大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012秋アニメ 境界線上のホライゾンⅡ  

■境界線上のホライゾンⅡ http://genesis-horizon.net/

6212013003024_060230572.jpg


「セイフケンソウ」「にがたきせっせい」「キュウダイシンダイ」
「神格武装級のシセイ武神」「イヤケの怠惰」「だいてっこう、おおきなるせいぎ、きゅうだい」
「チョウシクフク艦隊」「サンマルティン」

いやあすげえ。何言ってるのか全っ然わからねぇ
第01期全13話の視聴を乗り切って、この雰囲気には多少の自信がついていたにも関わらず
序盤から「このニワカが」と蹴りを入れられてる気分になります。
正直調子に乗ってましたすいません。

でも「アルマダ海戦」はわかるよ!スペイン無敵艦隊が英国に負けたやつね!
2期はつまり、そういう話になるんだね!


6212013003024_060230570n.jpg


エリザベス。美人。
やっぱ田村ゆかりってのは、特別な声優だと思うわけです。
可愛さも品もある声質の役者さんはたくさんいるんですが
春風のような無邪気さと
凍土のような残酷さを兼備してる人ってのは少ない。

第07話の正純の交渉回はかなり見ごたえありましたね。
いかにもこの作品らしいエピソード。
合理的で圧倒的な正論を繰り出してくる相手に対し
どのように反駁を加えていくかが興味をそそります。

現実の歴史に即して考えるなら
エリザベス一世の時代のイギリスは辺境の貧乏国で
三角貿易やら産業革命やらで巨万の富を得て世界の覇権を握るのは
もう少し先の話になるわけで。

物語上の英国も「国力強化したい」「金あんまりない」
という状態なのでしょう。つか、そこ誤解すると本当にワケわからないですね。
アルマダ海戦で勝っても、それで損耗するとすぐに他国に付け入られるからですね。
だから自軍でなく、わざわざ傭兵を使う。

とりあえず「歴史再現」は国際レジームであり宗教だけど
実はさほど神聖視されてないし、人は天界に戻りたいとか別に思ってない感じ。
落っこちて200年でしたっけ。そんなもんなのかな。

でも「新大陸の開拓」なんていう話も出てましたが
人間が住めるのは「神州」だけなんじゃなかったの?


6212013003027_140210370.jpg


「エクスカリバーコールブランドにござる」
なんだそれ急に
話むちゃくちゃだな

点蔵くんはナイスガイですが横の女はビッチですね。


6212013003024_060230579z.jpg


ギンさん
1期に比べて貞淑さに磨きのかかった印象
でも実はヤンデレ


6212013003027_160470140.jpg

第09話
「当分ここには来られなくなりますが、少々お待ちくださいね」

6212013003027_160480310c.jpg

第09話
「尽くすだけで誰かのとなりにいられるなんて、ラブなめてんのあんた」

この09話の二つのシーンは構成上並べるべきじゃなかった気がする。

上の病室のシーン。
宗茂の名誉回復のために手柄を立てるべく戦場に赴くギンさんですが
これはひとつの我執にとらわれた姿なわけです。
病床の夫にしてみれば、目覚めた時に嫁がいてくれるほうが有難いはず。

下の喜美に説教されるマルガ・ナルゼの場合は
自分本位によるドグマへの陥入であり、マルゴットへの依存であります。

これら両者は微妙に意味が異なるにも関わらず
喜美の言動が結果的にギンの行動選択を肯定してしまいますよね。
これは違うだろ、と言わざるを得ない。


6212013003027_190030460.jpg


喜美を除くほとんどの女性は自己評価が低めですが(これは作者の趣味なんだろう)
ギンの場合それが顕著で、そうであるがゆえに宗茂のそばにいようとしない。
基本的に自分は無価値な存在で、宗茂とともに生きるに足る人間であることを
武功で証明したいと考える。

ただ勝利にのみ執着し、相手のことが見えてないので二代の敵ではありません。
クルス喪失後はほとんど何もできずにボコられる。

夫に生きる意味を教えてもらったと言っているが、実はそれは宗茂も同じなわけで。
この二人にとって襲名というのは事実上互いへの枷でしかない。
そのことを理解していたからフアナは襲名を解除したのだろうし
それをギンは理解できないだろうからセグンドは説明しない。
戦って負けないとどうしても気が済まない人ってのはいますからね。

僕はこのギンというキャラクター、すばらしいと思いますよ。


6212013003026_130320190.jpg


悲嘆の怠惰
この作品は、ヘンなところでモブやら洗練されてないアイデアで
泥縄式な解決を図る傾向、悪癖がある。
素直じゃないというか、屈折していると思う。

墜落したはずなのに大破もせず再登場してる白虎?
じゃあ地摺朱雀との戦闘は何だったのかと。


6212013003027_170090080.jpg


唐突に介入、コイン攻撃から身を挺し主将をかばうキャッチャー部隊やら
そういえば1期でも墜落するマルゴットを唐突に鼓舞した裏方っぽい連中やら、
コンセント化する前のトーリに熱く決意を示すモブやら出てきましたが
そこに現れる必然とか段取り、物語性に欠けてる。その温度差にとまどう。
そこはお前の出る幕じゃない、的な。興が殺がれ、角逐は色褪せる。

各戦闘の状況は必ずしも両軍にとってフェアなものではないにせよ、
ここ一番の本気の戦いってのはもっと神聖不可侵なものであるべきです。
こういうのは、真剣勝負に水を差すよ。毎度のようにこうだと。


6212013003027_180560070.jpg6212013003026_130430460.jpg


正純「これにて」終結宣言

メアリ&コールブランドが低速弾を分断した瞬間、
「すべてが終わった」と即座に両軍全員が理解できる、
そういうインパクトには欠けていた。「ん?終わりか?」みたいになる。
最後に派手な大爆発とか炎上がないからでしょうね。

そもそも悲嘆の怠惰のあと、フェリペ・セグンドが粘って低速弾を撃ち
それをメアリが払いのける。その段取りで最後に大爆発を描いてしまうと
悲嘆の怠惰いらねえって話になっちゃいますしね。


6212013003027_170050360.jpg6212013003027_180560241.jpg


「勝とう」「みんなで勝とう」
一人で損ばかり引き受けていた男という意味では点蔵と並び立つセグンドが
一転して仲間との未来に、勝利に掛けた、その低速弾一発は


6212013003027_170050420.jpg


その一発は果たしてどんな一発なのか、起死回生の一発なのか、
その一発にどんだけのものが込められてるのか、
これがダメだったら、さらにその次があるのかないのか。
ここまで粘りに粘ったセグンドだけに、そこは伝わってこないところで。
もうちょっとこれ、タメを作るなり、込められたものを描けなかったものかな。

みんなで力を合わせ、思いをひとつにする、それは確かに絵としては美しい。
それで負けたお前ら、本当に死力を尽くしたんか?
顔に傷どころか汗もかかず汚れひとつないやんか。ピンピンしとるやないか。

髪の毛爆発させて、タンデム自転車で逃げていけとか言う気はないけど
最近のアニメってこんなのばっかですよね。何とも思わないのかな、作るほうは。
天下のサンライズなのに「なんでできないの?」とか思うんですが。
誰も「おかしい」って言わないからでしょうね。

僕から見たら、トレスエスパニアの連中はギンさんを除いて
どいつもこいつも負け方がダッサダサです。崩落や瓦解、その悲壮美が描けてない。
壊すためにあるものを、なぜ壊さない。
カッコばっかりつけやがってなにが「終わったんだな」じゃボケ。
演出が終わっとるわ。


6212013003027_180560240.jpg



最終盤のひとつの救いは、以下の台詞があったことです。

「人々がどれだけ敵対しようと、傷つけ合おうと、
世界を喪失から救えるならホライゾンは満足です」

これで二期全13話はうまく総括されてるように思う。
仮に続編があるとしても、この台詞が鑑賞のために寄る辺となるでしょう。

なんか前回に続き全然まとまってませんが
境界線上のホライゾンに関してはこんなところで。


6212013003026_140030062.jpg


映像ソフトは売れに売れているそうですね。
リア充で無力なのに不思議と人に愛されるトーリそのまま。
この作品の何がそこまで強力に人を惹きつけるのか
さらなる考察が必要かもしれません。

僕自身も面白いと思って見てましたが
何がそんなに面白いのかをまったく説明できないままです。
とりあえず非オタにはオススメできないです。ハードルが高すぎます。







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 1

コメント

実はミトツダイラちゃんも大好きです!!!!

URL | 右曲がりのダンディー #-
2013/03/28 02:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/300-74fd58d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。