大匙屋

健康第一

2013春アニメ レッドデータガール  

■RDG レッドデータガール http://rdg-anime.jp/

6682013010018_000570331.jpg

うーんこの

主人公に理解できない話や秘匿される情報は視聴者にももたらされない
この素っ気なさは明確に好みの別れるところでしょう
多くの人は序盤で興味を失ってしまうかもしれない

こういうのは「玄人好みです」とでも言えばいいのか
いやもっと売れるように作ればいいじゃんと思うんですが、どうですかね


6682013010018_230220230.jpg


ひょっとしたらこの企画は特殊能力持ちの女の子を
生物ドキュメンタリーみたいなスタンスで客観的に描いていく、
そういう方向性も初期段階では存在したのかもしれない
ご丁寧に毎回繰り返される冒頭のアノテーションは
その名残かもしんないですね

しかし出来上がった作品はイズミコの主観視点に特化していて
レイアウトもイズミコのアイレベルを意識したものが多く
ドキュメンタリーとは真逆。だからこのアノテーションも
レッドデータガールという題名さえも作品内容からは少し浮いてます。
少なくとも僕はそう感じるですよ。


6682013010018_000570334.jpg6682013010018_210060420.jpg


イケメン
親父が息子の自尊心を刺激しつつ計画通りに導いていく様は軽妙です
息子も親父の腹はわかっていて、それでも結果的に従ってしまう
そのストレスがイズミコに向かうという、三者の関係性の構築は完璧と思う

#06
6682013010018_000580370.jpg
6682013010018_000580450.jpg


長野行きの列車内
恋話モードからマスミの話題に転換する瞬間のトンネル入り
窓の向こうに映る影がマスミのいる世界と旅先に立ちこめる暗雲を象徴する

#07
6682013010019_000190330.jpg6682013010019_000190230.jpg


タビのいなくなった厩舎を片付けるマナツ
ここも同じですがマナツは死に片足を突っ込んでいるので影の中にいて
これが日向にいるイズミコたちに対応してますね

マナツというのはいつ止まるかわからない心臓を抱えていて
三つ子の共有記憶を構成する重要ファクターであるタビを失ったことで
心にぽっかり穴があいた状態


6682013010019_000230240.jpg


それがこのだだっぴろい馬場の絵に繋がる。
このあとマユラが現れて、そこでマナツを迎えに来る馬がマスミです。
マナツはマスミやタビのような突然の死によってすべてが無に帰すのを避け
マユラのそばに永久に居続けるためにマスミ同様、神霊化しようとした

「マナツの心臓はいつ止まるかわからない」という前提がつかめてないと
この経緯はまったく意味不明になるので注意が必要ですね

ていうか、このあたりの脚本はハッキリ言って出来が悪いです

#05
6682013010018_030550570.jpg
6682013010018_030550220.jpg


このスカートの作画いいですよね


#11
6682013010018_010000030_r.jpg


イズミコ激おこ
ここは「待ってました」というより「やっとか」みたいな
おびえる外人の後ろでイスが風圧で吹き飛ばされていくのが良かった

なんだかんだで破綻や逸脱のない落ち着いた展開は楽しめはしたのだけど
やっぱりこういう派手なシーンがもっとあったほうが嬉しかったかも


#05



図書館のシーン
よく出来てるとまでは言わないけど、かなり凝ってるというか
すっごい手間が掛かってそうな

#06



戸隠
PAの作品、美術はここ数年ずっとイースターか
一般に言われるほど高密度ではないと思うけど、ちょっとしたオンリーのカットでも
引きを入れたりして凝った作りにしてくれる
あちこちに素晴しい絵がありました

#01



クレーンショット
これはファイルサイズの関係で一部分だけ。是非本編を。
微妙なパース変化とフェアリングが気持ちいいです




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/364-a62ea75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)