大匙屋

健康第一

2010夏アニメ 祝福のカンパネラ  

祝福のカンパネラ [12] http://www.mmv.co.jp/special/campanella/

話の内容に関しては特筆すべきことはなし。
コップ一杯の水も欲しがらないような男の元に落っこちてきた謎の美少女が
自己犠牲は尊いが仲間とともに生きることが一番だと諭され
幸せとは何かを理解するという物語。

時間の経過や光源の変化で微妙に移り変わる色合いが美しく
頭髪のハイライトに徹底してトーカ光が入れてあるのも凝ってるなあと思う。
またとくに背景の空の雲の作画がよくできてる。
美術はAIC背景部。

石丸博也さんの声が聞けたのも懐かしく、個人的に嬉しかった。


201012260822.jpg
#02

人物の作画はおおむね良く、女性の肩のラインなどがとても綺麗。


201012260846.jpg
#02

これなどはキャラ表通りと思うが
ミニスカ率が低いのもあって全体的にシルエットが美しい。
で、これを踏まえたうえで気になったのだが以下


201012260356.jpg
#02
20101226301.jpg
#03
201012262359.jpg
#09
201012260440.jpg
#10


各種クエストを請け負う「クラン」が舞台で
打ち合わせでテーブルを囲み着席した状態の絵が頻繁に出てくるのだが
どうも椅子の配置が定規をあてたようにキッチリしすぎてるのが気になった。

椅子と椅子との間隔などもそうだが
座っている人物の身長や体格・体型などの差異によって
天板から腹部までのわずかな距離や空間、
背もたれの位置・角度などが前後左右に変化するのが自然だろうと思う。
性格的にもカリーナなどは露骨にレスター寄りに座っていてもおかしくない。

つまり人物の配置が調度品の作画に支配されており
天板がハーモニー処理だと余計に浮き上がって見えたりする。
作画の人はこういうの、気にならないものなんだろうか?



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/217-0a1a04f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)