大匙屋

健康第一

「謎の彼女X」のコレジャナイ感  

謎の彼女X


35361215412923_2012_05_29_112.jpg


結論を端的に言うとこの作品は導入部にあたる1話、2話の出来が良過ぎる。
唾液の授受といった行動に生理的嫌悪感を抱く向きもあるだろうが
良質な作画と圧倒的な情報量で非日常へと引きずり込んでくる強引さがある。


35361215412923_2012_05_29_114.jpg


主人公の少年が夢に見る異世界のイメージと、その音楽がすばらしい。
チューバとオルガンが印象的な……この手の曲はなんていうのかな。
「モダンタイムス」の「Titina」とか、ハチャトウリャンの「仮面舞踏会」とか
ああいう怪しげなサーカスみたいな雰囲気を感じさせる。

「その声はこう言ったのよ」
「椿君、あなたがあたしの、生まれて初めてのセックスの相手となる男の子だって」
「あたし、あの日からずっと椿君が好きだって言ってくれるの、待ってたんだよ」

抑揚のない新人声優によって扇情的な台詞が淡々と語られ、
反社会的人格と奇異な行動パターンを持つヒロインの異常な能力が表現され、
食虫植物に捕食されるように、じわじわ追い込まれるように
視聴者は少年とともに「恋に落ちていく」
どこか恐ろしくもあるけど、その深淵を覗きたい、先を見たいと思わせる。

この優れた導入部の結果、強く印象に残るのは
「この少女の正体は何か」「少女の真の目的や、行動の意味は何か」
といった疑問。

彼女の行動には深い意味があって、きっとどこかで辻褄が合うのだろうと。
「だってあたしはそういう人だから」で彼女の説明は済んでしまうが
きっとそんなはずはないと。必ず何かあるはずだと、我々は思ってしまうわけだ。


35361215412923_2012_05_29_113.jpg


執拗にカメラが追うアダムスキー型のマスコットなどにも
少女の抱えるバックボーンへの繋がりを求めてしまう。
あるいはそれはミスリードかもしれないと懐疑的になってしまう。
ようするにそこには意味があると思わされてしまう。

なにしろタイトルが「謎の彼女」なのだから、その「謎」の部分が
興味の対象になるのは致し方ないところだろう。


しかし、物語は何故か「謎の」ではなく「彼女」のほうにフォーカスしていく。
少女のコミュニケーション不全が解消され
第三者のアドヴァイスがかたくなな心情を解きほぐし
「謎の彼女」は「ただの彼女」と化していく。

謀略とミステリーが渦巻くかに思われた世界は
甘酸っぱい青春物の様相を呈し始める。
「よだれを介して意思の疎通を図る特殊能力」は
本当にそういう人だから、という前提に帰していく。

何が起きたのか、正直よくわからない。


・卜部にとってセックスは目的ではなかったのか?
・「声」の主は?
・涎を毎日舐めさせる行為に(本当の)理由はないの?
・パンツになぜハサミ?
・椿からのデートの誘いよりも優先される日曜日の用事とは?
・二話で一緒に下校してるとき、いつもと違う場所で別れた理由は? 
・かたくなにスキンシップを拒んでいたことに合理的な理由はないの?
・そもそもなぜ涎が絆となり得るの?その涎の謎は?

序盤に跳ね上げた期待値の分だけ、保留にされた疑問はくすぶり続ける。
そしてこの問いに作中で解が与えられることは、無さそうである。

少なくとも僕が強く興味を持った卜部美琴は狂気の人で
おっぱいを揉まれたり耳を舐められたくらいで泣いたりしない。
組み伏せられて抵抗を諦め、女の顔になったりはしないはずだった。


主人公少年の望む方向にしか転がらない話って、不出来なギャルゲーじゃないか?
それって面白いのか?
僕らが常に望んでいるのは非日常であり、主人公にとって最悪の展開であり、
見たいのは登場人物の狂気ではないのだろうか?

狂気を捨てて普通化していく物語に、どうしてあの強烈な導入部が必要だったのだろう。
どうしてアダムスキーUFOのミスリードが必要だったのだろう?



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 4

コメント

原作の漫画の方でもまだ明らかになってないことに対してどうこう言われましても・・・

URL |  #-
2012/05/30 08:04 | edit

謎豚ってのも困り者だな

URL |  #-
2012/05/30 22:17 | edit

原作を一切読んでないのが分かる
ただそれだけ

URL |  #-
2012/05/31 01:40 | edit

原作既読側。
アニメは女性側(卜部の心象)からの主観描写が多くなっていて、当初は新鮮だとは思いましたが、その為男性側(椿)から見た場合の彼女の言動に対する疑問の解答が視聴者には出てしまっている状態になり、結果早々に茶番に見えたかなと。
卜部に同性の友人が出来て、そこで同性同士お互いの秘密を共有しあう様から徐々に読者も「そんなことを考えているのか」と伺える作りだったので、少なくともそこまでは思春期男子の抱く異性の思考への「謎」を意識して作って欲しかったなー、と思いました。

URL |  #-
2012/07/07 15:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/256-18f870fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)