大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2011冬アニメ Rio RainbowGate!  

Rio RainbowGate!
http://riorainbowgate.com/

萌えパチとか萌えスロとか言われる遊技機のキャラらしい。
僕はそっち方面にはとんと疎くて申し訳ないのだが
それでもリオに関しては、これ萌えキャラか?と首を捻りたくなる。

何が問題なのかというと、デザインにも設定にも隙が無さ過ぎる。
不備や弱点、欠乏といった「隙」のないところに「萌え」はない。

登場人物で萌え要素を持ってるのはアーニャとミントくらいだが
主役のリオが保護者役としてもしっかりし過ぎていて、心配無用状態になってしまう。
これだと、少なくとも萌えアニメとしては成立しない気がする。

ソフト売り上げ的には惨敗だったようなので
あまり期待せずに視聴したが、出来自体はそう悪くない。
作画はひどい部分もあるが、大半は安定して高水準。

kol12351_1235.jpg
kol12351_1234.jpg

とくに↑リナのデザインはかなりいい線いってると思う。

乳揺れやエロ描写は目を見張るほどではないにせよ嫌味にならない程度。
おっさん視聴者的にはこれくらいでちょうどいい。
若い人にはこんなもんじゃ全然物足りないかもしれないな。

#12別荘前アプローチでのリオの歩きの作画がちょっと面白かった。

kol12351_1233.gif

俯瞰での乳揺らし、というか乳振り
gifアニメだとタイミングが今イチわからないので本編で見て欲しい。
ステップを昇る動作と影が妙に凝ってる。何気ないシーンでなぜここまでやるのか。



物語に関しては、福本的なバトルを期待すると肩透かしを食らう。
基本は美少女による愛すべきバカアニメである。

西海岸風のカジノを舞台に、相次ぐライバルたちとの勝負を通して
最強のディーラーを目指すリオの自己実現の物語なのだが、
そもそもディーラーってのはゲームでいう親という意味だし
親が最強であるカジノになんか普通は誰も行きたがらない。

なのでリオは「お客様本意」をひたすら強調する。
「お客様がお望みなら」が決め台詞であったりするのもそうだし、
「一度だけ自分のために戦ってみようと思う」といった台詞も
彼女が徹底して顧客満足度に重点を置いていることを意味している。

で、そこの部分ではリオはもう完成されたキャラクターなのだ。
MVCDを獲得する強い動機は持っていない。
作劇はここで失敗している。

カルティアとハワードの賭けはリオとは無関係であり、
全力で戦うことでリオはリナに対しても過去の義理を果たしていると言える。
それ以上、何が何でも勝利に固執する理由がないために
「ムカつく奴らをギャフンと言わせたった」程度の満足感しか得られない。

一見ストーリーは綺麗にまとまっているように見えるが
最終的にリオはMVCDを獲得しても、母を一面的にすら越えていない。
ここまでお膳立てをしておいて、なんだかもったいない話だと思う。


kol12351_1236.jpg

リナに関して強調すべきはここ。

リオに勝ちを譲られ、勝負の相手として認められなかったことを悟り
リナは激しく傷つくが、真の感情を隠して喜んでみせる。
母はリオを必要以上に咎めず、リオはリナの感情にまったく気づかない。
ここがリナの勝負師としての生き方を決定する瞬間であり
その後の二人の運命を左右した出来事だったはずなのだ。

このシーンをリオ視点のみでなくリナ視点でも描いていれば
事実を知ってなお勝負に生きようとするリナの姿はより輝いて見えたはずだ。
ミントを助けてハンパに好感度を上げるわざとらしい演出など必要ない。
勝負師は勝負の中にだけ居ればいいのだ。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/245-1678bfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。