大匙屋

健康第一

2013冬アニメ ビビッドレッド・オペレーション  

■ビビッドレッド・オペレーション http://www.vividred.net/

6452013007006_010170160.jpg


戦闘ヒロイン4人+1人いて、謎の敵メカが毎回攻めてくる拠点防衛モノ

1クールなんで、結末はお茶を濁して適当に二期につなげるのかと思ったら
きっちりラストをしめてくれたのは高く評価できるポイントです。

とはいっても全12話で物語を終わらせつつ5人のヒロインを深く掘り下げ
友情ドラマまで盛り上げるのはさすがに無理だったらしく個別回はほぼ皆無
ひたすら友情の尊さを賛美しつつ迎える大団円には
どうしても大味な印象が残ります。

#05
6452013007006_210300000.jpg


05話では、主人公アカネが孤高の美少女レイとの関係構築に失敗し
入院中の母親に慰めてもらうシーンがあるのですが
尺もない中、通常ならここでは急に母親のところに行かずに
他3人の仲間たちのところへ行くと思うわけです。

で、アカネが仲間たちとレイをどうやって攻略するか相談したり
あまりに冷淡で無愛想なレイに緑あたりが業を煮やしてみたり
それで青や黄色が慌ててみたりといった
各人のいろんなリアクションを拾える展開に
持っていこうと思えばいくらでも持っていけるはずなんですよ。
でも、物語はそれをしない。

これは、あえて人間関係にまつわるアレコレを拡張しようとせず
なるべくコンパクトにまとめようとしてるからだと思いますね。
そしてその分の尺をバトル表現や物語の進行に回したいと

僕は女の子が嫉妬したり怒ったり泣いたり喜んだりしてる風景が
より多くあるほうが好みなので物足りなさはあるにせよ
これはこれで1万枚くらい売れてるみたいなので
充分受けている、評価されていると考えてよいのでしょう





いや戦闘シーンはさすがのカッコよさだし
変身バンクも素晴しいですよ
↑みたいなブレ→止めの瞬間的気持ちよさは特筆物です

変身シーンは通常流れで構築されていくと思うんですが
途中に止めを入れてくるこの発想は新鮮です。
変身バンクが地味に楽しみだったのって僕的にはけんぷファー以来
合体はあぶれてる子が何してるのか毎回気になった


マギ以降注目してる林勇雄さんのエフェクトや原画パートを楽しみにしてたんですが
まだ自信もって特定するに至らず
全体的に爆発はいい感じ
水面スレスレを飛ぶ飛行シーンなども疾走感あって大変良いです
これ引きの絵はCGでやってるんだろうな、ほとんど


#10
6452013007007_060510430.jpg


10話、レイ圧巻の逆切れっぷり
11話ではそれをカラスのさらなる逆切れが吹き飛ばす呆然の展開

このシリーズ、どういうわけか
あちこちに赤井俊文っぽい絵が散見される不思議


#06
6452013007006_210270200.jpg


あとはなんだろ。おっぱいおっぱい



#01
6452013007007_140200000.jpg
#07
6452013007007_140320290.jpg


その他、ほとんどの人にとってどうでもいいことですが
自家製トマトは物語上重要なアイテムなんで

せっかく畑の描写を話数によって変えるなら
せめてトマトは下段から順番に赤く完熟させてほしい
上段に着果してるのは青い状態が望ましい。そのほうが新鮮に見える
上の段まで全部赤くなってたら、トマトはもう収穫終わりの時期なんで

ホントにどうでもいいことですね






スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/330-114266cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)