大匙屋

健康第一

2012夏アニメ ソードアート・オンライン  

■ソードアート・オンライン http://www.swordart-online.net/

市場からもちゃんと評価を受けた作品なので、今さら僕などが何かを指摘しても
しょうがないでしょう。
すべての作品はこの作品を越えることを目指せばいい。
それ自体は不可能なことではないと思いますが、
この作品の場合、物語として至らない部分も含めて「不完全であること」が
逆に人気の秘訣になってるような気がして、そこが興味深いというか
面白いですね。

とりあえずアスナ可愛いよアスナ。

#10
6072013001021_230470000.jpg


キリトが人を避ける理由を問うアスナ。
全滅した昔のギルドについて語るキリト。

宿命として影を背負うキリトを救済しようとするのがアスナで、
アスナはいつも光源の側にいて、アスナがキリトの顔に光を当てます。


6072013001021_230490240.jpg


同じく第10話、救援に駆けつけたアスナはやはり光源の方角にいる。
イメージカラーの白が強く印象付けられますね。
第02話以降、アスナが物語を離れたのは
キリトがアスナと再び出会うのに必要な因業を積むためとも言える。
それを光で照らす役割がアスナに与えられているわけです。


6072013001021_230020040.jpg6072013001021_230000570.jpg

#14
アスナと光源の関係はいたるところに配置されていて、
つまりキリトにとってアスナは「光」「希望」「明日」「未来」のイメージなんですね。
それによって14話の生還後、病室の影の中で目覚めたキリトは
アスナを求めて光源の方向に歩いていくわけです。


この二人は第08話「黒と白の剣舞」以降、急速に関係が深まっていき
その進展ぶりには唐突なイメージさえあるのですが
これは二人が互いに嫉妬をする機会を与えられていないからでしょうね。
一直線に結婚までいってしまう。
まあこの爽快なまでの捗り方にも類例がなく、逆に新鮮であるのですが。

アスナは可愛くて強くて責任感があって、もろさもあって一途でやさしく
料理上手でエロくて表情がくるくる変わって周りにモテモテ。
スキのなさが恐ろしい、あまりに完璧すぎて人によっては息苦しいかも。
そういう人は、親しみやすいスグハのほうを支持するのかもしれません。

で、スグハについて。

#25
6072013001021_230280450.jpg


最終話、最重要シーンがここです。


6072013001021_230030280.jpg
6072013001021_230040180.jpg

「リーファ。俺、ステータスリセットして弱っちくなっちゃったからさ。手伝ってくれよな」
「うん。いくよ。どこまでも一緒に」


まず最初のポイントはスグではなく「リーファ」と呼んでいること。
妹スグの気持ちには応えることができないが、
ゲーム世界においてスプリガン・キリトの相棒は
まぎれも無くリーファであり、どこまでも一緒だということですね。

スグハ最大の懸案はアスナが帰還したことで微妙になる自分の居場所であり
キリトの言葉はひとつの救済となる。
身を引くこと以外にできることがある、必要とされてるということが
人間にとってなによりの喜びなのです。

そして第二のポイントが「手伝ってくれ」
コミュ障気味のソロプレイヤーであった頃のキリト君なら
どんな難易度のミッションであろうと、自分から誰かに助力を頼むことなどあり得なかった。
このセリフが唯一、キリトの人間的な成長を示しているわけです。


物語として指摘すべき点をひとつだけ。
スグが兄に恋をしたという事実はアスナ救出に繋がっているけれど
リーファがキリトに恋をしたという事実はそうでもない。

6072013001021_2300203420.jpg

これがなんらかの形で、問題の最終的解決に繋がっていれば
後半は完璧だった。

リーファが恋をしていなかったらゲーム内でアスナは助かっていないという状況。
これがないから、リーファの恋は本筋とは別の話になってしまっている。
結果としてスグルドの裏切りやケットシー&シルフの会談などは
フィラーエピソードの扱いにならざるを得ない。
まあ、どんな作品であろうと完璧ということはあり得ないんですけどね。


内容についてはそんなところですが、あとは子安劇場。

#24
6072013001021_200260480.jpg

「あーーー手があ!ぼくの手があーーー!」

6072013001021_200270320.jpg

「おーーーわーーー」


このあたりの子安さんはもう本当に心から楽しそうで、こっちまで笑ってしまいました。
全然笑う場面じゃないのに。










スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/280-a90f31d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)