大匙屋

健康第一

2013春アニメ はたらく魔王さま!  

■はたらく魔王さま! http://maousama.jp/


6552013008016_210390164.jpg


難を逃れ人間界へとやってきた魔王サタンのフリーターライフを中心に
その魔王を追ってきた宿敵の勇者エミリアの監視、
側近との六畳一間の貧乏生活や仕事を通した人とのふれあいなどを描く


6552013008016_210390166.jpg6552013008016_220340320.jpg


職種としてファーストフード店が選ばれているのが意外なミソで
導入部において語られる魔王の覇者としての復帰や人類征服の野望を
接客時に見せる営業スマイルが覆い隠し
「彼の秘匿された邪悪な本性がいつ現れるのか」が序盤の興味を引きます


6552013008016_220210270.jpg6552013008016_230030570.jpg
6552013008016_230540240.jpg6552013008016_220580510.jpg


この魔王の本性への興味を勇者エミリアの数々の顔芸がうまく刺激してくる

エミリアの表情の変化が異常に豊かなのは
「本性を秘匿し続けるポーカーフェイスの魔王」というひとつの仮託に対し
彼を監視するエミリアが逆に「思っていることを正直に全部顔に出す」ことで
魔王の思想や策謀、行動の是非を視聴者とともに公明正大に判定しようとする、
その徹底したフェアネスが付託されてるからですね


6552013008016_220320382.jpg6552013008016_220320391.jpg
6552013008016_220530340.jpg6552013008016_230590250.jpg


ちーちゃんも恵美と同じようにたいへん表情豊かですが
彼女も同じように「正直な判定者」としての立場を与えられつつ――

魔王が人間世界に完全に溶け込み、
ちーちゃんと恋仲になってただの人間として生きていく、
そういう展開もあり得ることを予感させるキャラ。

つまり彼女はその行動に強い動機を持ち、
「起こりえるひとつの未来」に向かって物語を牽引してます。
恵美が過去と現在のハザマで立ち止まり苦悩するキャラなのと対称的な関係ですね


この人間関係がセットされた結果、物語序盤の興味は
「魔王がいつその本性を現すのか」(恵美による警戒)
「魔王は我々を裏切るのか」(ちーちゃんの恋心による期待)
この判定に強烈な勢いで集中する。

この構造を支えてるのが
恵美とちーちゃんの顔芸(と魔王のポーカーフェイス)です。
けっこうよくできてますよ、これ


6552013008017_000200160.jpg6552013008017_010050343.jpg


で、新宿地下や笹塚でのバトルのあと
「どうやら魔王には邪悪な意図はないらしい」というのが理解されてくる、
そのタイミングで登場するのが<表情の変化に乏しい>鈴乃

未来へと物語を牽引するちーちゃん、現在を監視・観察する恵美の対立構造に
純粋に過去の所業から魔王を断罪しようとする鈴乃が加わる

恵美が個としての感情、私怨に拘泥するのに対し
鈴乃が公的な立場や職責、社会的利益に固執するのも対称的
彼女もまた一人の判定者であり、秘匿された魔王の本性を知ろうとする者

彼女の存在は、より具体的な魔王の本質や過去の出来事などへと
視聴者の興味をいざなう役割を果たします


おそらくこの先はエンテイスラ帰還編などが予想される、
その時物語にちーちゃんの居場所があるのかな?という点などに
僕は関心がありますね。


実際、主要な各キャラクターの配置バランスは見事なもんです。
しかし今回の全13話のシリーズはほぼ導入部のみといった印象で
ストーリーも人間関係のセットとキャラクターの紹介に終始しており、
なにしに出てきたのか意味のわからない魔界キャラなども含め、
それほどたいしたことが起きないという点で不満も残りました。

こんなチンタラしたペース(失礼)で仮に二期があったとしても
あまり受けない気がしますよ。

そんなところです


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/344-8478587a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)