400.jpg


僕は少なくとも中学校の教師、どいつもこいつも大嫌いでしたよ。
人によっては、早く死ねばいいのにとさえ思ってた。

好きな先生も何人かはいたけど、大半は嫌な人だった気がする。
あの人たちにウソついて騙しても当時の僕の良心は痛まなかったと思う。
それは僕がクズだからなんだろか


話を作品に戻しますが

 うそを吐くのは本当に間違ってるのか?


この案件はメガネを生徒会からクビにするという、そもそもの処分に妥当性がないんですよ。

メガネは異性交遊はしてても不純交遊はしていない。
男女交際に該当するかどうかも怪しい。

一方で生徒会にとってこの会計係を失う損失は大きく、自治業務が停滞するわけで
そのシワ寄せが一般生徒にいくとしたら、方便で学校を救ったと見ることもできる

マキが教師の信頼を一方的に裏切っているかもしれないが
その教師たちがマキの本質をなにも見抜けていない点、
その有能性を搾取してきてる点は批判される必要はないのだろうか。

そもそもなんで視聴者が教師なんかの視点に立ってやる必要があるのか。
一体なんなんだそのPTA視点。


これには
「生徒会は生徒の模範でなければならない」
「生徒会なんだから真面目にやれ」「校則やルールは守るのが当然」
という固定観念があるからじゃないかと思うんですよ
なぜか僕らはこういうときだけ、教師が好みそうな優等生になる。


6912014001002_170190520.jpg

生徒会長ってのはラブライブのエリとか黒神めだかとか
どうしても倫理観の強い、一定の人格者のイメージがつきまといます。

ところが
マキというのは人格者たろうと自らを厳しく律し努力してるわけではなく、
周囲の大きな期待に応えうる高いスキルとスペックを最初から持っている人、
つまり一種の天才です。

で、そのマキの本質というのは
人に褒められるのが大好きな俗物、恋愛に憧れるエピキュリアンなんですよ

切実に恋愛をしたいというよりも、仲間と恋愛研究を楽しんでる時間が一番幸せで
ひたすらその時間を捻出するために、圧倒的な事務処理能力を駆使してる。
少なくとも僕にはそのように見える


でも「生徒会は生徒の模範でなければならない」のが至上命題だとしたら
マキのような生徒会長像とそれを主役に擁する物語は
はなから成立できないんですよ。


6912014001002_160490130.jpg


本来秩序の殿堂たる生徒会室、その閉ざされた扉の向こうで
実は想像もつかない、とんでもない活動をしているという
その実態のギャップがこの作品の追求する面白さのはずなんですが

「生徒会は真面目であるべき」
「予算を私的に使うな」
「教師の信頼を裏切るな」
という、まるで公務員批判みたいな感情を抱いてしまうとしたら
これは、僕らが何かに縛られてるせいじゃないですかね。それもかなり深刻な何かに。

 なぜ 「こいつらバカなことやってるなあ」 と笑って見ていられないのだろう?


たぶん
イベントや案件、設定に対して、よりシンプルであってほしいという願望が僕らにはある。
話が複雑になると、それぞれに是非や善悪を判断しないといけないから。正直めんどい。

つまり個別のケースによって柔軟に評価するのが面倒になってる。
だからキャラクターがステレオタイプを外れるのを忌避したがる。

「そういうの求めてない」
「シリアス展開とかいらない」
「男はいらない。けいおんみたいなのでいい」

こういう視聴者側の傾向が、多くの良作たりえる学園物や日常物の成立を阻害してるんじゃないか。
恋愛ラボは意外とその岐路に立ってる作品なんじゃないかと思ったりするわけです

この話は続きがあるんで、そのうちまた書くかもしれない


スポンサーサイト

category: アニメ

コメント

おおやっと見たことある作品が。みなみけ好きだった…ん?ああ恋愛ラボだったかw

URL | ハイリハイリフレホッホー #-
2014/01/07 19:38 | edit

視聴の仕方も記号化してっちゃうのは悲しいですよね。
感想でさえネット上で簡単に収集出来てしまうし、効率化が進んだ末の事なんでしょうかね。難しい問題ですが、結構大変な事だと感じます…。

URL |  #OARS9n6I
2014/01/07 22:14 | edit

ありがとうございます
ありがとうございます

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2014/01/08 20:35 | edit

恋愛ラボの件は大方共感できるのですが、文中におけるPTA視点、キャラクターの行動や価値観について社会の倫理やルールなどに照らして批判する事がつまらなくする傾向というと疑問ですね

その手の批判の根底にあるモノを十把一絡げに定義するのは困難でしょうが、作中にて提示された基準・ルールに則って(乗っかって)視聴してる人も居るんじゃないかなぁと。恋愛ラボで例えれば「恋愛禁止」「学校という共同体」「先生と生徒、子供と大人の関係性」が当たります
RPGゲームなどでロールする事と似てますね。要するに作中世界の住人の視点をもって視聴するスタイルもあると。

つまり何が言いたいかといえば、アニメの視聴・批判のスタイルは多様性たっぷりで、なまじネットで共有できるから他人のスタイルとの噛み合わなさにストレスを感じてしまうと。ただ何れのスタイルにしても自らつまらなくするのを目的にしているのではなく、あくまで自分なりに最適化したスタイルでしかないわけです

ちなみにアニメ恋愛ラボの終盤において関係の清算を行い仲間達から罰を受ける展開があるわけですが、メガネ事件の件にもその潔さがあったらなぁと私も思った事はあります。

URL | 774 #CofySn7Q
2014/01/09 09:22 | edit

>作中にて提示された基準・ルールに則って(乗っかって)視聴してる人も居るんじゃないかなぁと。
>恋愛ラボで例えれば「恋愛禁止」「学校という共同体」「先生と生徒、子供と大人の関係性」が当たります
>要するに作中世界の住人の視点をもって視聴するスタイルもあると。
>あくまで自分なりに最適化したスタイルでしかないわけです

あー
僕はいつの間にか自分がそういう見方をしてるのに気づいて、愕然としたんで
急いでこのエントリーを書いたんですよ

けしからんことをしてる主人公サイドを潰す視点っていうか。
その「正義感」が一体どこから来てるのか、自分で疑問に感じたわけです
これ不思議な現象ですよね

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2014/01/09 12:57 | edit

恋愛ラボの先生たちはみんないい人だと思いますよ
だから絶対に分かり合えないと最初から拒絶するのはどうかと思います
作中のキャラもそういう態度をとってる訳ではないですし

URL | ナナフシ #-
2014/01/10 12:14 | edit

ありがとうございます
このエントリ、わかりにくくて申し訳ないです

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2014/01/10 13:29 | edit

横から失礼します。

自分程度の人間だと

>うそを吐くのは本当に間違ってるのか?
>なぜ 「こいつらバカなことやってるなあ」 と笑って見ていられないのだろう?

という感覚は、ああ、(マキやリコに対する視聴者の)ルサンチマンだな、ぐらいで済ませてしまうのですが、それだけではない何かがあるということでしょうか? 

あと、前の記事にあった「土下座なんて卑怯だ」というセリフも、リコがマキに対する自分自身のルサンチマンに気付いた、と自分は解釈しました。セリフも凄いですが、それを土下座する側に言わせたのが凄いなあと思いました。
この辺のシーンをどう感じるかで視聴者の傾向が分けられるということでしょうか?

格差社会の中で自己肯定感の極めて低い人たちがアニメを見ている層に多い。そんな人たちに性的なもの以上に面白いものがあることを理解させることが出来なければ今後のアニメは表現の幅に大きな制約を受ける可能性が高い。(今も十分そうかもしれませんが)
恋愛ラボはそういう意味で分水嶺だったのかもしれません。

それとも、こういう風に安易な単語で分かった気になっていることがアニメ視聴をつまらなくしているのでしょうか? 細部をそぎ落としているという意味で。

空気読んでない発言でしたらすみません。

URL | テツ #-
2014/01/14 23:58 | edit

>それだけではない何かがあるということでしょうか?

そうですね
要するに、みんな現実で大事にしてる倫理観や正義感みたいなものがあるとして
中にはそれを判断基準にしてフィクション作品に当てはめてしまう人がいる、
つまりそういう人には「これが正解」という判定の仕方がそれしかない。正解が一種類しかない。

だからこれ(恋愛ラボ)を許しちゃうと、自分の中の倫理観がゆらいでしまう。
そういう「漠然とした不安のようなもの」が視聴を邪魔してるというか
自由な発想を許容できなくしちゃってると。
ていうか、僕もそうだったんで今回自分で驚いたんですけどね。

それは作品にとっても視聴者にとっても不幸なだけじゃね?と思うわけですよ
恋愛ラボはそのギリギリの点に立ってる、ある意味でフェータルな作品だなと。

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2014/01/15 10:02 | edit

>要するに、みんな現実で大事にしてる倫理観や正義感みたいなものがあるとして

「みんなで」じゃなくて「みんな」だということですか。所謂空気ではなくて、あくまで個々人の価値観であると。
つまり、自分で自分の視聴スタイルを枠にはめてしまっているということになるのでしょうか。
その原因が774さんがおっしゃるネットでの共有というところにあると。

あと、フェータルというのは運命的、宿命的という意味でしょうか?

URL | テツ #-
2014/01/15 23:09 | edit

あーなんかしんどそうっすね
あんまガチガチの結論に向かわないで適当に考えたほうがいいかも!
どうせ正しい答えはひとつじゃないんですよ。もっと気楽にいきましょう

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2014/01/15 23:18 | edit

ありがとうございます。

ちょっと考えたんですが、ネットの影響で何か漠然とした全能感にとらわれているのかなとも思いました。
とりあえず、いったん離れます。おやすみなさい。

URL | テツ #-
2014/01/17 02:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/390-35958ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)