大匙屋

健康第一

2010夏アニメ あそびにいくヨ!  

あそびにいくヨ!
http://www.asoiku.com/index.html


主要キャラの行動目的(執着)と弱点を整理してみると、
つかみのための設定がちょっと弱いのかなという気がします。

嘉和キオ 執着=よくわからない。友達が大事。自分のやりたい事を探している。
/弱点=よくわからない
エリス 執着=交流したい/弱点=よくわからない。発情期。
真奈美 執着=よくわからない/弱点=キオに対し素直になれない
アオイ 執着=キオへの思慕/弱点=エリスにキオを取られそうで不安


最初の米軍基地拉致事件の行動、
真奈美にしろアオイにしろ一方的にエリスを攻撃し拉致しているわけで、
その後の救出劇に参加したとはいえ、エリスには自力脱出できる能力があったため
真奈美やアオイ、先生の印象はネガティブなまま。

で、エリスとは一体どんな子なんだろう、ナイスバディでいつも笑顔だけれど
怒ったり泣いたりするんだろうかとか、
事件のあと、視聴者の関心はエリス本人に向かうわけです。

そこで真奈美やアオイが大使館(キオ宅)に押し掛ける形になって、
始まるかと思われたキオとエリスのロマンスのステージが邪魔される。
もうこの時点で、真奈美やアオイには感情移入のしようがないのです。
アオイにはまだしおらしい部分もあるが、真奈美に至っては利己的でノイジーで、
可愛いところを見せてくれることもない。

その後の展開では真奈美がアオイに肩入れすることになり、
結果的にエリスの登場シーンはさらに削られていく。
真奈美やアオイを見直す機会が視聴者に与えられないまま、
どうやってキオを「攻略」するかという話になっていく。
視聴者が見たい・知りたいと思っている方向に話が転ばず、ストレスとなる。

エリス自身も、実際はただ単に笑顔だけの面白味の薄いキャラで、
扇情的な仕草を見せる以外には話の起点となる要素を持っていないため、
余計に物語の切り口は真奈美・アオイ寄りになります。

序盤におけるこうした三角・四角関係の構築の失敗が最後まで響き、
ロケット発射前に本音をぶつけ合うという重要なはずのシーンでも
エリスだけが一人、大人の対応をしているように見えてしまう。

米軍による拉致のあと、ネコミミ教団による拉致事件が続くのも
構成として旨味がない。
同じような話を繰り返すくらいなら、日常の風景をやってくれればいいと
感じる人も多いでしょう。


突然ネコミミの宇宙人がやって来る、朝起きたら半裸で隣に寝ているといった
ベタベタな展開は、やってるほうもわかっていて、それだけではない展開に
しようと思って作ってるはず。

でも実は、見てるほうはベタベタなものを「うわーベタベタだ」と思いながら
それでも見たいという段階だと思うんですよ。何周目かの。
アマガミなんかが受け入れられてるのは、そういう部分じゃないのかな。
今時これはないだろ、と突っ込みながら楽しんで見てるというか。
そういう欲求が確かにあって、この作品の場合はそこを敢えて外してくるので
微妙なコレジャナイ感が募りますね。

ラストのアクシズ落としみたいなのも、擬似反物質なんちゃらで
撃てばよくね?とか思っちゃいます。

延期を重ねて最近出たOVAはカンパネラと同じようなおっぱい祭りだそうで、
まあ色々と無様な作品ですね。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/224-50902b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)