大匙屋

健康第一

爆発1/2 金田爆発、庵野爆発  

別件でJavaScriptスライダーを使う用事があって
面白かったんで戯れに爆発スライダーを各種作ってみました。
用語をググる人や若い方にとって何かの参考になれば幸いです。
でも多分著作権違反なので、そのうち消すかもしれません。

ついでに爆発エフェクトの歴史について
ちょこっと書いてみます。


金田爆発


「劇場版 銀河鉄道999」1979年
先だって急逝された金田伊功さんの爆発です。

この映画でクライマックスの惑星メーテル崩壊シーンとともに
「金田伊功」という名前が評判となりました。
これによって金田さんはエフェクト職人として地位を固め
その後現在まで膨大なフォロワーを生み出し続けていくことになります。

ちなみに「金田伊功」以前の爆発表現というのは
以下のような感じでした。

3359845721.jpg
海のトリトン 第03話 「輝くオリハルコン」1972年
5664238411.jpg
マジンガーZ[OP]1972年
161325468912.jpg
宇宙戦艦ヤマト 第02話 「号砲一発!! 宇宙戦艦ヤマト始動!!」1974年

もちろんその後に続くアニメと比較すれば洗練度において大きく違いますが
たとえば「ヤマト」では「無重力の宇宙空間ではどのように爆発するのか」など
作品によってさまざまな試行錯誤の繰り返しがあるわけです。
それを踏まえたうえで、爆発シーンを燃焼や崩壊といった単なる現象表現でなく、
人やモノや壁や床といった画面を構成する要素を瞬時に外に吹き飛ばしていく
爽快感のようなものまで含めて表現し、結果キモチ良さ=感動にまで高めたのは
金田さんの功績だろうと思います。


庵野爆発


超時空要塞マクロス 第27話 「愛は流れる」1983年
庵野秀明さんの爆発は実写の徹底検証と写実表現(参考
爆発のエフェクトに「爆風」という概念を持ち込んだのも
庵野さんが最初かもしれません。
第27話 「愛は流れる」では衛星軌道からの爆撃で雲が蒸散する表現が
あるのですが、多分そこも庵野さんだと思うんだけど、確認取れないな。
この作画を担当した当時はまだアマチュアの大学生だったはず。

このマクロスの現場での高山文彦さんとの出会いが縁となり
庵野さんはナウシカでの巨神兵復活シーン担当に大抜擢されることになります。


長くなるので分けよう。
次回磯爆発、吉成爆発。






※1
追記 氷川竜介さんに間違いを指摘されてしまった!
ここは友永さんのパートだそうです。申し訳ない。というかお恥かしい・・・
次回までに急いで修正します・・・

追記2 ↑誤解を招く表現でした。氷川さんの御指摘はtwitter上のもの
著作権のある図版などを勝手に引用するような個人ブログのありようを
決して氷川さんが容認されているわけではないことを付け加えておきます。



追記3
なにこのアクセス数(´;ω;`)


追記4
取り急ぎ差し替え
修正前に冒頭に表示していた画像は以下(友永さんのパート)



完全に金田さんのものと思い込んでいました。ごめんなさいごめんなさい。
よく見ると、火柱のフォルムや太さとか赤色の処理が確かに違う。
是非ビデオやDVDで「劇場版999」をご覧になってください。

余談ですが、再見して気づいたこと。
惑星メーテル戦闘シーンにクイーンエメラルダスのアップが一瞬あるんですが
この時のエメラルダスの表情は、何というか凄いですよ。
色気というか、凄みというか。ぞっとするほどです。
子供の頃はこの表情の凄さにまったく気がつかなかった。

知ったかぶりして赤っ恥でしたが、結果として収穫も多々ありました(ノ∀`)



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/180-4d3a89a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)