大匙屋

健康第一

2010秋アニメ FORTUNE ARTERIAL  

FORTUNE ARTERIAL -フォーチュン アテリアル- 赤い約束 [12] http://newtype.kadocomic.jp/fortune/

作画が良いか悪いかなんて、多くの人は髪の毛とか瞳の描き込みで判断すると思うので
そういう点ではツボを押さえて頑張っていたと言えるかもしれない。
第03話のエリカのブラウスとか、よくこのデザインで動かす気になったなと感心する。

でまぁ、作画はいいとしてそれ以外だが・・・
演出的にはアップとじわPAN多用で目新しさもなく萌えアニメ平常運転。
シナリオは第10話くらいまでは出来としては概ね良かったけど、
結局最後までバランスが悪かったなと。

第07話で孝平がエリカに花をプレゼントしてそこからエリカの吸血衝動が始まり、
第09話で「俺が眷属になるよ」という事実上の告白があって
エリカデレ>孝平去る>エリカ見送り>孝平はける>発作

sst_20101230_063448.jpg

このシーンはとても重要で、
この流れでエリカの発作は喪失感からくる不安や寂寥感が原因と視聴者には印象づけられ
またエリカの孝平に対する恋心の下地はこのシーンでできてたはずなんだけど・・・

第10話海水浴シーンの肩ポン>発作でまた意味がわからなくなる。
「悪化している」といった意味の説明が会長から成されるが、
この海での発作は混乱を招くだけで、くどいし進行にも直接影響ないしで
要らなかったんじゃないかと思う。
まぁそれでも、このあとの花火シーンは非常に美しく、盛り上がったが。


で、最後のオチについて

体育祭、水泳大会、文化祭と孝平はソツなく役割をこなしていて
かなで達普通世界のメンバーとの連携もうまくいっている。
ぶっちゃけるとエリカや生徒会メンバーも必要なくて、
普通世界メンバーと一般生徒と孝平がいれば各種行事は成立したりする。
このバランスの悪さがこの作品の最大の欠点のように思う。

体育祭にしろ水泳大会にしろ、企画や進行において各所に障壁が用意され
それを「エリカの存在または助力によって」乗り越えた実績がないと
孝平の学院生活の継続にエリカは不可欠な存在とはなり得ず
是が非でも孝平がエリカを学院に連れ戻したい理由もない。

つまり、
エリカにとって孝平がどうしても必要なのは「孝平の血が特別だから」だが
孝平にとってエリカがどうしても必要な理由が存在しない。

二人の間に確固とした恋愛関係が成立してるなら話は別だが
孝平は千堂家において「仲間のきずな」という名目でエリカを説得する。
たぶんスタッフもこの二人の「きずな」を
単純な二者間の恋愛関係で片付けたくなかったのだろう。

「眷属にはならない」という孝平の選択が
「眷属になりたくないから」ではなく
「エリカ自身がそれを望んでいないから」という理由なのはいいとして
この関係だと、孝平がエリカに抱く感情は憐憫であり、
エリカはエリカで今後は自分の吸血衝動を沈静化するために
一方的に孝平の厚意に依存する形になる。

孝平はこれからも一人で生徒会を引っ張り、各種行事を仕切り、
卒業まで全校生徒の充実した学院生活をプロデュースしつつ
エリカには無償で自分の生き血を与え続けることになる。

果たしてそんな関係が本当に「仲間」と言えるのかな。
そういうストーリーを視聴者は見続けたいと思うかな?


原作シナリオが1クールには入りきらないものとして
12話のシリーズが中途半端に終わるのは仕方が無いことだが
曲がりなりにも、こうしてひとつの山場を越えたはずの
孝平とエリカの関係が、結果としてイーブンではない以上
どれだけの人が今後の展開に期待して続編を待ち続けることができるだろう。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/218-d56a29f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)