大匙屋

健康第一

「あの花」最終話の違和感  

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


どう作ったって、幼馴染を二度も失う話なんて泣けるに決まってるのだ。

最終話で強く感じたのは
「ここまでバカみたいにわかりやすくしないとダメなのか?」
ということ。

東のエデン、エンジェルビーツが商業的に成功し、
明暗を分けたまどかマギカとフラクタルまで
業界にオリジナルアニメ復活の兆しは徐々に見え始めているものの、
まだ隆盛というほどには至っていない。

「true tears」「CANAAN」といった微妙な評価のオリジナル作品を
延々と出し続けてきた岡田麿里脚本。
ノイタミナ枠ということもあり、ライトな視聴者層に向けて
これでもかとわかりやすさを徹底することで
リスク回避を優先した面は大いにあったと思う。

声優陣の熱演と相まって、登場人物の苦悩はストレートに伝わってくる。
嗚咽や慟哭が貰い泣きを誘い、感情を揺さぶってくる。
この勢いには、多くの視聴者が飲まれてしまうのも無理はない。

この学芸会のような展開を選んだ結果として、
つるこ、あなる、ぽっぽのキャラはそれなりに立ったが
「リーダーじんたん」をゆきあつが承認するトリガーは用意されておらず、
顕現しためんまに対し、ゆきあつが感極まって突撃しない理由がない。
10話までかけて、折角ここまで先鋭化していたゆきあつのキャラは完全に潰れた。

主題歌「SecretBase」の挿入もあざとさが際立つように感じた。
しかし「あの曲が流れたのは良かった」という人も少なからずいるようなので
そこも視聴者のフェイズシフトが色濃く出る部分かもしれない。

愁嘆場における感情の移ろいを言葉や演出を用いるのではなく
乗りや様式美で表現しようとしている。
ドラマティックではあるけれど、人によっては過度に芝居じみて逆効果となる。
彼らはかつての友情を取り戻したというより
大切なものを失う痛みを分かち合うために接近したように見える。
それはわりと、震災直後という時代の気分に合致するものではある。
でも結局、めんまの願いに彼らの団結は直接関係がなかった。

境内での自己啓発セミナーや唐突なかくれんぼに違和感を感じるなら、
それは完全オリジナルアニメを受け入れる準備の整っている人だからだろう。
ぶっちゃけるが、この作品は半年後には忘れ去られていると思う。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 8

コメント

荒らしがつきそうなので、先に賛同のコメを寄せたいと思います。

俺もこれ、置いてけぼりを食らった口なんですが、好きな感想ブログのどれもが褒め言葉ばかりで、アンチでもないけれども「特に面白いと思えなかった(というか途中から冷めた)」視聴者の俺は、かなり驚いています。
というか、このアニメに批判的なことを言うと、ナニ叩かれるかわからない今の状況が、正直怖いです。
個人的には、あの「筆談できたなら最初からドゾ」の辺りが一番冷めた原因だったんですが(蒸しパンは調理できるのに日記にしか筆談ができないのはなんで?)、それでも9話までは期待、10話でやっぱダメかも、11話で、あーやっぱり、といった感じでした。
主さんのおっしゃる、
>ドラマティックではあるけれど、人によっては過度に芝居じみて逆効果となる。
これもアレレレレとなってしまった大きな要因ですが、それ以外にもご都合主義が幾つも気になって。

主さんのご指摘の通り、
>どう作ったって、幼馴染を二度も失う話なんて泣けるに決まってるのだ。

の通りです。これが、端的にこの物語の甘さを言い当てていると思います。

URL | すいません、素通りで。 #-
2011/06/27 21:08 | edit

半年後どころか3ヶ月後にはカンペキに忘れ去られている作品多々。諸行無常。
最近は受け手の読解力まで考慮してあげないとイカンみたいだからねぇ。大変だ。
ライターと視聴者の世代差も問題だしね。

たぶん、ある年代より上の連中が見たら、違和感は少ないんだと思われる。
コレある意味、古き良き時代の青春物テイストに仕上がってますからね。

女装男はどうしようもないガキだけど決してバカじゃないので最後で大人になることが出来ただけだしなぁ。
他者を受け止めるプロセスが嗅ぎ取れるかどうかなのだろうね。

URL | とぅっとるー #2x.LPFvg
2011/06/27 22:26 | edit

荒らしも来ない過疎ブログ

URL |  #-
2011/06/27 22:55 | edit

コテコテな部分まで含めて90年代のテレビドラマのデッドコピーみたいな脚本だと思いながら見てました。それでもアニメーションならではのプラスアルファを含んだウルトラCなエンドが見れるのかと思いきや、最後までコテコテだった…。
脚本のベタ度をキャラクターデザインと動画の演出で塗りつぶして押し切るあたりは最近のアニメ的だった。

URL | 通りすがり #KnHW2vQ.
2011/06/28 06:12 | edit

>すいません、素通りで。様
みんな感動で流した涙を否定されたくないんだと思います。
確かに作品として良い部分もたくさんあったんで
あの締め方で全肯定になっちゃうんでしょうね。

>とぅっとるー様
>最近は受け手の読解力まで考慮してあげないとイカン
自分も最近、いつもこれ感じてます。

>#3様
ムキー

>通りすがり様
拾うべきところと捨ててもいいところが
なぜかチグハグになってる感じがありますね


-----------------
過疎ブログに珍しくコメント貰って俺困惑

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2011/06/28 07:31 | edit

1・2話くらいまでは「名作の予感」、その後はまあ面白くみてたのですが、さすがに最終話は「何だかなあ」と感じた。1話に2回も泣かれると、見てるこっちが素に戻るわ。最後のかくれんぼで泣いてるのは、めんまだけで良かった様な気がする。BDは揃えるけど、最終評価は佳作という事で。最終話に何か追加があると良いなあ。

URL | まあ、概ね同意 #-
2011/06/29 00:38 | edit

あの花序盤は良かったけど、最後でコケたねv-16

URL |  #-
2011/07/02 06:55 | edit

お邪魔いたします。
毎度興味深く拝見致しております。
コメント欄を覗いたら、思うところのある方が他にもいらっしゃったようなので、この流れに便乗させていただきます。

自分の場合は第一話の段階で、主人公が受験失敗から引きこもる流れに対して、受験に何を賭けていたのかが見えず、困りました。
幼い頃の後悔と喪失というトラウマを持っている分、受験失敗のドロップアウトという描き方だと、「受験失敗>トラウマ」といった価値観なのかなと了解してしまう。
好意的に補完しますと、過去の失敗の巻き返しに必要な条件という認識=受験の成功だったのが失敗に終わり、「もういいや」と引きこもりになった…のであれば、めんまが見える事への主人公の理解含め、軸は出来上がると思うのですけど。そこはちゃんと描くべきだろうかなと。割と早い段階で躓いてました。
他のキャラについても「かつて」と「今」という「点」はあれども、結ぶ「線」が作中に無いので、ご都合でしゃべったり時が来るまで抱え込む装置以上の印象が無かったです。
ゆきあつの女装も、異性としてめんまを想っていたのにいきなり女装ではないだろう。だからその段階、過程を見せても良かったんじゃないかと。


この話が目指したベタが悪いとまでは思いません。
けど、終始仕掛けの甘い粗が気になって、評判との乖離に首を傾げるばかりでした。


>愁嘆場における感情の移ろいを言葉や演出を用いるのではなく
>乗りや様式美で表現しようとしている。

この言葉は、言いたい気持ちを明確に代弁してもらえた気分です。
おかげさまで胸の支えが取れました。

URL | 名無しで通りすがります #-
2011/07/25 15:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/220-17003234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)