大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「KANON」とは終わりなき日常の友引町である  

「KANON」を見てみた。

Key/ビジュアルアーツの一連の作品を理解するために
まず最初に用意されているハードルは
デザイナー「樋上いたる」の特異な絵柄を受け入れられるかどうかの一点だ。
これがまさしくBasic認証となっていて
その先のディレクトリに用意されてあるのは
「KANON」という名の閉鎖的ソーシャルネットワークシステムである。


俗に「いたる絵」と呼ばれる樋上いたるのデザインは
現在ハーレム系アニメにおいて主流となっている、いわゆる「萌え絵」の
系統とは違う、きわめて独特なセンスで大胆に記号化されている。
丸顔に鋭角的な顎、総じてタレ目がちな巨大な両目と同一底辺上で隆起する鼻頭
デザインとしての洗練度は低くはないが、その個性的なバランス感覚に
初めて見る人はギョっとすることだろう。

一連の作品群には、俗に言う「ギャルゲー」を原作としている関係で
主役の男性1人に対して数多くの女性キャラが登場することになるわけだが
その多くの女性キャラも、頭髪や服装、身長等の設定を度外視すれば
その基本的な意匠においてほとんど差異は見られない。

それをデザイナーの力量の問題と取るのかは意見がわかれると思うが、
造形的差異の不備をフォローするように、各キャラクターには
「うぐう」や「あうう」といった奇妙な口癖を発するという設定が多く見られる。
いずれにせよ、この「いたる絵」の造形美を受け入れることができれば
作品の入り口には立てている、ということになる。


「KANON」
主人公・相沢祐一は両親の海外赴任にともない7年ぶりに「雪の街」を訪れ、
叔母といとこの住む家に居候することになる。
彼はなぜか7年前の「雪の街」での記憶を失っている。
その街での生活の中で出会うさまざまな少女たちとの不可思議な現象を追う物語。


この「雪の街」が何処なのかについて作中で言及は為されていないが
おそらく北海道のどこかの大都市ではないかと思う。
「不思議な伝承・言い伝えのあるキツネ」が生息する丘があって、
主人公のまわりにはいろいろな「奇跡」と呼べる現象が多発する。
狂言回しのような役者も存在せず、視聴者は民話的なアナロジーを駆使する
わけでもなく、ただ淡々と起きていく不可思議な事象を見せられるが、
全編を覆い尽くす見事なまでの美術処理、静かに降り積もる雪、低温の描写、
鍵盤主体の硬質でゆるやかな劇伴などに気を取られ
通常ありえない話の展開が、まったくと言っていいほど電波的には見えてこない。
それどころか「ここで泣いてくださいね」とばかりに用意された場所では
しっかりと泣けるように出来ている。
つまり「上手に乗せられていく心地よさ」がある。


結局のところ、この物語は「誰かの夢の世界のできごと」であり
登場人物たちは皆で同じ夢を見て、同じ体験に笑い、泣き、苦しみ、
それを糧に成長を遂げていく。
虚構の世界において体験する虚構とは、結局虚構世界の現実と同じであり
夢を見ながら目を開いたときに見える風景ははたして現実なのか夢なのかという
問題ですらなく、大切なのはそれを人が愛しいと思うかどうかだ。
なにも失っていないはずなのに喪失感が生まれ
何一つ得てないはずなのに人は満足したりもする。
それが「誰かの夢の世界のできごと」として用意されたシナリオであっても
それをもたらした「ある種の力」の存在に人は感動する。



夜の学校で魔物退治する奇跡、不治の病が治る奇跡、死線を彷徨う大事故から
生還する奇跡、いるはずのない人が現れる奇跡。
それらはすべて「強い思い」と「不思議なキツネの伝承」のある不思議な街が
起していくものと結論づけられるが
本来伝承や寓話というのはそういうものだった。
それが何故起こるのか、というのは瑣末な問題にすぎない。

7年後の切り株横の茂みにプレゼントが残っていたのも
「そこに残っていて欲しい」と祐一が強く望んだからであり
祐一の記憶が残っていなかったのは「忘れて欲しい」とあゆが望んだからであり
あゆの探し物が見つからなかったのは、見つけたくなかったからであり、
7年後に祐一が戻ってきたのも、戻ってきて欲しいと皆が望んだからである。
つまりこの世界において、想いとは実現するものであり、そのことに
誰もが無自覚であるがために物語は終焉を迎えることがない。
まさに「終わり無き追奏曲」=カノン。

終わりのない日常と紡ぎだされていく人と人との綾。
決してあたりまえではない世界の中に広がっていく奇跡の日常。
我々はそれをメタな視座で追体験するわけではなく、
「いたる絵」とともに世界を受け入れた時に、この世界で起きる現象を
あらかじめ「許していた」のだ。
だから「泣いてくださいね」という場所で泣くことが出来るし
「あゆエンドじゃ名雪が可哀想だろ」と幾らでも自在に感情移入できる。
マルチエンディングのPCゲーム版で補完することもできる。


少々問題があるとすれば・・・
終わりなき友引町からの脱出には大きなカタルシスがあったのに比べて
この「雪の街」の場合はできれば壊したくない、と思ってしまうことではないか。
そしてそれは、おそらくとても危険なことである。




公式ページ



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 5

コメント

はじめまして
若い子と○○中!
ハメ撮り強行軍!
というのに興味がわきました。
がんばってください。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2007/03/31 23:55 | edit

ちょwwwwwwwww

がんばらせてどうするwwww

Kanon、現在名雪ルートで攻略中。
あゆは最後にのこせといわれてます。

まぁそんな気はするのだけどね。

BLの作画もやってたのか・・・。

URL | れお #kbbpDiHs
2007/04/06 14:21 | edit

ごめんコメントあったのに気づかなかった…

俺ゲームのほうはやってないんだけど
×××なシーンとか、×××したりとか
やっぱりあるの?

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2007/04/09 23:30 | edit

PC版はあったらしい。
おいらやってるのはPS2版。


ちょっとガッカリ(ぇ

URL | れお #kbbpDiHs
2007/04/12 20:12 | edit

それはガッカリ(え

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2007/04/12 23:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/30-3aa18dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。