大匙屋

健康第一

2011秋アニメ 境界線上のホライゾン  

■境界線上のホライゾン http://genesis-horizon.net/

2期を見るためには、まず1期を見なければ、ということで・・・
豊作年だったはずの2011年放送のアニメは
諸事情があってほとんど見れていなかったのです。
なんとかしないとHDDが空かないので、ずっと気には留めてるんですが。

で、友達がこの作品を「幸福なアニメ」とレビューしてたので
ずっと気にはなっていた「境界線上のホライゾン」
予備知識はほぼゼロ。原作ラノベが分厚いということくらい。


6202013003019_030590590.jpg
6202013003022_050330580.jpg
6202013003002_040220190.jpg
6202013003022_050340060.jpg
6202013003019_030280320.jpg


もうね


5586bbd8ce592d117898ad1083207f56128c528c.gif


という状態が5話くらいまで続きましたよ。
途中で急にわかったというより、慣れた。

#01
6202013003002_040220071.jpg

「じゃ、トーリは無断遅刻かな。
まあ、セイレンの暫定支配下にある極東ムサシの総長はこれくらいじゃなきゃね。
歴史再現の名の下に、各国の代表が教導院の学生に姿を変え、極東を分割支配している今。
極東の代表には、セイレンの支配に都合のいい人物、アオイトーリ。
彼のように、もっとも能力のない者が選ばれる。
しかも、インポッシブルなんてアーバンネームまで与えてね」


6202013003002_040220072.jpg

「もう160年前からそうだもんね。
本来このシンシュウの大地はすべて僕たち極東のものなのに
ずっと頭下げたり協力したり金払ったりで、このムサシは極東の中心になろうにも、
移動ばっかりの権力骨抜きでどうしようもない」


201202220128410.jpg



いろいろ突き詰めて考えていくと、この序盤をわかりにくくしてるのは
「シンシュウ(神洲?)」「極東」「ムサシ」あと「三河」
これがそれぞれ何を意味してて、互いにどういう関係なのかが
まったくわからない点であろうと思いますわ。
(※第01話EDの譲治のナレーション、「シンシュウ」が「新種」に聞こえる。
これも混乱の元)


ムサシに関しては舞台となっている空中浮遊艦のことだとわかりますが
そのムサシと「三河」との関係が、とにかくわかりにくい。
ムサシがなんで飛んでるのか、どこへ向かってるのかがまず気になり
そこで暮らす人々がどういう営みをしていて何を望んでるのかとか、
外との関係がどうなってるのかという問題以前に
進行にしたがい拡張されてくであろう、物語の小宇宙そのものがつかめない。
取っかかる足場が何もないんですな。


6202013003002_050080520.jpg

アオイトーリという、この少年が主人公らしいので
メーテルリンクとかオーノワ夫人の童話がベースかなとか色々考えるんですが
どうもそういう話でもないようで。


ただこの煩瑣で情報過多でわかりにくい序盤を強力に支えてるのが
この少年トーリのキャラクターの徹底した朗らかさと、
「好きな女の子に告白したい」という行動目的の宣言ですね。

話の内容はまったくわからないけど、いやむしろわからないだけに
トーリが好きになった女の子に告白したい、
そして彼の仲間たちがそれを応援する、という
ごくシンプルな構図だけが強く印象づけられる。

どこまでも前向きなトーリと仲間たち。
このおかげで、どうにか物語への興味を失わないで済みます。


6202013003002_040220070.jpg


あとはおっぱいですね。まあすごいもんです。


6202013003022_150250500.jpg
6202013003022_150260010.jpg


で、その告白を前に
トーリが好きな女の子ホライゾンが奪われ、
それを奪還するという新たな目的がセットされる。
これは、すっごくわかりやすい。

ホライゾンが世界を終末から救うカギになることで
ホライゾンを救うことが正義となり、それを邪魔する奴が敵となる。
そこからあとの展開はジェットコースターです。


6202013003022_150170420.jpg


ディベートによるバトルなど、この作品ならではの独特な見せ場も盛りつつ。

敵側にしてみれば拉致したホライゾンを即刻処刑すれば
無益な戦闘を避けることが可能なわけだけど、そうしないのがちょっと不思議。
理由なんていくらでもデッチ挙げられるだろうに


終盤に向けてガチのバトルシーンも増えていきますが
トーリたちにとって絶体絶命のピンチは来ない。
たくさんいるキャラにそれなり~そこそこの見せ場を用意してはいるけど、
本当にヤバげな敵はおらず、盛り上がるところがない感じはちょっとする。

ホライゾンの自害が完了しさえすればムサシは自動的に行動目的を失う。
そのため敵はトーリたちを本気で倒しに来ない、
防戦メインで最初から時間切れ待ちのようなところがあり、
これが緊張感に欠ける原因かも。
もっとイレギュラーで予測不可能な動きをする敵が居ればよかったのか。


6202013003021_050020080.jpg


いずれにせよトーリがホライゾンへの告白を達成してしまうと
ここまで物語を牽引してきた姫救出ミッションが終了してしまい
この後どうやって話を引っ張っていくのかな?と心配になるんですが。

・大罪武装を全部集め、ホライゾンの失われた感情を復活させる。
・末世の回避

この二点は連動してるようなので
これが二期の中心ミッションになるのかもしれませんが
そもそも失われた感情を取り戻す必要って本当にあるのかな、と思ってしまいます。
無口キャラってのも、ひとつの萌え属性ですしね。
とくにホライゾンの場合、今のホライゾンでなくなるほうが損な気がします。


その他、1期で未解決の問題は

6202013003022_150110510.jpg
オリオトライ先生の謎

6202013003022_150120350.jpg
休憩所の謎

6202013003022_150130360.jpg
「公主隠し」「創世計画」

6202013003022_150140220.jpg
少女の霊


こんなとこですか。
では二期を見てみましょう。

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 2

コメント

武蔵さんは俺の嫁!!!!

URL | 通りすがりのナイスガイ #-
2013/03/22 21:04 | edit

ああ
好きそう

URL | 名無しさん@管理人 #-
2013/03/23 00:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/299-9d3bbbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)