大匙屋

健康第一

2013春アニメ 百花繚乱 サムライブライド  

■百花繚乱 サムライブライド http://www.hyakka-ryoran.tv/

6662013010007_230220070.jpg6662013010007_230230430.jpg
6662013010008_150040530.jpg


前作継承のアートスタイルに秋葉文化が加味されてさらにカオス
これ嫌いじゃないです。むしろ好き
これだけは見ていて飽きない

ただ一方でこの平面的だったり絵に墨を落とすような独特の手法に縛られて
各話演出はわりと自由のきかない、窮屈なことになってる気もしますね。


6662013010008_130530340.jpg


バトルは演出も作画も深刻なレベルでしょっぱい
これ、予算がついてないからなのかな。

もともと模型屋さんの出した企画で製作母体に体力ないのはわかりますが
それにしてもあり得ない水準ていうか、バトル展開はほぼやる気がない

当然ながら熱い話にもならないし、キラーカットも少ない。
これでも模型は売れるんですかね?
今年パチンコにはなったようですが


6662013010008_140430500.jpg
6662013010008_140470220.jpg

メディアミックス作品が一番恐れるのはいわゆる「オワコン化」なので
今回の二期もパチ屋のビジネス展開と新規模型投入に合わせた
販促が主目的なのかも。
だからかしらんけど、バトルがしょっぱいわりに新キャラはやたら多かった

HANJIN ANIMATIONの下請け回のほうが作画が良かったりするのも
なんか寂しい感じがする
線の多い複雑なデザインのキャラが同時に、しかも大量に出てくるんで
作画は相当大変とは思うんですけどね

原画さん20人以上いてろくに動かせてない回とかあるんで
これはもう低予算に加えてスケジュールもタイトだったってことでしょう。
あと総作監が死ぬほど頑張ってるのはわかります。


6662013010008_220230400.jpg
6662013010008_220230401.jpg
6662013010008_220230402.jpg


ひとつ上の能登キャラ(ピンク髪)とか、この小次郎(黒)の袖の意匠すごい
ってかこれデザイン素材を貼り付けるのかな?さすがに手描きではないか。
千姫の戦闘形態とか幸村の冠帽もだけど、前期からも進化してる
こういうことも今はできるようになってるんですね
多色は使えないのかもしれないけど


6662013010007_230290390.jpg


ペットキャラが出てきたんで、これは場を和ますための存在だろうから
それが必要なほど陰欝な話になってくのかな?と思ったけど
実際そういうことはなかった。

たとえば兼続は良いキャラだけど、作劇は彼女に頼りすぎと思う。
半蔵と又兵衛が苦悩するあたりは大事なシーンなんだけど
けっきょく兼続が全部持っていってしまったりする。

ダークサムライはムサシを残して早々に倒し
クライマックスでは十兵衛が取り込まれた千姫たちと戦う展開のほうが
個別の見せ場を作りやすかったんじゃないかな。

イン子が通り魔を追ってたのなんて、意味なかったですし。
彼女は最後の造反も含めて、何がしたいのかわからなかった。

何しろ人数が多すぎて、各人なにも出来てない。
まあそもそもバトルは描きたくても描けなかったのでしょうけど。

#06
6662013010008_140340520.jpg

#12
6662013010009_050020110.jpg

このへん構図面白いですよね
コンテやレイアウトは全体的にとても良い感じです
なんか無理やり褒めてるけど。
下の絵なんか吹っ飛びのタイミングは糞みたいなもんで


もうね、とにかくバトルをもう少し真剣にやってよと。
そしてキラーカットを作れと。
そのくらいですかね。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/361-a6b72880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)