大匙屋

健康第一

最近の水際表現。そして京アニの水泳アニメ  

(4/28追記:ブコメとかで要望が多かったんでgif増やしてみた。表示が重かったらすいません)


だいぶ以前の記事でも書いたのですが
プールの水際、液体と個体を分かつ線の表現はCGの侵食によって
徐々にロストテクノロジーとなりつつあります。

相変わらず萌えアニメ、学園アニメ全盛で作品ごとに水着回、プール回があり
こういった境界部分も目にする機会が多いわけですが
残念ながら、もうこの部分はメーターさんには作画させてもらえない領域のようで。
描かせてもらえないから、よけいに描けなくなっていくのかもしれない。

しかしながら
「この線が動かないのはおかしい」と考える向きもやはりあるようで、
挑戦のあとが見られる作品もいくつかあるのでした。
これは明るい兆しなんだろうか? 正直どうなのかわかりませんが
そのへんをまとめてここ数年分、少しだけ紹介してみたいと思います。


6282013004027_0601259.jpg
(2010)オオカミさんと七人の仲間たち 第09話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」

アニメバブル崩壊以降、徹底した省力化の犠牲になったのが水(主にプール)の表現で
日本のアニメはこの点においては退行の道を歩み始めました。
キラキラ光ってる水なのに動きがない。
これがアニメバブルの負の遺産
絶対にやってはいけない自然物の記号化。寒天プールです。



(2010) アマガミSS 第15話「ヘンシン」
これはちゃんと線も動いています。よく描けているほうです。
タンバックルカバーもやたら長いけどちゃんと水に揺れている。
ただ泳者の体積=質量に応じた運動ではないです。
しかしこれならやれるじゃん、という気がします。



(2010) ヨスガノソラ 第07話「ツミナオトメラ」
左上の水際は少しだけ動いてる。右上は動いてないっぽい
動いてる線もやはり質量に応じた適正な運動の表現ではないけれど
水中のマーキングや人体、はしごなどのゆらぎがすごく綺麗ですね。



(2010) FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 第07話「前触れ」
これは陽光や特効も含めて綺麗ですよね
パースが若干不自然ですが水の質感はよく出ている
泳いで、ゴールして、水面から顔を出したという一連の動きに
即した水の動きかどうかは判定しづらいですが、美しいです



(2010) 生徒会役員共 第05話「お尻、大変でしょ?/欲求不満なだけだ!/私もパンをくわえて登校しなきゃ!」
これはgifだとわかりづらいんですが
水際の境界線もわずかながら動いていて、
なおかつコースロープも動いてるんですよ。かなり凝ってます
わりと自然に見えますよね



(2011) お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第09話「夏だ!祭りだ!兄妹のM:I:V」
プールではないけど、こういう手描き表現もやっぱり綺麗です
ていうか、こんなんで充分と思うんですがプールでは難しいんでしょうか



(2011) Rio RainbowGate! 第07話「アントライオン」
これはお風呂※技法自体はわりと伝統的なもの
影だけのシンプルな動きですが、寒天プールよりよほど質感がありますよね





(2011) 僕は友達が少ない 第03話「市民プールはフラグがない(;´Д`)」
競泳、ゴール直後
ダメでした



(2011) ベン・トー 第07話「オムっぱい弁当 752kcal と ロコもっこり弁当 1100kcal」
ザ・寒天


(2012) めだかボックス 第06話「わかってもらおーなんて思ってないよ」
下半身が透過されていて透明感はあるが光の屈曲などは無視
線も動かない。動かす気もなさそう



(2012) さくら荘のペットな彼女 第08話「どでかい花火をあげてみろ」
飛び込みによって派手なしぶきは上がるが、ベースとなるプールは寒天
ただ、飛び込み直後からの水面エフェクトの動きはとても見事ですねこれ



(2012) この中に1人、妹がいる! 第09話「急襲!妹注意報!!」
もう生足だけ見てくださいと言わんばかりの開き直り



(2012) 輪廻のラグランジェ 第07話「曇り のち 鴨川」
棒で水面を引っかき回そうがどうしようが波は立たない
光の映りこみも変化なし



(2013) みなみけ ただいま 第12話「一年の計は元旦にあるらしい」
しぶきは上がるけど波は立たない、水面はゆらがない
テクスチャの光だけがACとは無関係に動いている。水際ラインは微動だにしない。
なぜ波紋ひとつくらい描けないのか?
これが2013年最新のアニメ



(2013) D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第08話「愛と夢と希望が溢れる場所」
一応直線そのままの水際では変だと考えたのか、波型の線を持ってきた、まではよかった。
しかしこの線が波型のまま固定されており、このまま動かない。
正直その発想はなかった




001l.jpg

ということで、みんな大好き京都アニメーションの新作は水泳アニメだそうで。
内容はまあどうなのかわかりませんが
ここはひとつ、水際の表現に注目してみるのも良いと思います。
京アニにできないんなら、どこにもできないですよね。たぶん

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 7

コメント

ゴールなどでプールの壁に手を付ける表現が気になりますね。
1.水面より手を上に大きく上げてゴールはしません。
2.ゴール時にプール際の水面は大きく揺られます。

URL |  #-
2013/04/27 16:10 | edit

個々の撮影スタジオの特攻技術のノウハウによって優劣が出てるのね。こうやって並べてくれるとわかりやすくてGJ部^^

URL | 呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン #-
2013/04/27 21:19 | edit

まあ素人目に見ても難しいですよね水は

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2013/04/28 00:47 | edit

「氷菓」と「たまこまーけっと」の水着回も
考察お願いします。

URL |  #-
2013/04/28 12:48 | edit

ただ波打ち際の問題というだけではなくて、水をアニメとして描くか、背景美術で描くか、エフェクトを足すか否か、といった違いもあるのではないでしょうか。さらに水面を背景美術で描いた時、波打ち際だけ動かすことで質感が変化しないか、といった様々な判断も関わってくると思います。
波打ち際とは違いますが、静止した質感は寒天にしか見えないのに、映像で見ると液体の量感が感じられる映画『どうぶつ宝島』という古典作品もありますね。

>飛び込みによって派手なしぶきは上がるが、ベースとなるプールは寒天

水面のテクスチャを波の動きに合わせて動かすという、JCスタッフの撮影力が地味に発揮されたカットでありますが、波打ち際まで揺れがとどいています。
暗くて見えづらいかもしれませんが、拡大して見てください。

>京アニにできないんなら、どこにもできないですよね。たぶん

せっかく放送中ですから、ぜひタツノコプロが制作している『波打ち際のむろみさん』を見てください。若手の動かすことが好きなアニメーターが監督をつとめている、超絶作画アニメです。バンダイチャンネルやニコニコ動画でも配信されています。

URL | ほっけ #-
2013/04/30 05:30 | edit

水をアニメとして描くというのは
あずまんが4話みたいな感じのことかな
どうぶつ宝島はいいっすね
ttp://blog-imgs-42.fc2.com/s/a/j/sajiya/videoplaybackflv_snapshot_1050_.jpg
このへんとか。イルカのシーンの波の質感とか、たまらんです

あと細かいですがさくら荘の3Dと撮影はマッドの子会社がやっとります
川下裕樹さんが監督ですね
いしづか監督がマッドの人なんで、その繋がりじゃないかなー

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2013/04/30 09:51 | edit

>水をアニメとして描くというのは

誤解を与えてすみません。最初は「セルとして描く」というコメントだったのですが、書き込む直前で「いや、業界用語として残っていてもセルだと誤解を招くかな」と悩んで、そう表記してしまったのです……

>どうぶつ宝島はいいっすね

フォルムは基本的にシンプルなのに、ちゃんと波っぽく見えるんですよね。このあたり、『別冊カドカワ』の『崖の上のポニョ』特集で、波作画の技術発展を説明した記事で、アニメーターの意図がくわしく解説されていました。

>あと細かいですがさくら荘の3Dと撮影はマッドの子会社がやっとります

失礼しました、指摘ありがとうございます。
正直、あまりマッドハウス作品の撮影が巧いと思ったことはないのですが、川下裕樹で検索してみると『織田信奈』でも撮影監督だったんですね。なるほど、あれも他社と組んで良い撮影をしていた作品でした。

URL | ほっけ #-
2013/05/01 23:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/309-9620197d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)