大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

稲野義信さんについて僕が思う事  



■銀河鉄道999 #52「透明海のアルテミス 後編」1979


いやー結局僕にはまだ、よくわからないままです。
わかったのは湖川さんからの大きな影響、あと二宮さんと、
それから時代的に漫画界のニューウェーブの影響は必ずあったはず。

いとーさんは「一目見て鮮やかに目に飛び込んでくる感じ」と言ってたけど
美術との兼ね合いや情報量の差なんかもあるだろうし
「これが今につながってるリアル系のはしりだよ」みたいな部分が
今ひとつ僕には把握できてない

フォロアーたる人たちの作品をじっくり検証していけば
もう少しいろいろ見えてくるのかもしれないです。


(1)ほぼ個性と言っていい、とても細やかな手の芝居
(2)デッサン調のフォルムとシンプルな線で表現される立体感
(3)稲野的モブ(たいてい虚ろな三白眼)

パートを特定するときに目安になるのはこれくらいかと。


スタジオバードの面子では及川さんの仕事が僕にはまったくわからない。
ただ仲間三人で10年近く一緒にやれたということは案外ヒントになるかも。
アニメタなんて芸術家ですから、10年も一緒にいられるもんじゃないです。
これは彼らが本当に仲が良かったのに加えて、
各自の役割分担がはっきりしてたからだと思うんですよ。

兼森さんはクオリティコントロールに軸足を置く典型的作監タイプなので
及川さんがあまり目立たないところで二人の調整役を買っていて
作画的にとんがった部分は全部稲野さんが担当してたと考えることもできる。
っていうか、僕にはそうとしか考えられない。まあ完全に憶測ですけど。


■マグネロボ ガ・キーン 27話 1977





この回は市街戦でメチャクチャやる話なんですが
稲野モブが大活躍

ビルをもいで弾除けに使うなど、ガキーンもえげつない事してて笑えます。





どアップで吹っ飛んでいく人体とかw
ほぼ肉眼では見えませんし、これが演出指示とは思えないけどどうなんだろ


6692013010028_050590369.jpg


■1000年女王 1981年

この作品は、作画的な見所はたくさんあるんだけど
お話のほうは登場人物があまりお利口じゃなくて、見ててつらいです。
お利口じゃないっていうか、ほぼ全員バカ
これじゃあ当時の松本ブームも終わるわという勢いで。
正直全然おすすめできないレベル

66910024014h0519122.jpg66910024014h0519123.jpg


稲野さんは作画的にはこの時点でほぼ完成のレベルにあるように見える。
「松本キャラ」以外の造形なんかで顕著ですが骨格感のあるとても立体的なフォルム


66910024015h21m50s251_29.png66910024007h23m57s236_23.png


このあたりには湖川さんからの強い影響が見えますよね



6692013010028_050590366.jpg6692013010028_050590367.jpg


ちなみにこれは1000年女王ではなく、999からですが(左#12、右#32)
こういう広背筋を強調したポーズって当時の東映にはなかったと思うんですよ。
これを東映に持ち込んだのもバードじゃないかな。
これらは後に北斗の拳なんかに繋がっていきますよね。


6692013010028_theul01.jpg


稲野さんが二宮さんから受け取ったもののひとつなんじゃないかと
思ったりするんだけど、どうだろう






Togetterで小林治さんの発言にあったんですが
「999でスタジオバードの回で鉄郎が走るときの髪の毛の書き方が特徴的だった」
というのは、999じゃなくて1000年女王のことじゃないかと思う。
こんな風に妙に枚数を使ってハジメの髪を動かしてるシーンがいくつかあります。





これ、僕の好きなシーンです。29話ですね。
マントのたなびき、これくらい描く人は当時だって他にも居たと思うけど
最初のフカンのシルエットとかも含めて、絵全体に品がありますよね
絵によって一瞬空気が変わる感じ。作画が演出を凌駕する瞬間。


■パタリロ! 第06話 1982年




これはすげえ
わかるかなあ、この凄さ
作画として上手いのももちろんですけど

これはパタリロが療養中の実母に会いにいくエピソードで
母親エトランジュが初登場するシーンなんですよ。

夫であるマリネラ国王が死んで、エトランジュは妙齢の未亡人です。
息子との面会のために入室してきた、それだけなのに妙な色気があるのは、
この部屋にパタリロのお供で来たバンコランがいたからなんですね。


6692013010028_050590300.jpg


Bパートにおいてバンコランが悪人相手に窮地に陥る、
それをエトランジュがボウガンで撃って救うんですが
息子そっちのけでバンコランに駆け寄る未亡人は
女であることをまったく辞めていない。

この「女であることを辞めてない」という情念が
冒頭の手の芝居(それも一瞬の)に込められてるわけです。
これも技術によって作画が演出を凌駕してる好例です。


まあ、結論を言うと稲野義信マジすげえ
そんな感じですかね。何かの参考になれば。なるのだろうか

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/366-95d3f816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。