大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2010春アニメ RAINBOW 二舎六房の七人  

RAINBOW 二舎六房の七人 (26) http://www.ntv.co.jp/rainbow/

人と出会い絆が生まれ、それが生きる喜びとなり未来の希望へと繋がっていく
いまどき珍しい人間賛歌だが、勧善懲悪というわけでもないわりに、
扱っているのはわりと普遍的なエートスやパラダイムなので
誰が見てもそれなりに楽しめる。展開も熱い。

ただ作りは存外に大雑把で、細かく見ていくとキリがないほど突っ込みどころ多数。
「ここが見せ場」風なハーモニー処理に帰結させるためにかなり強引な作劇もする。
ざっと思いつくだけでも

・佐々木と石原にアンチャン殺しの落とし前をつけさせるのはいいが
二手に別れて同時に行う意味がまったくない。

・米軍基地前での石原とアンチャンの対峙を描きつつ
同時進行でヘイタイの出所を描く意味がない。

・吉田淳子に会いに行ったキャベツが唐突に単独行動を取るのは不自然。

・福本組の名前にビビっていたチンピラが
福本組にビビらず日を改めて仕返しに来る理由がわからない。

・ジョーが歌っているのを外から聞いて
「兄と確信したら入って来い」というのが意味不明。

等々。挙げていったら本当にキリがない。
要するに、どうでもいいようなことまで
無理にドラマチックに仕立てようとして滑っている感はある。

でもまぁそういう点は作品鑑賞において実際には大した問題ではなくて
この作品で注目すべきはやはり
「遺書を渡す」「石原を殺さない」の2点だろう。

アンチャンにしろマリオにしろ、この選択に確信を持ってる風なので
物語はそのままつつがなく進行するが、
「本当にそれでいいのか」といった疑問は残り続ける。
最終的にその判断が正しかったかどうかという判定も
下されないので、戸惑う視聴者も多いのではないかと思う。
もちろん正解などどこにもないのだけど。

すでに命以外はすべて失い何ひとつ持たない不快害虫のような存在を
この上さらに憎んで命さえ奪うべきか、
あるいは憐れみ最後の慈悲を与えるべきか。
この選択が突きつけられた時、それまで我々がどういう世界に生きてきたのか、
我々はどういう存在であるべきなのかといった
奇妙で、そしてある種原理的な問い掛けが発生する。
ここはとても重要なので、見ていて何かモヤモヤしたものを感じたなら
それはとても正しいことだと言えると思う。


通常アニメは序盤数話を見ればある程度は評価が固まるものだが
この作品の場合はそれがまったく纏まらないまま、
とうとう最終話まで見続けてしまった。
いろんな意味で興味のつきない魅力ある作品であることは確か。


個人的に一番好きだったのはこの人

3321545258_1659.jpg

リリィを追い出しに来たおっさん。誰よりも輝いていた。


その他、石井康嗣の怪演もすばらしいが
キャベツの教育係だったヤクザ田中は意外にも古谷徹、
EDの高音すげえと思ったらボーカルは小野正利だそうだ。



********

とりあえず春アニメに関してはこんなところで
やっと夏アニメに取りかかれると思ったらもう秋ですか。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/209-be5ffe96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。