大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012年春アニメまとめ(2)  

さんかれあ http://www.tbs.co.jp/anime/sankarea/

第09話に妹回が挟まった時点で「ああ、まとめずに終わる気かな」と思った。
親父関係で二回、爺ちゃん関係で一回必要と考えると
残り話数で着地は無理なような気がしたから。

それだけに、散華邸で親父が古谷とちょっと話しただけでヘタれたのには呆然とした。
なんだこれ。

663315122012072701.jpg

結局彼はピグマリオンでもパラフィリアでもなく
ただのバブル世代のカッコつけ親父に過ぎなかった。

6633151220120722627.jpg

この機上の絵とか、モロにカッコつけでしょう。傷心旅行。
れあの足元にとりすがって、捨てないでくれと泣き叫べよ。
でもそれはできない人だったんだな。
男として愛されないと知るや、「理解あるオヤジ」を演じることで
愛されパパのポジションに逃げ込んだわけです。保身のために。
そんなんで欲しいものが手に入るわけがねえです。

冷静を装う影で嫉妬の炎をめらめらと燃やすタイプなのかと思いきや
ダメだとわかったら執着しないタイプだったことにされた。
16年間醸成された倒錯性愛なんてなかった。ほんとガッカリです。

見たかったのは大団円に向かう前の狂気の炸裂です。
ファミリードラマは古谷家でやってるんだから必要ない。
せっかくここまで仕込んでおいて、どうしてこう中途半端なのでしょう。

この作品って、これ以上濃いキャラはもう出てこないと思うんですよ。
なんでこんなにあっさりと切っちゃうのかな、このキャラ。あーもったいないな。



戦国コレクション http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/sencolle/

いくつか人の書いた論評を読んだけど、本質を突いてると感じたものは
ひとつもなかった。
といいつつ僕も「この作品はこうですね」みたいにうまく説明できないままです。
なんかとりとめが無いですよねこの作品。

現代に迷い込んだ美少女戦国武将というだけでキャラは立ってる。ギリだがまだいける。
武将たちが異文化に接した最初の混乱は省かれ、ある程度なじんだり順応した後を
描くオムニバスということで、スタートは毎回スムーズ。
すんなりと展開に入っていける気楽さがある。

情報の少なさがひとつのポイントであると思う。
生存適応能力の高い人たちが時代のギャップを乗り越えていく話だろうということまでは
想像がつくところに、映画パロを持ち込むことで既視感をうまく打ち消してます。
ギャップのもたらす混乱なんかはいちいち描かない。そんなのはもう新しくないわけですね。

弱点としては、話に深みなどありようもなく一回見れば十分な内容
まあたまに変化球を投げてくる意外性はありますが。
SGへの集客が主目的なら、充分これでいいのかも



663315122012072601.jpg66331512201207263.jpg

ちょうどうちにビデオがあったんでちょこっと
この作品、今ではもう余程でかいビデオ屋さんとかでないと置いてないんじゃないかな。
梶芽衣子さん美しいです。

6633151220120726042.jpg
赤いボーダーが模範囚、青が一般囚
663315122012072604.jpg
この衣服のことは赤テン、青テンなどと言います
6633151220120726052.jpg
トリックスター三人
663315122012072603.jpg
わっしょいわっしょい
6633151220120726022.jpg
隈取
663315122012072602.jpg
三原葉子さんです。若い人は知らんだろうな
故・淀川長治さんが絶賛していた女優

663315122012072607.jpg

信長「ちょっと、逃げる気?」
政宗「フケやしないよ。小十郎を探しにいくだけさ」


この「フケる」という言い回しも「女囚701号 さそり」で頻繁に使われる表現です。



その他、11話の――
この作画は小島崇史さんでしょうか。最近すごいねこの方

643251507262211.gif

これで思ったけどメイド服にポン刀の組み合わせは意外にアリですね

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/264-28c14168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。